40代がお世話になった「眉テンプレ」、ハイテクに進化してます!

毎朝の眉メイクが「イマイチうまくいきません!」とおっしゃる40代女性も少なくなく、私のもとにも時折、ご相談をいただきます。

慌ただしいウィークディの朝には特に、100%満足できる眉には仕上げにくく「とりあえず」で整えてみるものの、「もっと眉メイクが上手だったら……!」と、人知れずため息。そんなお心当たりがある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

みなさまは、毎朝どんなふうに眉メイクをしていらっしゃいますでしょうか。今回は、40代女性がしても不自然にならない時短眉メイクのカミワザをお話します。

■知らなかったテクがある!「時短メイクのコツ」まとめは こちら

 

時短美容家だけど、眉メイクはとても苦手です!

 

時短美容家としてお仕事をさせていただいている私も、何を隠そう、「メイクの中では、眉が最も苦手」です。

年齢とともに、骨格が少しズレているのでしょうか、左右で眉の生え方が異なるので、整えるのに苦労します。

まるで、名作映画『風と共に去りぬ』の主人公スカーレット・オハラの有名なキメ顔のように、左右で高さが違う眉になっていることもあり、写真を見てあとから「あーあ……」と、がっかりすることも。スカーレットのキメ顔は美しくとも、写真を見て左右の高さが違うと、メイクの腕をもっと上げなくてはと反省します。

ところで、そんな私は最近、時短で眉を調整できる名脇役を活躍させています。

 

若い世代の御用達アイテムで40代のベスト眉が叶う!?

 

眉のデザインって、なかなか自分ではベストポジションが定まらず、苦戦することもありますよね。

そこで私の場合、40代女性に適した時短眉メイクを研究すべく、最初は若い世代を中心にちょっとしたブームになった眉スタンプのキスニューヨーク『アイブロウスタンプ』を活用してみたのですが、ポンポンとスタンプするだけなのに、バランスをとるのが結構難しく、このアイテムだけを使っての時短眉メイクの考案は、断念した経緯があります。

そんなときに見つけたのが、アストレア ヴィルゴの『アイブロウモデル2』。

このプレートは、1セットに6種類のプレートが入っていて、気分や骨格によってベストな眉を選びやすいのも便利な点です。

そして、この2つのアイテムを組み合わせることで、40代の眉を30秒で整えることが可能に!

以下、商品画像はすべて筆者の私物です。

 

まずは、プレートの中からデザインを選びます。

こちらのプレートは、説明書に沿って使うと自然とゴールデンプロポーションの眉が描けるように設定されているので、失敗が少ない優れものです。

余談ですが、眉の黄金バランスを整えるにあたっては、目を見開いたときに眉の上に盛り上がる筋肉の“眉弓筋”に眉頭・眉山・眉尻の3点が沿っていることが基本に。ですので、このバランスも考慮しつつ、プレートを顔にあてていきます。

プレートの位置が定まったら、あとはポンポンとプレートの上からスタンプを重ねるだけで、眉メイクの基本は完了。ここまで、わずか20秒ほどです。両側の眉に同じ作業をしても、1分以内で済みます。

キスニューヨーク『アイブロウスタンプ』は発色が秀逸なので、不自然すぎるベッタリ眉にはなりにくいのが重宝です。

40代にふさわしい仕上げにするコツは、チカラ加減。スタンプを押すときには、濃く付けすぎず、眉の下書きをするような感覚で薄づきを意識して使うと、自然な仕上がりになりますので、ここが絶対にはずせないポイントです。

あとは、プレートを外してから、ペンシルを使って整えれば、いかにも「スタンプを押しました!」とはならず、自然な眉メイクが完成します。

 

「眉のベスポジがわからない」など眉メイクに苦手意識をもっていらっしゃる方は、こんなアイテムを脇役にすると、時短メイクにも重宝します。

若い子たちのメイク熱によって生まれた巷の便利グッズは、単体で使うとギャルっぽくなってしまうこともありますが、アイテムの合わせワザやちょっとしたチカラ加減で、40代でも重宝するアイテムに!

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

ごめん圏外…男が「結婚はナシ」と即決する40代女性の初対面ファッション

ファッションは、その人の第一印象を左右する重要な要素。見た目だけでその人の内面までは計り知れないことは理解しつつも、身を包んでいる服によって「この人って、こんなタイプ?」の推測が働くのも心理です。では…

今すぐ真似したい!「感じのいい40代女性」好感メイク3つのポイント

「あの人って、なんか感じいいよね」「いい具合に年齢を重ねている女性って感じ」周囲からそんなふうに評されている40代女性には、意図せずともしなくとも、好感を与えるメイクが味方になっているケースも少なくあり…

オバ見え確定…! 40代女性をすこぶる老けさせるNGスキンケア

スキンケアは、美肌を育む基本。毎日の積み重ねもモノを言うテーマだけに、ちょっとしたNGが積み重なることによって、不用意な「オバサン化」を招く要素にもなりえるのが実情です。「そういえば、しばらくスキンケア…

お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

お泊りデートは、意中の男性との心の距離を、さらに近づけるチャンス。ところが、少し気を抜いたがばかりに、男性から「オバサンくさい女性だな……」と残念なレッテルを貼られてしまった40代女性もチラホラです。「40…

「そりゃお別れされますよ…」男がドン引きする40代女性のダメ習慣

今どきは、婚歴のある独身者も、決して珍しくない時代。40代で独身の女性にも、過去に結婚をしていた過去がある人も少なくありません。そして、離婚歴があっても、恋愛や次の結婚に意欲的な女性だって珍しくなく「い…

ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。自分では、あえて…

19年夏「日焼け止め」選び方の正解は?40代はSPF、PA以外にコレをチェック!

本格的な日差しの強さを感じる日も多くなってきた今日この頃。デイリーのUV対策にも、本腰を入れたいシーズンの到来です。ところで、ドラッグストアをはじめとして、市場にはたくさんのUVアイテムがあるだけに「私に…

男の目は本当キビシイ…! 「この子、メイクが下手」と感じた40代女性の肌3つ

40代ともなると、ちょっとした不摂生や疲れによって、お肌の状態が不安定になるのも“あるある”です。そして、そんな女性たちの肌に向けている男性たちの視線は、こちらが思っている以上にシビアなものも……。男性の目…

令和なのに昭和感…40代が陥りがちな「古臭いアイメイク」って?

新元号「令和」の時代を迎え、ようやくその響きにも慣れてきた今日この頃。気持ちも新たに、新時代を清々しく迎えている人も、少なくないと思います。ところが、どんなに気持ちがフレッシュでも、メイクの出来によっ…

こんな白髪はイヤだ…男が嫌悪感を示す40代女性の白髪状態って?

年齢を重ねれば「お互い様」になってくる老化のひとつが、白髪。それだけに、同世代や目上世代の男性たちは、40代女性の白髪にも、女性が思っている以上に寛容な実態もあります。しかし「お互い様ではあるけれど、こ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事