40歳からのおしゃれ論 インドの代官山でショップ店員に教わった。

みなさまこんにちは。

先月に続き、今月もインドに行ってきたいいあいです。自分でも2ヶ月連続でインドに行くとは驚きですが、インドのお隣ネパールで友人の結婚式があり、帰りにインドのデリーに寄ったのです。今、ネパールって日本への直行便がないこともあり、日本に帰るにはどこかを経由しなければならないのですよね。それで。先月も今月もインドに行って思うに、どうやら私、インドが好きですよ! 行く前から憧れを募らせていたので、当然と言えば当然なのですが、行って大嫌いになっちゃうパターンも多いのがインド。私はやっぱり好き、やっぱり面白い! という気持ちが増しました(こりゃまた行くなー)。

 

「40歳からのおしゃれ論」連載中で着道楽のわたくしたるもの、どの国へ行っても自然と女性のファッションに目が向きます。インドでは、洋装の人もインド式ファッションの人も、ストールなどの布モノを、とても自然におしゃれに取り入れているのが素敵。
そんな中、布好きの私がつい目で追いかけてしまうのが「ドゥパタ」です。

ドゥパタ。お店で実際に手に取ると、これがかなり大きい。大きいから布の迫力が増し、かっこいい。私が桐島かれんなら余裕の半眼で肩からゾロッとかけて闊歩するところですが、いかんせん各サイズが違いすぎる。でもインド人女性はどんなスタイルの人でも上手に纏っているのだよなあ。掛けたり、流したり、被ったり。日本人の私、着物の上に纏うのも良いだろうけれど、着物はもう浴衣しか着ないしな。あ、店員さんに聞いてみよう。ここはインドの代官山との呼び声も高いおしゃれエリア、ハウスカス。店は高級インドブランドセレクトショップ「OGAAN」だ。素敵な着こなしを教えてくれるに違いない。

 




うっとり。いい布のたっぷりとした落ち感と、動くたびにきらめく縫いとめられたビジュー。それに包まれるわたくし。5秒くらいうっとりしたけれども。ドゥパタの端っこを「持て」と。え、持つの?「そうよ」と。私、ほぼ毎日セブンイレブンにスキャンとコピーしに出かけるんだけど、これで片手ふさがるとスキャンしにくいなあ。その帰りにいなげやで魚とかも買いにくいなあ。実際トイレとかどうしますの? そんな思いが勝ってしまい今回は購入に至らず。フォーマル色の強いものだとは思うけれど、いくらフォーマルと言っても私は自分で電車乗って行く。パスモとか、つり革とかどうしますの。タクシーでも支払いでガチャつきそうだしなあ。うーん、イラストレーターがお抱え運転手を雇えるようになるには、どうすればいいんだっけ。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40歳からのおしゃれ論「やたら布の袋をたくさん持っている私たち」【新連載】

こんにちは! 女性ファッション誌やコスメ誌などでイラストを描いているイラストレーターのいいあいです。これから隔週で、おしゃれにまつわるあれやこれやをイラストエッ…

40歳からのおしゃれ論 あんなにヒールを履いていた私がヒールを履かなくなった理由

ハイヒール。履かなくなりました。私の中では完全に過去のものになりました。でも10代後半から30代前半まで、かなりの頻度でハイヒールを履いていました。そんな私がヒール…

40歳からのおしゃれ論「気持ちよくなきゃ、私もう無理なんです」

どうですか、皆様。気持ちよくなきゃ、もう無理じゃないですか? 私は無理です。30代後半から特に。いくらかっこよくても素敵でも、気持ちよくないと、絶対に無理です。な…

40歳からのおしゃれ論「今まで気にならなかった真珠が急に気になる私たち」

これはですね、言っておきますけれども、本当の話です。 女は40の声を聞く頃に突如、本物の真珠が欲しくなるのです。 なぜでしょう? これも最初に言っておきますけれども…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね…

40歳からのおしゃれ論。布好きイラストレーターいいあいが手仕事の聖地インドへ赴いた

みなさまこんにちは。突然ですが、好きな人ができたら、なるべくその人の近くにいたいですよね。その人のことならなんでも知りたいし、なんなら触れてもみたい。そんな想い…

【40代のプチ移住】小田原に移住してよかったこと6つ、困ったこと4つ

思うところあって、小田原プチ移住を決めた私。その後どうしたかと言いますと、無事に引越し完了いたしました。現在、引越しを済ませて一ヶ月弱、まだ20日ほどですが、ゆるやかに小田原ライフが始まっています。この…

【40代のプチ移住】どうしても、部屋にこれを置きたくて。私が移住するもう一つの想い

東京から小田原にプチ移住を決めた私。「自然の近くで、暮らしたい」という気持ちの他にもう一つ、鍵となる想いがありました。それは、大きなダニングテーブルへの憧れ。今も家にダイニングテーブルがないわけではな…

40代イラストレーター、突然都心から「小田原プチ移住」を決めた!その経緯とは

前回、三重県からの旅帰りに、寝る前に布団の中でスーモのアプリをダウンロードした私。この夏、箱根で絵の個展をしたことでよく訪れるようになった「小田原」という土地が、目の前に猛然と立ち上ってきたのでした。…

「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

みなさんこんにちは!少しご無沙汰しておりました。いいあいです。私、この夏に箱根の宮ノ下にあるNaraya Cafeさん(足湯で有名な!)のギャラリーで、1ヶ月間イラストの個展をしていました。テーマは「箱根」で個展…

エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。…

オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。ところでみなさん。スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことは…

私の顔をぱーっと明るくしてくれた「神の美白3品」は…そこそこ美白してきた40代

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やって…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

注目の記事

FASHIONに関する最新記事