うそも方便!大人が使いたい「飲み会を断るときのフレーズ」3つ

12月に入ると、会社や取引先など仕事のお付き合いで飲み会が増えるというアラフォー女性も多いでしょう。

気乗りしないものもあるけど、断ると角が立ちそうで……。なんていうときでも、失礼にならない言い方を工夫することで関係の悪化を防げます。

大切なのは、「残念」という気持ちをこめること

どんなフレーズが良いのかご紹介します。

 

「家族と予定がありまして」

家族を理由に断られたら、よほど重要な飲み会でない限り先方は納得せざるを得ません。「仕事より家族を優先するのか!」なんて、今の時代誰も言えないからです。

40代なら、「親の体調が悪いので家を空けられない」なども不自然にならない言い方。「飲み会より優先する理由が家族にある」ことを伝えましょう。

近くに家族がいない場合は、「遠方から知人が尋ねてくることになっているので」も有効なフレーズです。

 

「友人をお祝いする会があるので」

家族を理由にするのが難しい場合は、友人を持ち出すのも良いでしょう。

単純に「友達と約束がありまして」だと相手に軽い印象を与えてしまうので、「友人をお祝いする会がありまして」のほうがそちらに出なければならない理由として説得力が出ます。

家族より優先度が低いと思われがちな友人ですが、「結婚のお祝い」「新築のお祝い」など、人生の節目になるような出来事なら先方も受け入れやすいですね。

 

「人間ドックで引っかかってしまい」

 

健康を理由にした断り方は、相手も無理強いできないのでおすすめです。

この場合は、具体的にどこが悪かったのかなど詳しく説明する必要はありません。バリバリ仕事している女性なら「元気そうに見えるのに」とツッコまれる可能性がありますが、「見えないところが弱っていました」などと返しておくと乗り切れるでしょう。

気をつけたいのは、あまり大袈裟にしないこと。「ドクターストップがかかっている」と言っていたのにほかの飲み会には参加していることがわかれば、先方はあまり良い気がしませんよね。

「ちょっと体調に不安がありまして」など、やんわりと不調を伝える言い方を心がけましょう。

 

中途半端な断り方はNG!

会社や取引先との飲み会を断るときに気をつけたいのは、

  • 「忙しいので」と多忙を理由にすること
  • 「その日は無理です」とはっきり拒否すること
  • 「行けたら参加します」など出欠をあいまいにすること

です。

12月に忙しいのは誰もが同じです。そんな中で多忙を理由に飲み会を断るのは、コミュニケーションを否定されていると先方は感じます。

本当に忙しいのであれば、「年末処理の真っ最中で時間を取るのが難しい時期です」など、参加できない理由を具体的に説明しましょう。

また、「無理」などネガティブな表現を使ってお断りするのも相手に嫌な印象を残します。拒否感を持たせる言い方は避け、「ほかに用事がありまして」など柔らかい言葉を考えたいですね。

「行けたら」などあいまいな気持ちを見せるのは、社会人としてのマナーを疑われるもっともNGな断り方。適当に扱われていると感じたら、二度と誘おうとは思いません。

参加しないのであればきちんとお断りすることが、何より重要なコミュニケーションです。

 

「残念です」という気持ちを込める

 

角が立たない断り方は、「参加できなくて残念です」という気持ちを込めることで先方に悪いイメージを残しません。

「せっかく声をかけていただいたのに残念ですが」「ぜひ行きたいのですが」と最初にワンクッション置くことで、誘ってくれた先方に対する感謝を伝えられます。

誘いを断られるのは誰だってショックを受けるもの。まず声をかけてくれたことに感謝する気持ちを忘れずに、相手を尊重する姿勢を見せましょう。

良いお付き合いを続けるためには、心のこもったコミュニケーションを心がけることが欠かせません。

 

 

 

「付き合いだから参加しないと印象が悪くなる」「行かなかったら後の仕事に影響するかも」など、仕事関係の飲み会にはどうしても気を使いますよね。

ですが、どうしても行けないときは、前向きな断り方を考えることがその後もスムーズなお付き合いを続けていくために必要です。ただ「行けません」だけでは、先方もがっかりします。

「誘ってくださってありがとうございます」の気持ちが伝わる言い方で、角が立たない断り方を目指してくださいね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「私ってイケてるでしょ?」勘違いした40代独女の”モテ“と、男性の本音

いくつになっても自分に自信を持つ女性。「おひとりさま」なのは男に見る目がないから。独身だけど私は十分モテているからいいの!……その”モテ“、本当ですか?「私ってイケてるし!」と自分のものさしだけで判断して…

実録!年下男子が「イケると思っていたのに玉砕した」40代独女への片思い

「これなら告白してもOKをもらえる!」と確信を持っていたのに、実際にぶつかってみたらあえなく「NO」。何で!? と思うけど、そこには女性の気持ちを表面しか見ていなかった”油断”がありました。うまくいく恋愛に…

【男の本音】「恋愛に積極的になれない」のはこんな理由。人に言えない悩みのリアル

いくつになっても、恋愛を楽しみたい気持ちは男女変わりません。ですが、年齢を重ねれば重ねるほど、自分からアプローチできない、交際することにためらってしまうなど、「恋愛に積極的になれない」という人もいます…

オトナは「ゆるプロテイン」で美しく痩せる!【特集オトナの3kgやせ】

時間はあるしおせちは美味しいし……で油断するとすぐに太ってしまう年末年始。いつもより活動量が減ることで、増えた体重を運動で落とすのは難しい、と思いますよね。「このお正月で増えた2、3キロくらいを落としたい…

別れた彼女に「復縁を申し込みたくなる瞬間」、年下男子から40代独女のパターン

別れた女性のことをいつまでも忘れられない男性。関係が終わったときは「これで楽になれる」と思っていたのに、時間が経てば経つほど愛しさばかり募ってしまう。よりを戻したいと思っても、年下男子の場合は男らしさ…

この「あけおめ」はヤメテ。男性がウンザリした40代独女の非常識なご挨拶

新年を迎えると、会社の同僚や友人などに「明けましておめでとう」と連絡する女性は多いと思います。メールやLINEなどいろいろな手段はあるけど、考えたいのは受け取る側の気持ち。あまりに突飛だったりやりすぎだっ…

「ないわ~」男性がドン引きした40代独女の「飲み会後の”ウラ”会話」3つ

職場の忘年会や友達同士の飲み会など、何かと集まる機会が増える年末。その場では楽しく盛り上がったけど、後になって「あれさ~」とコソコソと”ダメ出し”をすることってありませんか?どうしても言いたいことがある…

年下男子が戦慄!40代独女の「終業時に見かけた”超オバサン”」な振る舞い3つ

終業の時間がきて、ホッと一息。さあ帰ろうかというとき、職場のアラフォー女性がおかしなことをしていて「またか……」とため息をつく。こんな年下男子に話を聞くと、「自分のことしか考えていない」のが”オバサン“と…

男性にとっても大問題!40代独女と付き合うときの”性欲“、ここに悩んでます

お付き合いになれば、避けて通れないのがベッドでの時間。男性にとって、好きな女性を抱けるのはもちろん嬉しいことだけど、気になるのがお互いの欲。「望んでいるのが自分だけだったら」「彼女のほうが積極的だった…

男性に「恥ずかしい!」と思われる40代独女の「冬のヘアメイク」3つ

寒くなると、ロングヘアの人なら髪をおろしてみたりパーマで軽さを出してみたり、夏とはアレンジを変えるという女性も多いでしょう。首元を温めたくなる冬は、マフラーなど小物と髪型とのバランスも大切。ですが、凝…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事