「あの人おばさんよね」って言われる!アラフォーの顔まわり3大NG

“おばさん見え”を回避すべく、メイクやファッション、ヘアスタイリングに気を配っているつもりでも、ちょっとした“顔まわり”の印象によって、周囲から「おばさんっぽい人」と思われてしまうことがあります。

悲しいかな、どんなに気を配っていても、40代ともなるとやっぱり年齢は随所に現れるので、ちょっと気を抜いているだけでも残念な印象を醸し出しやすいですよね。

「もしかして、私の顔まわりも……?」と思ってしまった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、乱れていると一気におばさんくさい印象を醸し出しやすい“顔まわり”の3大NGをお話していきます。

 

NG1:カサカサに乾燥した首

 

顔まわりは、顔同様に他人から目に入りやすく、首もしかりです。

タートルネックを着ているときにはしっかりと隠れていますが、胸元が開いているトップスだと、目の前にいる人の首周辺って意外と視界に入ります。

そして、首がシワシワになっていたりカサカサに乾燥していたりすると、一気に老けた印象が加速……!ということに。

顔の保湿はパーフェクトなのに首だけがカサついている様子は、うるおいが足りていないのがバレバレで、いかにも「おばさん!」なイメージも出してしまいます。

「デコルテまでは顔の一部」ですので、顔同様の保湿を心がけておいて損はありません。

もしも、外気の乾燥で時間が経つと首回りがカサついてしまうなら、オールインワンジェルを小さめの容器に移し替えて持ち歩いておくと、外出先でも瞬時にうるおい補給が叶います。

 

NG2:“アホ毛”のような後れ毛

 

もともとくせ毛だったり、加齢に伴って髪が細く弱くなっていたりすると、“アホ毛”とも呼ばれるふにゃふにゃとした髪が、顔まわりや額のうえあたりに浮遊していることも。

40代ともなると、髪にコシが失われてくる人も決して少なくないので、ヘアスタイリングした直後は美しく整っていても、時間の経過とともに髪が崩れてくる方もいらっしゃることでしょう。

“アホ毛”は、若い頃にもふわふわしているものですが、40代になってふわふわさせていると、途端に生活感を醸し出しやすいのも事実です。

ゆるめのヘアアレンジをしたいときに後れ毛を出す場合も、しかり。

後れ毛が“アホ毛”さながらにだらしなく浮いていると、抜け感を出すより先に生活感が出てしまうのです。

ゆるふわアレンジをするための後れ毛演出は、40代になったら少し“毛束感”を強めにしたほうが、生活感が出にくくなります。

 

NG3:ワックスのベタつき

 

“アホ毛”やちょっとした白髪をフォローしようと思うと、つい顔まわりにヘアワックスをしっかり塗ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、顔まわりのべったりとしたヘアワックスは、思っている以上に他人の目に止まっています。

全体的にべったりとした仕上がりになっている髪は、それだけで脂っぽい印象を与えてしまうことも多く「なんとも言えないおばさんくささ」を醸し出していることも。

本当は、脂ではなくワックスのツヤだったとしても、40代の顔まわりに不自然なテカリがあるだけで、脂のせいで汚らしくなっているようにも見えやすいのです。

アホ毛フォローや白髪を目立たなくする目的でヘアワックスを使うときには、べったりとした仕上がりにはならずにホールド力の高いアイテムを選ぶのが正解。

また、ヘアワックスではなく、スプレーを活用するのもひとつの改善策となりやすく、シューっとひと吹きしたあとに櫛で毛流れを整えると、ヘアワックスの仕上がりよりも自然なツヤ感が出やすくなります。

 

メイクには「おば見えしないように」と細心の注意を払っていても、顔まわりが残念なことになれば「あの人、おばさん!」なイメージも加速します。

おばさんくさく見せないためには、メイクの仕上がりと同じくらいパッと見の印象も大切です。

ドキっとした方は、ぜひ顔のスキンケアやメイクと同じくらい、顔まわりでも“おば見え回避”を狙う工夫を取り入れてみてください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG

「お金が貯まらない……」が口グセのようになっている人には、生活習慣にも共通点があると言われています。40代ともなれば、それなりに収入も安定し、趣味や遊びにかけるに十分な稼ぎがある女性も少なくありませんが「…

男に「抜け感」は伝わらない! 「不健康そう」と思われる40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

それはナシ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

これはダメ…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女のニオイ

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事