痛々しい…!「すこぶる評判が悪い」アラフォー3大NGアイライン

この秋冬は、今までよりもスパイシーな色みのアイメイクもリアルトレンド入りしています。ネイビーやグリーンのアイライナーも、これまでよりバリエーションが豊富に!

しかし、旬を意識していても、40代がしていると「痛々しい……!」と思われやすいアイラインもあるから、気をつけなくてはなりません。

「トレンドは取り入れつつも、痛々しさは排除したい!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、この秋はどんなメイクを楽しんでいらっしゃいますか? 時短美容家の並木まきです。

今回は、周りから「痛々しい……!」と思われがちな40代がすると「すこぶる評判が悪い」3大NGアイラインについて、お話していきます。

 

1:とにかく幅広のインパクトアイライン

年齢を重ねるにつれて、「目元の印象が弱まった」と感じていらっしゃる40代は、決して少なくないはず。

そして、目元のインパクトを強めるには、幅広のアイラインを入れるのが最も簡単なテクニックですよね。

しかし、幅広のアイラインには、けばけばしいイメージからの“おばさんぽさ”や「痛々しい!」「やりすぎ!」を感じる人も少なくなので、ちょっと気をつけなくてはならないのです。

写真映えしますし、メイク術としては決して悪くないはずなのですが、対面だとインパクトが強くなりやすいのも確か。

また、極太ラインは、今ではややトレンドからは外れているせいもあって、古くささを感じさせてしまうのも、その理由と言えます。

ブラックではなく、この秋のリアルトレンドになりつつあるネイビー系の“遊びカラー”だとしても、同様の印象になるのでご注意を。

 

2:ブラックのインサイドライン

 

目を大きく見せるには、ブラックのアイライナーでまぶたの内側にラインを引く“インサイド”のテクニックも定番かつ王道です。

そして、インサイドに描かれたラインって、他人からはあまり見えないようで、実はけっこう目に入っています。

まぶたの内側へのアイラインは目を傷める可能性も指摘されているものの、視覚効果でパッチリアイに見えやすいので、根強い人気があるのも現実。

しかし、40代がこれすると「そこまでムリしなくても……」な痛々しさを醸し出すこともあるので、健康上からもおば見え回避の視点からも避けたほうが賢明です。

内側にはラインを描かず、まつ毛のすき間を点で埋めるだけでも、目を大きく見せる効果があります。40代には、このくらい控えめなラインのほうが、ムリを感じさせない自然なメイクに。

 

3:下まぶたの遊びカラーライン

 

オフの日やパーティなどのイベントに「少しだけメイクに遊び心を」と、下まぶたにレッドやグリーンなどのカラーアイラインを入れて楽しんでいらっしゃる40代もいらっしゃいます。

ところが、ファッションやヘアカラーとのトータルコーディネートができていれば“おしゃれ”に映るものの、ふだん通りの装いで下まぶたにカラーラインだけが入っているメイクは、40代がするとやや滑稽に映ってしまうことが!

ご本人は“遊び心”を入れているつもりでも、周りからすると「若づくりしてる?痛々しい……!」という辛辣な感想を抱かれやすいのです。

アイラインで遊ぶ日には、ファッションやヘアスタイルもトータルでコーディネートして「目元だけ、がんばっちゃいました」なイメージを回避して。

 

アイライナーをまったく使わない40代の目元は、少しインパクトが弱くなるので、しっかりメイクの日にはマスト。

けれども、使いかたのせいで「痛々しい……」「やりすぎよね?」と思われるのだけは、避けたいところですよね。

お心当たりがあった方は、ちょっと描きかたを変えてみるだけでも、痛々しさは回避できるはずです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

この春思い切って変えるべき!「優しい女」に見える40代メイクは

初対面で「あの人、意地悪そう!」なんて思われるのは、誰しもが避けたいもの。ところで春は、新しい出会いの季節でもあるだけに、初めてお会いした方にネガティブな印象を与えるメイクだけは避けたいところ。新人の…

即イメチェン! 40代が「3D・4D・5Dマツエク」をオーダーするコツって?

新年度を迎え「外見をちょっとイメチェンしたい」と思っていらっしゃる女性も少なくない時期。これまでとは違う自分に出会いたくなると「そうだ、そろそろマツエク(まつ毛エクステンション)に挑戦してみようかしら…

「この人、根が意地悪かも…」男性が一発アウトにする40代独女のふとした言動

「この女性は、根が冷たい人なんだなぁ……」と思われたら、よほどのM男でない限りは、本命としての恋愛対象からは外すケースも多いです。いい意味でクールな性格の女性はモテを狙えても「根が冷たい」だと冷淡・冷酷…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事