うそも方便!大人が使いたい「飲み会を断るときのフレーズ」3つ

12月に入ると、会社や取引先など仕事のお付き合いで飲み会が増えるというアラフォー女性も多いでしょう。

気乗りしないものもあるけど、断ると角が立ちそうで……。なんていうときでも、失礼にならない言い方を工夫することで関係の悪化を防げます。

大切なのは、「残念」という気持ちをこめること

どんなフレーズが良いのかご紹介します。

 

「家族と予定がありまして」

家族を理由に断られたら、よほど重要な飲み会でない限り先方は納得せざるを得ません。「仕事より家族を優先するのか!」なんて、今の時代誰も言えないからです。

40代なら、「親の体調が悪いので家を空けられない」なども不自然にならない言い方。「飲み会より優先する理由が家族にある」ことを伝えましょう。

近くに家族がいない場合は、「遠方から知人が尋ねてくることになっているので」も有効なフレーズです。

 

「友人をお祝いする会があるので」

家族を理由にするのが難しい場合は、友人を持ち出すのも良いでしょう。

単純に「友達と約束がありまして」だと相手に軽い印象を与えてしまうので、「友人をお祝いする会がありまして」のほうがそちらに出なければならない理由として説得力が出ます。

家族より優先度が低いと思われがちな友人ですが、「結婚のお祝い」「新築のお祝い」など、人生の節目になるような出来事なら先方も受け入れやすいですね。

 

「人間ドックで引っかかってしまい」

 

健康を理由にした断り方は、相手も無理強いできないのでおすすめです。

この場合は、具体的にどこが悪かったのかなど詳しく説明する必要はありません。バリバリ仕事している女性なら「元気そうに見えるのに」とツッコまれる可能性がありますが、「見えないところが弱っていました」などと返しておくと乗り切れるでしょう。

気をつけたいのは、あまり大袈裟にしないこと。「ドクターストップがかかっている」と言っていたのにほかの飲み会には参加していることがわかれば、先方はあまり良い気がしませんよね。

「ちょっと体調に不安がありまして」など、やんわりと不調を伝える言い方を心がけましょう。

 

中途半端な断り方はNG!

会社や取引先との飲み会を断るときに気をつけたいのは、

  • 「忙しいので」と多忙を理由にすること
  • 「その日は無理です」とはっきり拒否すること
  • 「行けたら参加します」など出欠をあいまいにすること

です。

12月に忙しいのは誰もが同じです。そんな中で多忙を理由に飲み会を断るのは、コミュニケーションを否定されていると先方は感じます。

本当に忙しいのであれば、「年末処理の真っ最中で時間を取るのが難しい時期です」など、参加できない理由を具体的に説明しましょう。

また、「無理」などネガティブな表現を使ってお断りするのも相手に嫌な印象を残します。拒否感を持たせる言い方は避け、「ほかに用事がありまして」など柔らかい言葉を考えたいですね。

「行けたら」などあいまいな気持ちを見せるのは、社会人としてのマナーを疑われるもっともNGな断り方。適当に扱われていると感じたら、二度と誘おうとは思いません。

参加しないのであればきちんとお断りすることが、何より重要なコミュニケーションです。

 

「残念です」という気持ちを込める

 

角が立たない断り方は、「参加できなくて残念です」という気持ちを込めることで先方に悪いイメージを残しません。

「せっかく声をかけていただいたのに残念ですが」「ぜひ行きたいのですが」と最初にワンクッション置くことで、誘ってくれた先方に対する感謝を伝えられます。

誘いを断られるのは誰だってショックを受けるもの。まず声をかけてくれたことに感謝する気持ちを忘れずに、相手を尊重する姿勢を見せましょう。

良いお付き合いを続けるためには、心のこもったコミュニケーションを心がけることが欠かせません。

 

 

 

「付き合いだから参加しないと印象が悪くなる」「行かなかったら後の仕事に影響するかも」など、仕事関係の飲み会にはどうしても気を使いますよね。

ですが、どうしても行けないときは、前向きな断り方を考えることがその後もスムーズなお付き合いを続けていくために必要です。ただ「行けません」だけでは、先方もがっかりします。

「誘ってくださってありがとうございます」の気持ちが伝わる言い方で、角が立たない断り方を目指してくださいね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

年の差は関係ない!?年下男子が「40代独女とのお付き合いを諦めた瞬間」

「愛があれば年の差なんて!」と信じたくなるのが恋愛。実際、彼女が年上でも幸せなお付き合いをしている男性は大勢います。それでも、「好き」だけではうまくいかない場面もあるし、ふたりの協力があってこそ順調な…

年下男子が告白!オフィスで「思わずグッときた40代独女の横顔」3つ

職場で毎日顔を合わせるアラフォーの同僚や先輩。いつも通りの日常だったのに、ある日目にした「いつもと違う姿」にドキッとする年下男子もいるようです。職場だからこそ見ることができる、40代独女のいろいろな「横…

これが「オバ見え」!年下男子に聞いた40代独女の「年齢を感じさせるLINE」3つ

気軽にメッセージが送れるLINE。友人や恋人とのやり取りに使っている40代独女は多いと思います。が、使い方を間違えると、年下男子に「あぁ、これがアラフォーか……」なんて「オバ見え」してしまうことも。若い世代と…

意外と好印象?「男心がキュンとなる」40代独女のLINE電話エピソード

LINEやメールに通話、好きな男性との連絡にスマートフォンは欠かせないツールです。顔が見えないぶん、気になるのが男性の気持ち。実は「オバサンくさいな」と思われていたらどうしよう、なんて不安もありますよね。…

「アレ」の欲はどう変わる? 彼氏との差に悩む、40代女性のリアル

年齢とともに衰える、と思われがちなのがベッドタイムへの欲望。既婚未婚に関わらず、40代になると「性欲が落ち着いてきたな」と感じる女性も多いでしょう。一方で、まだまだ欲が消えない、募るばかりというアラフォ…

これが嬉しい&ガッカリ!40代独女からもらった「お誘い連絡」3つ!

外出も避けたくなるような暑い日々が続いていますが、そろそろ秋の気配も感じられる頃になりました。デート向けのイベントが満載だった夏に比べると、もっと落ち着いた時間を過ごしたくなるのがこれからの季節。こん…

やらかした!40代独女が後悔した「夏デートのNG」って?

今年もひどい暑さが続きましたね。せっかく気になる男性とデートの機会があっても、メイクの崩れや汗のニオイが気になって楽しめなかった、という声は筆者の周りでもよく耳にしました。なかなか集中できないのがネッ…

ついていけない!男性がドン引きする40代独女の「悪いギャップ」って?

世の中には「ギャップ萌え」という言葉がありますが、気になる女性の意外な姿は恋心を刺激するもの。ですが、ギャップも悪い方向に転んでしまうと一気にイメージダウンにつながります。気をつけたいのは、新鮮さを狙…

ガッカリだよ!年下男子が体験した40代独女との「つまらない夏デート」3つ

お出かけデートが楽しくなる夏。年下男性とお付き合いしている女性も多いと思いますが、どんな時間を過ごしていますか?出かけやすいとはいえ、この暑さではテンションを保つのも一苦労ですね。デート中に疲れた姿を…

実録!40代独女が体験した「ひと夏の恋」は意外な場所と人だった?

8月になると、夏休みをとって旅行に行ったり、お盆に地元に帰省したりするアラフォー女性もいると思います。開放的な夏の雰囲気は、つい気を大きくさせるもの。意外な場所で意外な男性と「ひと夏の恋」を楽しんだな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事