つい使いがちだけれど、女性が「やる」と言うべきでないこれだけの理由

「先輩、もし良かったら、それ、私がやりましょうか?」「……え?ええ(汗)お願いできる?」
「ねえねえ、あれもうやった?」「やったやった」「はやーい」
はてさて、なんのことやら(笑)
実はこの「やる」、もともと、あまり美しくない言葉。普段気付かずに使っているあなた、できるなら女性は、使わないで済ませたい言葉なのですよ。

美しくないくせに……「やる」はとても便利

この「やる」は非常に便利な言葉で、何にでもつけられますよね。

「譲ってやる」「我慢してやる」「聞いてやる」
「水をやる」「えさをやる」「小遣いをやる」
「レポートをやる」「課題をやる」「合間にやる」

みなさんもよく使う言葉ではありませんか。
でも、単発ではよく使う言葉も、こうしてあらためてまとめて読んでみると、何だか、嫌らしい感じがすると思います。それはなぜでしょうか。

それは、この言葉が、俗語として、人目にはばかられることをする場合に使われることがあるからなのです。そして女性はあまり使いませんが、犯罪をおかすことや性交することにも使われますよね。また、刑事ドラマなどで耳にしますが、人を殺める場合にも使われます。
ですから、女性が使うことは、それこそ、はばかられるのです。年配の方の中には、この言葉を嫌う人もいますので、お客様相手の仕事をしている方は要注意です。

 

そもそも「やる」の意味は?

「やる」は「遣る」または「行る」と書きます。
大きく分けて意味は5つあります。

  1. その場の勢い・なりゆきにまかせて他方へ行かせる

  2. (身分が同等以下の者に)与える

  3. 同等以下の者のために労を執り、恩恵を与える意を表す、相手に不利益を与える意を表す

  4. 物事を行う

  5. 動作が完了する意を表す

広辞苑第六版より

ここで妙に気になるのが、そうです「身分が同等以下の者に」という条件ですよね。
俗語の意味では流石に「やる」を言わない女性でも、この、それこそ「やってあげる」感が出る言葉は要注意です。「それ、私がやろうか?」などと、特に後輩に使っている女性が多いようです。また丁寧にすればいいと思って、先輩に「それ、私がやりましょうか?」なんて言っていませんか?
特に、上記4の「する」という意味の「やる」は見逃しがちです。

 

「上から目線」感と「ずぼら」感が出てしまう「やる」

私は小学生を教えていますが、何でも「やる」と言ってしまう子が多いです。

「宿題をやる」「野球をやる」「ピアノをやる」

これらは全部他の言葉に置き換えられます。
例えば「宿題をやる」の場合、「宿題にとりかかる」「宿題をする」「宿題を済ませる」などタイミングによって言葉を使い分けられますし、野球やサッカーなどのスポーツは「する」、ピアノなどのお稽古事は「習う」と言い換えが可能です。
こうして、私の小学生講座では「やる禁止例」をしいています。

つまり「先輩、それ、私がやりましょうか?」は「先輩、それ、私が処理しましょうか?」や「先輩、それ、私が続きをしましょうか?」のように、そのシーンにより言葉を置き換えられるはずなのです。そこを面倒くさがって「やる」と言ってしまうこと自体、相手を敬っていない、言葉を敬っていない感じがにじみ出てしまうのでしょう。

冒頭の例ですと、

A「譲ってやる」「我慢してやる」「聞いてやる」……「わざわざ何かをする」の意味。
B「水をやる」「えさをやる」「小遣いをやる」……「与える」の意味。
C「レポートをやる」「課題をやる」「合間にやる」……「する」の意味。

で、AとBが「身分が同等以下の者に」の例、Cが何かを「する」のに詳しく言うのが面倒で「やる」に置き換えている例と考えることができます。
つまり、うっかり「やる」を使うことで、「上から目線」感と「ずぼら」感が出てしまうのですね。

 

丁寧に考えてみること

では、どうしたらいいのでしょう?
そうですね。うっかり使わないようにすればいいのです。その為には、言葉を発する前に一呼吸置くこと。そして他の言葉に丁寧に置き換えてみることです。
「さあ、午後も頑張ってやりましょう!」なんて言いたい時は、「さあ、午後も頑張ってこの作業を済ませましょう!」なのか「さあ、午後もこの勢いでこなしていきましょう!」なのか、場面場面でかなり異なると思います。
丁寧に言葉を考えること、それが「上から目線」感と「ずぼら」感の回避になります。

また、一呼吸置くことと、丁寧に言葉を考えることは、素敵な女性になる所作でもありますね。

 

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のような話もありました。「平生(へいぜい)」…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました。こういう言葉の訂正って、人間関係に響く…

「ちょっと」を○○に言い換えるだけで…劇的上品な言葉づかいベスト10

特に敬語をふんだんに使っているわけでもないのに、なぜか言葉が美しいと感じる人がいます。雑な感じがしない、ある種、格のある雰囲気の言葉を使う人です。そういう人たちの言葉の特徴に「あらたまった」感じがする…

「おざなり」と「なおざり」どっちが正解?わかりにくい日本語の意味

ぼくたち、ずっとこのことを「おざなり」にしてきたよね。なんとなく意味は分かりそうですよね。では次の言葉はどうでしょう?ぼくたち、ずっとこのことを「なおざり」にしてきたよね。このカップル、どっちの状態が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事