40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる状況は違いますが、毎月の積み重ねが老後の資金に大きく影響することには変わりありません。皆さんは今、月にどのくらい貯金できていますか?ということで、OTONA SALONEの会員制コミュニティサイト「OTONA SALONE倶楽部」で聞いてみました。

 

月10,000~50,000円の範囲で貯金している方が大半

今回は手取りの2割が貯金の限界と想定し、貯金50,000円を超える方がどのくらいいるだろう?と考えて選択肢を設計しました。

結果はこちら!

OTONA SALONE倶楽部2017年11月調べ(n=25)

 

月10,000円~50,000円という回答が全体の2/3。50,000円以上という方も全体の20%いらっしゃるという結果になりました。ここから先は回答いただいた皆さんの貯金の実態をご覧ください。

 

出費がかさんで、なかなかできない派

最近は交際費がかさんでできてません。
(あやすえさん)

 

出費が多くて貯金はできません。
(nanikaさん)

 

とにかく孫ができてからは、お金が飛んでいく。
老後は、どうなることやら……
(ママさん)

 

自動積立、財形貯蓄などで先取り貯金派

強制的に財形貯蓄と年金保険などで積み立てています。
あると使ってしまうんです……。
(パンチェッタさん)

 

天引きの財形とあとは残ったお金で貯金。
手堅くて堅実的でいいですね。
(小町さん)

 

地道に給与天引きで貯めています。
(まゆまゆさん)

 

先取り貯金で、とりあえず無理せずためてます。
(mamekoさん)

 

お給料を頂いたらすぐ 5万円を別口座に振り込みます。
しかし、入ったら出て行くようになってるのか、お友達のお祝い、自分のご褒美とかで上手くたまらないです。
前はタンス貯金をしてましたが、自分に甘くて危ない危ない!
どうやら私の王道は別口みたいです。 笑
(ねこえもんさん)

 

小さいことからコツコツと。
(ニク夫さん)

 

ボーナスでまとめて、500円玉貯金、貯め方いろいろ

毎月手取り給与の30%は貯蓄に回しています。
職場の周囲には何もなくて食事も社員食堂で取るため、お金がかからないライフスタイルです。
(美蘭さん)

 

大まかな貯金はできてませんが微々たる貯金は少しでもしています。
(earringさん)

 

少額ではありますが、毎月の積立ですかね……(;^_^Aあと500円玉貯金くらいかな(笑)
自分の趣味のためにコツコツ!塵も積もれば山となるかな(*^^)v
(森本みゆ紀さん)

 

どちらかというと、月々は結構欲しいモノ購入に当ててしまっている私です。
でもボーナスのときはまとめて貯めてマス‼
へ、へ、へ…
(みみかさん)

 

うちは給料安い上に事務職は全くといえるくらい昇給無しです!
(トラヲさん)

 

貯金に関するコンテンツはOTONA SALONEでも総じて人気です。お金の使い方コンテンツ、こちらでまとめていますので、あわせて是非ご覧ください!

https://otonasalone.jp/money/

今回のご意見は、今後の記事づくりにも反映させていきたいと思います。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

家でひとりが好きな人は内向型?リラックスのツボを40代女性読者に聞いてみた

みなさんはリラックスといったらどんなことを連想しますか?どんなことを、どんなものと楽しんでいますか?ドラマといっしょにお気に入りの台湾茶を楽しんだり、 ワインや…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

40代女性の将来不安なこと。3位親の介護、2位自身の健康、1位は?

40代に入って「これは30代とは変わったな」と感じることの1つが会話のネタ。「節々が痛い」「老眼」「更年期」といった健康の悩みのほか、「私たち年金本当にもらえるのか…

40代女性の貯金の目的。3位旅行のため、2位家族のため、1位は?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年度版、2人以上世帯より)によれば、40代の貯蓄高は平均値が588万円、中央値は200万円という結果が出てい…

40代女性が1人ではできないコト。3位フレンチ、2位遊園地、1位は?

OTONA SALONE不動の人気を誇るコンテンツが「おひとりさまレベル」チェックです。サイトがスタートしてはや1年4ヶ月。おひとりさまを取り巻くハードルもちょっと変わったか…

老後資金は1000万?3000万?平均いくら必要なの?

「下流老人」、「老後破産」といった言葉をよく目にするようになった昨今。誰もが老後の行く末に、不安を感じていることでしょう。老後資金はいつまで生きるかによって大き…

40代女性、ふるさと納税をどれほど活用しているか調べた結果は…!

自己負担2,000円で豪華な返礼品がもらえるとあって、昨今話題のふるさと納税。ふるさと納税を活用してある自治体に寄附をすることで、税金も安くなる上に地域への貢献もで…

40代独身女性と結婚した、40代の男性心理と本音を総ざらい

40歳の初婚女性と再婚して1年。現在44歳のバツイチ男性編集部員が当時の婚活を振り返る連載コラムの中から、「今年こそ婚活」と考えているアラフォー女性へのエールと男性心理をまとめました。男性がアラフォー独女…

40代女性にとって「LINEで会社休みます」はあり?なし?

利用率が既に9割に達する勢いのLINE(MMD研究所・2017年1月発表)。 そんな中でこの数年言われるようになったのが、職場への欠勤連絡をLINEで済ませるという行為。 皆さんはどう思われますか?ということで、OTONA SA…

経験者はたった2割?40代のマツエク実際やってみたらどうだった?

OTONA SALONEでも人気の時短美容家の並木まきさんは、マツエクを「メイク時間の短縮になって、まさに時短美容の救世主」と評価しています。手軽に時短美容ができる!と人気のマツエクですが、40代が取り込むときには…

40代女性にパクチー調査をしたら驚きの結果に!栽培する本格派も!

この数年、相次いでパクチー専門店ができたり、パクチーチップスチップス・パクチー醤油といった食品が発売されたりと、空前のパクチーブームが到来しています。その独特の風味が好き!という人もいれば、正直ダメ………

40代女性は保険にいくら使ってる?本当に役立ってる?その結果は!

保険といえば最近では働く女性向けの収入保障保険や貯蓄型の保険が注目を集めています。その一方で、保障内容について加入当初は聞いたけれど、今になってみるとどんな内容だったか憶えていない、といったケースも多…

すぐタクシーに乗る男と乗らない男、結婚するならどっち?

突然ですが、皆さんはどんなタイプの男性が好きですか?荷物の多い時や夜の移動に重宝する「タクシー」。収入や生活パターン・年齢や体力にも関係するのでしょうが、「すぐにタクシーに乗ろうとするタイプ」と「絶対…

40代女性はコンビニスイーツなら洋菓子派。では専門店で買うなら?

働くオトナ女性には自分へのプチご褒美が不可欠。仕事帰りにコンビニに立ち寄ったところ、充実したケーキ、プリンや和菓子につい手が伸びるといったケースもあるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、好き…

40代女性の朝食はごはん派?パン派?その理由は年代特有の

働くオトナ女性の朝はバタバタ。朝食はついつい手抜き、場合によってはごはん抜き…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、朝食の定番はごはん vs パンどっち?ということで、OTONA S…

40代オトナ女性はインスタ映えを気にする?気にしない?結果は…!

食欲の秋が到来です。Instagramの活躍の機会が増えている方も多いのではないでしょうか。料理をつくるとき、お店を選ぶとき、食事を食べるとき、インスタ映えを…「気にする vs 気にしない」どっち?ということで、OT…

40代オトナ女性の求める秋の味覚、栗?いも?かぼちゃ?1位は…!

食欲の秋が到来です。あなたにとって秋の味覚と言えば何が思い浮かびますか?オトナ女性にとっては、秋になると発売される期間限定のスイーツが気になるところではないかと思います。そこであなたが毎年楽しみにして…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事