本場スリランカ直伝!身体の冷えを取りポカポカにするベジスパイスって?

これから寒くなる冬に向けて、どんな寒さ対策を考えていますか? ヒートテックやホッカイロ、ポカポカ靴下など防寒対策ではなく、体の中を温めれば寒さ対策はもちろん、健康や美容面でもうれしいことがたくさん。今年の冬はスパイス料理を食べてキレイになりませんか?

 

カラダが喜ぶベジフードって?

そこで兼ねてからアーユルヴェーダを学んでいた私は、11月26日(日)に開催された旅行会社のイーツアーさんと代官山にあるアーユルヴェーダサロンの『カルナカララ』さんコラボのスリランカ料理ワークショップに参加し、スリランカセラピストのプレミア先生による本格スリランカのスパイスを使ったアーユルヴェーダベジ料理を体験してきました。

アーユルヴェーダベジフードの特徴は、オイルを一切使わないのが特徴です。

今日のメニューはこちら!

・Red rice 赤米
・Dhal curry  ダールカレー(ダール=小粒のお豆)
・Fish abulthiyal フィッシュカレー
・Grean bean curry curry  インゲン豆カレー
・Gotukola sambal ゴトゴラサラダ

ゴトゴラはアーユルヴェーダで重要なハーブのひとつ。日本ではツボクサといい、沖縄などで栽培しているそうですがなかなか手に入らないそう。体や脳のエイジングになるそうです。今回はミツバで代用。

教えてくださったプレミラ先生はベジタリアンなので、本当はお魚も召し上がらないそう。でも今日は参加者のみんなのためにと、お魚のカレーもつくってくださいました。ちなみに、えびやかになどの甲殻類はアーユルヴェーダー的には肌荒れなどにはあまりよくないそうです。でもたまには食べたいですよね。

どんなスパイスで体を温めるの?

今回使用したスパイスは…

ペッパーパウダー(黒胡椒)

チリパウダー

ターメリックパウダー

カレーパウダー

ローストカレーパウダーの5種類。

カレーの具材は…

オニオン(小さめのもの)

ガーリック

グリーンペッパー(青唐辛子)

ココナッツミルクパウダー

カラピンチャ

ランペ

インゲン豆

ダール豆

ゴトゴラ

レモン汁

作り方は基本的に具材にスパイスを入れて鍋で煮るという感じです。もちろん、カレーの種類によってスパイスの入れるタイミングや量の微調整はありますが、難しい工程はなく、スパイスとたっぷりのココナッツミルクパウダー、塩を用意できて入ればスパイスカレーは出来上がりそうです。オニオンやガーリック、グリーンペッパーは具というよりは、香りづけの役割なので、少し刻んで入れるだけです。

辛いのが苦手という人はチリパウダーの量を少量にすることでマイルドに仕上がります。カレーパウダーやローストカレーパウダーをたくさん入れると美味しくなります。臭みのある魚料理はパウダーを絡めて揉み込んでから煮込みます。

使う量はとてもアバウトなところがいいですね! 計量するハードルが低いので、料理が苦手な人や準備が面倒な人でも「できそう!」と思えます…というかできます(笑)。食べて納得でした。

ココナッツは全部のレシピに使います。たっぷり入れるとマイルドになり美味しいです。スリランカでは生のココナッツを使うそうです。アーユルヴェーダにこだわらなければ、ココナッツオイルなどで、ガーリックやオニオンを炒めてもいいそうです。

全てのカレーとサラダができたらみんなでスリランカの紅茶と一緒に食べました。あとから辛さがジワジワきて、体もポカポカ。スパイスとココナッツミルクパウダーがあればなんとかできそうですね。この冬はスパイスカレーであったかく、身の心もキレイになりましょう!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

ワインを飲むと太る?その原因は○○にあった!

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

新米の塩おにぎりに「ごま油」プラスすると絶品!よりおいしくするポイント3つ

こんにちは!新米美味しいですね! 昨年末炊飯器をバーミキュラに変えてからお米が美味しくて美味しくて、お米屋さんで2銘柄ずつ買っては味比べしています。バーミキュラ…

梅雨時期の時短ヘアに!剛毛多毛もOKの「便利アクセ&まとめ髪テク」【特集オトナの髪悩み】

雨時期や寝坊した時のまとめ髪は楽チン。とくに梅雨時期はヘアセットしても崩れてしまう…という悩みも出てきますよね。そんな時はやっぱりまとめ髪がおすすめ! 首回りもスッキリしますし、ジメッとした気分も吹き…

むくみを解消し、スッキリ美脚をつくるツボ押しマッサージ。同時にヒップアップも!

本格的に薄着になる前に、見た目をスッキリさせたい! そろそろ焦り始める時季ではないでしょうか。ダイエットやシャイプアップは6月が勝負です。夏まであと1ヶ月しかない! でも運動はしんどい…という女性に今…

エステティシャン直伝「私が施術しているスッキリ小顔マッサージ」

小顔になる方法といえば何が思い浮かびますか? フェイシャルエステや美顔器によるマッサージなどをイメージする人が多いのではないでしょうか。方法によってはセルフケアでも小顔に近づける方法もあります。今回は…

運動が苦手な40代はマッサージで「お腹やせ」。頑固な便秘も解消!

お腹の調子を整えて便秘解消する方法には、ヨーグルトや食物繊維などが含まれた食べ物を摂取する方法がありますが、腸に刺激を与えるマッサージでも便秘解消が期待できます。やり方によってはお腹のシェイプアップに…

【アマゾンで買える】セラピストがおススメする目的別ボディオイル5選

肌の保湿やマッサージに使える「ボディオイル」って、ボディクリームと何が違うんだろう? いろいろあってどうやって選べばいいんだろう? どこで買えるの? など迷ってしまうことありますよね。今回は、オイルの…

40代で急に気になる「手のシミ・シワ」どうすれば?セラピストのケア9連発

年齢とともに増えてくる手のシワ・シミ。手のシワは年齢が最も現れる部分だと言われています。40代、50代の男性も意外と手・脚といったパーツを見ていることが多いのが現実。手が荒れていたり、シワ・シミがあると年…

40代が「きれいにやせる」7つの生活習慣

体が衰えていくと体に蓄積していくものがあります。それは「体脂肪」です。更年期の症状が気になる40代では、脂肪だけでなく、疲労も溜まり不調だと感じる日も多くなっていきます。疲労を溜め込むと見た目の印象にも…

そのむくみが取れない原因は間違いケアにあり!脚むくみ対策QA

1日中デスクワークの人も立ち仕事の人も、夕方になると脚がだるくて重い、むくんでパンパン。といった症状に悩んだことがあるのでは? 美脚を目指して脚のむくみ対策に日々のセルフケアを徹底している人もいますよ…

40代がダイエットを成功させるコツは?食事・運動とこの3つ

「自分の気持ちをセーブできなくてイヤ!」「情緒不安定で仕事に支障が……」。40代の大人の女性でも身内や職場、プライベートなど、悩みが多くなると感情をコントロールすることができず、気持ちの浮き沈みが生じるこ…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がおすすめです。まずは温めてセルライト対策を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事