下半身むくみもすっきり引き締め!上品美脚に変身するオススメポーズ

スポンサーリンク

冬のオシャレが楽しい季節になりました。ブーツを履いてお出掛けすることが増えますね。先日友人宅パーティーの帰り際、脚が浮腫んでブーツが入らない。。。と玄関先で40代友人達から声が上がっていました。寒さで身体を動かすのが億劫になりがちですが、座ってできるポーズはとりいれやすいですね。

スマホでこの記事を表示し、書かれている通りに身体を動かせばOKです。

毒抜きをして内臓も脚もスッキリさせたい

これから忘年会やパーティーのお誘いが増える時期ではないでしょうか?

秋の涼しさや冬の寒さですっかり消化力が戻り、重めの食事を沢山の量食べる事ができる消化力や体力のある時期でもあります。

美味しい食事を味わえるのも、健康な身体と心があるからこそ!

ヨガやアーユルヴェーダーでは自分自身で消化できない未消化物をアーマ(毒素)と言います。食べ物が身体に入り消化することで血や肉となり不要なものは老廃物として体外に排出される、この一連の流れが滞るとアーマ(毒素)が蓄積されて、すべての病を引き起こす原因と言われています。具体的には消化力の低下、便秘などですが、精神的な疲労感や倦怠感などの心の風邪引きもアーマ(毒素)が原因と言われます。

ストレスリリース、断捨離、デトックスなども不要な物事からさよならする行為ですよね。

冬の美味しい鍋料理にもある毒や灰汁を取除くように、私達の身体からもアーマ(毒素)を取除きましょう。足元が冷えたまま座りっぱなし立ちっぱなし、冷え性、リンパ液や血流の流れが滞る事も冬のアーマ(毒素)の定番です。

内側から輝く心身を保ち、上品でスッキリ、この冬を軽い脚で駆け抜けましょう。

 

脚も内臓もスッキリ「サギのポーズ」クラウンチャアーサナ

(写真モデル:安藤けいこ)

脚を伸ばしているだけで内臓にもマッサージ効果があります。疲れを明日へ持ち越さないために、今夜中にスッキリさせます。膝は曲がったままでもOKです。

 

「サギのポーズ」クラウンチャアーサナ

①長座になります。(なるべく仙骨を床と垂直にし骨盤を立てます)

②右膝を曲げ、踵をお尻の横へ下ろします。(膝を痛めてる場合は伸ばしたままOK)

③左膝を立て、両手を組んで左脚の裏に引っ掛けます。

④息を吸い背中をまっすぐに、うなじを高く保ちます。

⑤息を吐きながら出来る範囲で左膝を伸ばし左足を上へ伸ばします。

⑥この時にお腹と背中をまっすぐ伸ばしたままです。

⑦ゆっくり深い呼吸を意識します(約10呼吸)

⑧反動を使わずにゆっくりと両手両足を解放します。

⑨反対の脚も同様に行います。

*余裕のある方は両肘を曲げさらに脚を顔へ近づけ、顎を膝の上に乗せて行います。

効果:脚のたるみ引き締め、美脚、脚の浮腫み解消、疲れ脚解消。ハムストリングスの柔軟性UP、姿勢整え、背中すっきり、内臓の働き活性化。

 

いかがでしたでしょうか?

内臓もケアし美脚にもなる一石二鳥のポーズ。

これから迎える冬の上品な生活習慣にとりいれてみてくださいね。

 

 「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

11月25日(土) 大人の呼吸法 –冬支度編- 神奈川県鎌倉市 光明寺

詳細は、http://ptix.at/fUPFje

11月26日(日) リラックスヨガと呼吸法実践 神奈川県逗子市

詳細は、http://kokucheese.com/event/index/493061/

呼吸法ヨガセラピー指導者

安藤けいこ

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安藤けいこの最新記事

HEALTHに関する最新記事