痛々しい…!「すこぶる評判が悪い」アラフォー3大NGアイライン

この秋冬は、今までよりもスパイシーな色みのアイメイクもリアルトレンド入りしています。ネイビーやグリーンのアイライナーも、これまでよりバリエーションが豊富に!

しかし、旬を意識していても、40代がしていると「痛々しい……!」と思われやすいアイラインもあるから、気をつけなくてはなりません。

「トレンドは取り入れつつも、痛々しさは排除したい!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、この秋はどんなメイクを楽しんでいらっしゃいますか? 時短美容家の並木まきです。

今回は、周りから「痛々しい……!」と思われがちな40代がすると「すこぶる評判が悪い」3大NGアイラインについて、お話していきます。

 

1:とにかく幅広のインパクトアイライン

年齢を重ねるにつれて、「目元の印象が弱まった」と感じていらっしゃる40代は、決して少なくないはず。

そして、目元のインパクトを強めるには、幅広のアイラインを入れるのが最も簡単なテクニックですよね。

しかし、幅広のアイラインには、けばけばしいイメージからの“おばさんぽさ”や「痛々しい!」「やりすぎ!」を感じる人も少なくなので、ちょっと気をつけなくてはならないのです。

写真映えしますし、メイク術としては決して悪くないはずなのですが、対面だとインパクトが強くなりやすいのも確か。

また、極太ラインは、今ではややトレンドからは外れているせいもあって、古くささを感じさせてしまうのも、その理由と言えます。

ブラックではなく、この秋のリアルトレンドになりつつあるネイビー系の“遊びカラー”だとしても、同様の印象になるのでご注意を。

 

2:ブラックのインサイドライン

 

目を大きく見せるには、ブラックのアイライナーでまぶたの内側にラインを引く“インサイド”のテクニックも定番かつ王道です。

そして、インサイドに描かれたラインって、他人からはあまり見えないようで、実はけっこう目に入っています。

まぶたの内側へのアイラインは目を傷める可能性も指摘されているものの、視覚効果でパッチリアイに見えやすいので、根強い人気があるのも現実。

しかし、40代がこれすると「そこまでムリしなくても……」な痛々しさを醸し出すこともあるので、健康上からもおば見え回避の視点からも避けたほうが賢明です。

内側にはラインを描かず、まつ毛のすき間を点で埋めるだけでも、目を大きく見せる効果があります。40代には、このくらい控えめなラインのほうが、ムリを感じさせない自然なメイクに。

 

3:下まぶたの遊びカラーライン

 

オフの日やパーティなどのイベントに「少しだけメイクに遊び心を」と、下まぶたにレッドやグリーンなどのカラーアイラインを入れて楽しんでいらっしゃる40代もいらっしゃいます。

ところが、ファッションやヘアカラーとのトータルコーディネートができていれば“おしゃれ”に映るものの、ふだん通りの装いで下まぶたにカラーラインだけが入っているメイクは、40代がするとやや滑稽に映ってしまうことが!

ご本人は“遊び心”を入れているつもりでも、周りからすると「若づくりしてる?痛々しい……!」という辛辣な感想を抱かれやすいのです。

アイラインで遊ぶ日には、ファッションやヘアスタイルもトータルでコーディネートして「目元だけ、がんばっちゃいました」なイメージを回避して。

 

アイライナーをまったく使わない40代の目元は、少しインパクトが弱くなるので、しっかりメイクの日にはマスト。

けれども、使いかたのせいで「痛々しい……」「やりすぎよね?」と思われるのだけは、避けたいところですよね。

お心当たりがあった方は、ちょっと描きかたを変えてみるだけでも、痛々しさは回避できるはずです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事