佐藤琢磨の行方は?『5時に夢中!』内藤が仕組んだ衝撃の略奪婚

今日は“勝つ不倫”について考えてみたいと思います。“勝つ不倫”とはズバリ略奪のことです。

 

“勝つ不倫”ができるオンナとは……

“勝つ不倫”を成し遂げるために、必要なものが2つあります。

① 強靭なメンタル
② “結婚の原則”を知っている

 

まず、①についてです。不倫は褒められる恋愛ではありませんから、正面切ってもしくは陰で何か言う人がいるでしょう。人に何か言われて傷ついてしまう人は、“勝つ不倫”はできません。

 

②は①よりも重要です。世の中の大抵のことには、原理原則があります。たとえばアラフォーのみなさんは、上司の要求やリアクションにだいたい予想がつくと思います。これは、みなさんが仕事の原理原則を知っていて、そこに上司の性格と状況を加味して考えることができるから。

 

しかし、なぜか婚活中の女性は、“結婚の原則”を知ろうとしません。なので、何をすればいいのかわからず、ともかく男性の顔色ばかりうかがって、振り回されてしまいます。

 

結婚の極意は、略奪婚にあり

略奪婚ほど、結婚の原則をうまく説明する教材はないと私は思っています。

 

ミスチル・桜井和寿、GLAY・TERU、とんねるず・石橋貴明、トレンディーエンジェル・斉藤司。彼らは売れたとたんに妻(や彼女)をポイ捨てした人たちです。未遂に終わりましたが、ベッキーと不倫中に文春砲に狙撃されたゲスの極み乙女・川谷絵音もポイ捨て軍団に入れてよいでしょう。

 

多くの婚活本では、「家庭的であること」「献身的であること」を良しとしています。

ポイ捨て軍団の元妻たちも、売れていない時に物心両面で懸命に支えたそうです。もし、男性の求めるものが、家庭的な献身妻であるのなら、離婚せずに結婚生活を続けると思いませんか?

 

売れたとたんに、一般人である妻を捨てて、芸能人と結婚する。これは男性が結婚に求めるものが、性的魅力であることを表していると私は思っています。結婚が性的な契約であることは、民法も認めています。配偶者が不倫をした場合、不倫相手に慰謝料を請求できるのは、結婚が「配偶者としか、セックスしてはいけない」ことを定めているからです。

 

「男性は性的メリットを優先する」「男性の判断には性的メリットが絡む」

 

この2つの特性を、男性のアレにちなんで私が“ちんころじ~”と名付けました。彼が何を考えているかわからないとお悩みの諸姉はぜひマスターされることをお勧めします。

 

不倫略奪向きのオンナもいる

話を“勝つ不倫”に戻しましょう。今一番、略奪婚に近いのは、「5時に夢中!」(TOKYO MX)の元アシスタント・内藤聡子(以下、ミス・ナイトウ)と、元F1レーサー・佐藤琢磨でしょう。「週刊新潮」(新潮社)が同棲中の二人の7年に及ぶ不倫を報じた時、いろいろな意味で合点がいったのでした。

 

佐藤は2000年に一般人女性と結婚し、二子を儲けていますが、2010年にラジオの番組でミス・ナイトウと知り合い、不倫関係に。2012年には夫人が二人の不倫関係を知ることになり、代理人を通して話し合いをしているそうですが、離婚には至っていません。

 

ミス・ナイトウは、上述した二つの条件を満たしています。

まず①.「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演していたミス・ナイトウは、表向き“結婚できないキャラ”で売っていましたが、プライドの高さと気の強さがダダモレしていて、この人はなぜこんなに強気なのだろうかとかねがね不思議に思っていたのです。

 

アシスタントというのは、一般的にはコメンテーターを立てるものです。が、ミス・ナイトウは同じく独身で、株式トレーダー・若林史江に対する当たりが強かった。「男性に対してあの態度はない」「家が汚くて、コバエが沸いている」といったダメ出しに、マツコ・デラックスが「アンタも人のこと言ってる場合じゃないのよ」と何度か言っていましたっけ。

 

もともと気が強いのか、インディカー・レースでアジア人として初の優勝を果たした彼氏のおかげで強気になっているのかは不明ですが、これくらいの気の強さがなければ、略奪は無理です。(逆に言うと、ここまでの強気は、独身男性との婚活ではマイナスです)

 

次に②.ミス・ナイトウは元モデル、ミス熱海、ミス八芳園、フリーアナウンサーという経歴ですから、性的魅力はばっちりです。

 

優柔不断オトコには、計画的略奪で対処せよ

通常、ポイ捨て軍団は売れるとすぐに妻をポイするものですが、ここのカップルがそうはいかないのは、佐藤琢磨の優柔不断が関係しているようです。「週刊新潮」の取材に対し、佐藤は「正直な話、非常に悩んでいます」とコメントしています。7年不倫したあげく、こんなことを言われたら、てめぇこの野郎と胸倉つかんでやりたいところですが、ミス・ナイトウはそんなヤワではない。

 

ミス・ナイトウは2016年に「5時に夢中!」を卒業し、事務所も退社、ハワイに留学しています。いつのまにか日本に帰国し、その後は芸能活動もしていない。おかしいなぁと思っていたのですが、「週刊新潮」の報道で合点がいったのです。

 

ミス・ナイトウは「週刊新潮」にタレこんで不倫を公にすることで、離婚を早めようと思っているのでしょう。もし「5時に夢中!」などテレビに出ている時に不倫が露見すると、周囲に迷惑をかける。だから、仕事も事務所も辞めて身辺整理したのだと私は勝手に推測しています。ちなみに、週刊誌に持ち込まれる有名人の不倫や熱愛ネタは、ほぼ100%周辺人物のタレコミによるものだそうです。

 

代理人を立てておきながら、佐藤の離婚話が進まないのは、財産分与など金銭の部分が片付いていないこともあるのでしょう。ミス・ナイトウ、好きな男を金で買ったと思って、全財産を向こうに渡すぐらいの気概が必要なのかもしれません。

 

ミソギを済ませた山尾志桜里が仕掛ける「負けない不倫」とは

小池百合子、破れなかった天井とは

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ミソギを済ませた山尾志桜里が仕掛ける「負けない不倫」とは

突然ですが、みなさまは座右の銘をお持ちでしょうか?私は「勝てば官軍、負ければ賊軍」という言葉が好きです。仕事ができるわけでもないのに、上司ウケが良くて出世する人…

小池百合子、破れなかった天井とは【新・オンナの生きざま♯1】

OTONASALONE読者の皆さま、はじめまして。ライターの仁科友里と申します。ある時は芸能人の自意識を深読みするコラムを書き、ある時は婚活のハウツー本を書くことを生業と…

40歳は「ダブル成人式」。本当の成人、W成人とは by編集長アサミ

「成人とは何歳からか?」、成人の日がくるたびに思い出すOTONA SALONE編集長の浅見です。というのは、中学3年生の国語の授業で、まさにこのタイトルで作文を書いたため。…

40代おひとりさまが「意外に面倒に思っている」おつきあいのことって?

「おひとりさま同士で集まると、なんか虚しい話題ばかりになっちゃうことがあるんだよね〜」と友人がポツリ。おひとりさま同士なら、さぞかし気兼ねなく話せて盛り上がるか…

お会計は別々?ゴルフって意外に「自由」、今すぐ始めるべき5つの理由

ゴルフって「自由!」なんです。ラウンドをしたことがないゴルファー未満の方々も納得できるよう、ラウンドの1日と流れについて解説します。たとえ初対面同士が同じ組とな…

小島慶子、政治家待望論。元女子アナが日本のサッチャーになる日

ハリウッドの有名映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインから仕事と引き換えに性的な関係を強要されたと一人の女優が名乗りを上げ、他の被害者たちにむけてSNSでme tooと声を上げることを提案。余波は日本…

三田寛子、トップオブ梨園妻の地位を不動にする「好感度自慢3ヵ条」とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があげられると思います。やれ一人で焼肉食べに…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害に悩む45歳の芸術家。画商と不倫しているが…

篠原涼子が不倫ささやかれても「民衆の敵」にならないワケ

女性の芸能人として、最強の資質。それは、天然ボケやおバカキャラではないでしょうか。天然やおバカウリができる芸能人は、知識はないかもしれませんが、自分に何が求められているかがわかる勘の良さと、勝負強さを…

中谷美紀「ケイゾク不倫」を終わらせ略奪スルーで拓いた大女優への道

「勝てば官軍、負ければ賊軍」というルールで考えると、“勝つ不倫”ならしてもかまわないと私は思っています。しかし、“勝つ不倫”をした人は、いわば略奪税を払い続けなくてはいけないことを忘れてはいけません。略奪…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事