発表!時短美容家の2017年ベストコスメ5選【スキンケア編】

2017年も、残り少なくなってきました。

前回の記事「発表!時短美容家の2017年ベストコスメ5選【メイクアップ編】」では、時短美容家の私、並木まきが完全なる“独断と偏見”にもとづいてセレクトした時短美容視点での2017ベストコスメ【メイクアップアイテム編】をご紹介しましたが、今回は【スキンケアコスメ編】です。

スキンケアは、アラフォーからのお肌の状態に直結する毎日のお手入れだけに、メイクアップ以上に注力したい部分。

仕事柄、アラフォーや40代の女性から「なにを使ったらいいかしら?」と相談される機会も多いのですが、今回は【アラフォーからの時短美容】で、ご紹介させていただいた方々から喜ばれたものや、私が本当に「いい!」と思っているコスメだけを厳選しました!

 

1:【クレンジング編】『ウォータークレンジングジェル』(ナノアクア)

メイクを“落とす”のではなく、“浮かせて”オフする発想でつくられたクレンジングジェルは、年齢を重ねた私の肌にも納得の使い心地。

濃いめのメイクをした日にも、塗るだけでスルスルとメイクが落ちるので、お肌をこする必要がなくなり、全体的に調子がアガっています。

今年はこの記事「ハデなオバサンに見えない、痛々しくないマツエクオーダーは?【40代の時短メイク】」でご紹介したとおりで、上半期にはまだマツエクをしていた私ですが、お肌をこすらないのでマツエクにも使える仕様は当時から大重宝。

メイクが浮き上がるまでの間は、なにもしないでいいので、お風呂場で他のことができ、時短美容にもなりました。

洗い流したあとに、ふわふわのお肌になっているのも、年齢を重ねたお肌には嬉しい!

 

2:【洗顔料編】『コンディショニング ウォッシュ』(dプログラム)

クレンジングのあとに使う洗顔料のせいで、ゴワゴワ肌になるのはイヤなものですが、敏感肌用の処方になっている『コンディショニング ウォッシュ』は、とにかく洗い上がりがツルピカ肌になる実感があり、私のベスコス入りです。

手でも泡だてやすく、やさしい肌触りの泡。つっぱり感が全然ないのに、“落とすべきもの”は、しっかり落ちている実感があります。

洗顔料は毎日使うものなので、洗い上がりのお肌の状態は、とっても重要なポイントに。

ベタつかずにサッと流せるので、時短洗顔も叶っています。

 

3:【美容液編】『R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ エッセンス』(SK-Ⅱ)

アラフォーになってから、御多分に洩れず私も“たるみ毛穴”が気になり出していますが、この美容液を使うと、翌朝は毛穴が小さくなっているのを実感しています。

私の肌にはとてもなじむので、疲れている日のスキンケアでもベタつかずに使えて、時短美容では、重宝するポイントに。

個人的には、塗った後の肌にツヤ感が加わる気がしていて、メイク前に行う朝のスキンケアでも、これを使ったあとのほうが、お化粧ノリがいい!

 

4:【リップケア編】『リンクルリップエッセンス EX』(レチノタイム)

リップケアアイテムには、人一倍のこだわり(?)がある私ですが、いろんなアイテムを試したあとに結局、戻ってきているのが『リンクルリップエッセンス EX』でした。

濃厚でトロトロの唇用美容液が、塗ったそばからハリが加わり縦じわが目立たなくなったような実感もあり、時短美容の視点からも溺愛!

夜、寝る前につけておくと、翌朝にはみずみずしい唇を実感できています。

この製品はエイジングを重ねた唇に向けてつくられているので、アラフォーの私の唇にも“いい仕事”をしてくれています。

 

5:【パック編】『炭酸ジェルパック』(ナノアクア)

私が今年、スペシャルケアとして導入し続けてきていたのが『炭酸ジェルパック』。

この秋、とある収録で“すっぴん”を出すことになったのですが、そのときにも収録前には、このパックでお肌のトーンをアゲました。

洗い流しタイプですが、パック後のお肌は驚くほどトーンが上がる実感があり、収録時には、その場にいたスタッフのみなさんが「おお~!」と声をあげてくださったほど。

エステに行く時間がなくても「週に2日、このパックをしておけば大丈夫」と自分に言い聞かせられる、私にとってのお守りコスメのひとつです。

 

スキンケアアイテムのうちでも、40代は、化粧水と乳液は「ベスコス」というより「自分なりの定番」が見つかっている人も多い世代。

それだけに今回は、基本のケアにプラスするアイテムから、私のベストコスメをお話させていただきました。

アラフォーからのスキンケアでは、いかに手短にいかに効果を実感できるスキンケアコスメを見つけていくか……も、多くの女性のテーマに。

みなさんは今年、どんなスキンケアアイテムを溺愛なさっていましたか?

(※掲載している画像は筆者の私物です。)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事