「この人と一緒に働きたい」と思わせる女性の4ポイント

一緒に仕事をした時に「楽しかった~。またこの人と一緒に何かしたいな」と思われる人と、「仕事はうまく行ったからいいけれど、ちっともおもしろくなかったな」「結果オーライだけど、つかれた。もうこの人とは組みたくないな」と思われる人がいますよね。そして、できることなら「もう一度一緒に仕事をしたい」そう思われる人になりたいもの。仕事のスキルとは別に、言葉を工夫することで、少しでもその理想に近づいてみましょう。

 

まずは言葉を明るく

ほとんどの人は、暗いことより明るいこと、よどんでいることより爽快なことの方を好みます。趣味ならともかく、特に仕事の場ではそうですよね。明るい雰囲気で、はつらつと仕事が進むのと、暗い陰湿な雰囲気で、どんよりと仕事が進行するのとでは、仕事に対するモチベーションも変わるというもの。でも、能力も、用意した資料や技術も、その場で向上させるなんてなかなかできないことです。このような場合、どのような工夫ならできるでしょうか。
まずは言葉を明るくします。「明るく言う」のとは違いますよ。同じことを伝えるのにも、イメージが明るい言葉をチョイスするのです。

 

・漢語から和語へ

  • 「このまま進行しますね」→「このまま進めますね」
  • 「その点を明確にしましょう」→「その点を確かにしましょう」
  • 「2時に集合するように」→「2時に集まるように」

熟語をかなまじりの言葉に展開するだけで、ぐっと明るく柔らかい雰囲気になります。和語の持つ力ですね。幼稚な印象を持たれやすいと心配する人もいますが、書き言葉ではありませんので、耳にソフトな方が心がなごみます。また、どうしても引きしめたい時は、ここぞという時に漢語をビシッと使うと良いでしょう。

 

・同じ意味でもポジティブな言葉を

  • 「〇〇の案は悪い」→「〇〇の案は最良ではない」
  • 「あの件はボツになったんです」→「あの件は使われないことになったんです」

「悪い」「ボツ」「ダメ」「失敗」このような言葉は、内容として確かにその通りであったとしても、ネガティブなムードを連れてきます。
例えば「あなたは言葉遣いが悪いわね」と言われるのと「あなたは言葉遣いが良くないわね」と言われるのを比べると、確かに両方とも同じことを指すのですが、心が受けるダメージが変わります。そう言われたらもちろん、反省して改善すべきなのでしょうが、その心持ちが変わりますよね。

 

滑舌も明るく

同じ言葉でも、もそもそと言うのと、はきはきと言うのでは、与える印象が全く異なります。
特に、よく聞こえない声で話すような人は「この人に任せて大丈夫かしら……」ととても不安になります。
トーンをやや高めにし、口角を上げて、話しましょう。
もちろん、通る声と大きい声は違いますから、相手とのし距離感を考えて、適切な音量で。

 

しっかりはっきり言語化すること

 

・共通の目的を明確にする

初めて一緒に仕事をする場合、お互いに様子見なところもあり、強いことは言わず、当たり障りなく、トラブルなくやり過ごそうとする人がいます。しかし、それは、のちのちのことを考えると必ずしも得策ではありません。
「それは、こういう話ではなかったのでしょうか?」などと進めたコマを戻すことにもなり、非常に時間の無駄なだけでなく、不信感を生んでしまいます。
そうならない為にも、まずは共通の目的を明確に「言語化」しましょう。

例え短い会議や打ち合わせであっても、

  • 「今日は、この問題に対する答えが、出てほしいですよね」
  • 「今日は、具体的な行動指針を出すまで話しましょうか」

などと言語化すると良いと思います。
そうすれば、のちのち話が違っただの、なんだかイメージが変わってきただのというトラブルが少なくなります。

 

・だめなところ+いいところセット

明るく滑舌よく、明確に言語化とは言っても、やはり相手の勘違いやズレを訂正するシーンもあります。その時には、いいところとセットにして提案しましょう。
順番は「だめ」な方を先にが鉄則。あとで「良い」話が来ると、そちらの印象の方が残るからです。ただし、その順番であっても、キツすぎるのは問題外。丁寧に。
例えば、明らかにイマイチなプランが提案された時も「その方法は、他社でも行っていて、あまり良い効果は得られていないようです」と否定しながらも、「データから判断すると効果的な方法だとされていたんですよね。常に分析なさっているんですね。」と、相手がしたであろう努力はきちんとキャッチする。特に自分が先輩や上司である場合は、後輩や部下のしていることを「ちゃんと見ている」ことが分かる言動が大切です。

 

やはり笑顔と清潔感?

言語の話ばかりしましたが、やはり大切なものは、笑顔、清潔感などが強いです。
しかし、笑顔が素敵で清潔感のあるファッションをしていても、暗い言葉やもそもそした話し方、誤魔化したような意思表示では、かえって中身のない女性だという印象を与えてしまいます。
言葉の力は偉大ですよ。そして、今すぐにでもできる方法です。

さあ、午後からの会議、この方法で挑んでみてくださいね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる社会人のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違い

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺います」「明日、オフィスに参ります」。どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなので…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

「お待たせしました。レポートを提出します」調査や研究を始め、リサーチでもアンケートでも、イベントでも、確かにレポートは早くほしいもの。その提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると…

いい年して「チョー暑い」とか言わないの!普段から気をつけたいNG日本語

暑中お見舞い申し上げます。連日更新される高温記録に驚いていますが、ニュースなどの街角インタビューで「超暑い」という言葉が多用されているのを耳にします。この「超」という接頭語、実は40代の教養ある女性とし…

まさか「感謝です」なんて言ってない?NG敬語の3パターン

ビジネスシーンで「まじリスペクトっす!」なんて言うのは冗談だとして、「感謝です」「ファイトです」「しばらくです」というような、敬語でも何でもない言葉を言っていませんか?中高生ならまだしも、社会に出た人…

「助かります」は実は失礼?軽率な日本語の2つのNG

最近、立場が下の方から、このような文が入ったメールが届きました。「先生のその姿勢、見習いたいな、と思いました。」私は、ちょっと違和感を覚えたのですが、私情も入るのかと思い、こっそり他の方に聞いてみたと…

まさか「行けれる」なんて言わないよね? 教養のなさが見えちゃう「れ足す言葉」って?

「れ足す言葉」という、言葉があります。「ら抜き言葉」は有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、「れ足す言葉」とはいったいどのような言葉なのでしょうか。可能を表すのに、ついつい「れ」を入れてしまう「れ…

「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

「もう本当にやめてほしい」そう思っていることを敬語に直すのって大変ですよね。心情的には「止めろって言ってるでしょう!?」くらいのこともあるでしょう。今回は、そんな時の言い回しについて。みんなは「やめて…

「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

「ここは、休憩所としてご利用できます」「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にしま…

「ご出席された」でいいの?丁寧すぎる日本語のNG

丁寧過ぎることを「馬鹿丁寧」と言いますが、時々出席する会議に、馬鹿丁寧に話をする方がいらっしゃいます。「次の議題でございます。内容に関しましてはお手元の資料にございます通りでございます。検討事項に関し…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「られる」をつければいい、そんな感覚でいま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事