【40代のプチ移住】どうしても、部屋にこれを置きたくて。私が移住するもう一つの想い

東京から小田原にプチ移住を決めた私。「自然の近くで、暮らしたい」という気持ちの他にもう一つ、鍵となる想いがありました。

それは、大きなダニングテーブルへの憧れ。

今も家にダイニングテーブルがないわけではないんです。二人用の小さなダイニングテーブルが、狭いキッチンにちんまりとセッティングしてあります。ただこれが、別室に行くたびドアを引くとゴンと椅子にぶつかったり、急いでいる時にテーブルの角で太ももを強打したりと、まあ狭いだけにだいぶ無理がある設定なんです。

この、狭い都市部の住宅事情を逆手に取った、快適な上にオシャレでコンパクトな生活というがあるとは聞いています。実際ここより狭い部屋でそんな風に暮らしてる友人もいる。知ってます。知ってはいるけど、私にはその設計と運営を上手にする能力がなかった。

結局このダイニングテーブルのある場所が狭すぎて、いつもリビングのローテーブルにご飯を運び食べている私。私の脳内イメージにある「大人の生活」ってこんな感じじゃないんだよな~、おかしいなあ〜と思いつつ。

20年以上仕事もしてるし41歳だし大人なはずなんだけど、生活の場に大人感がない。私、大人の落ち着きより、自由さや面白さを求めて生きてきちゃったところがある。大量の石とか虎のラグとか馬のラグとか。いいでしょう。好きなんでしょう。楽しいんでしょう。だけども、もう少し、場を整えてからそういう遊びの要素は入れて行きませんか、と自分を俯瞰で見てアドバイス。そうすれば、遊びの部分もより生きてくるんじゃないですか(恐れ入ります。自分に言っております)。

以前物理的に、あふれる衣類に背中を押され衣類用のチェストを探していました。そこは普通に収納力のあるチェストを買えばいいものを、なぜか子供用衣類チェストを買う私。大人用を3割くらいぎゅっと縮めたような、サイズ感のかわいさにやられて。小さい引き出しがたくさんついているのがかわいいし、子供用を使うというアイディアが、面白い! って。

かわいかったけど、当然そこに収まる服の量ではないし、身長にあってないから使いにくいし、部屋は荒れる一方だった。バカだなあ。今、ご飯食べてるローテーブルも、ちゃぶ台だったらシンプルで使いやすいのでしょうが、なぜかそれは入れ子式で3つが一つになるというアンティーク。なんでこれを買ったかって、やっぱりかわいくて面白かったから。ふふ。バカなんです。

今まではかわいさや面白さに抗えなかったけど、これから、家具はちゃんとした大人が基本アイテムとして持っていそうなやつを買おう。大きなダイニングテーブル。これはちゃんとした大人が、基本アイテムとして持ってるやつだよ。うん。人様のお家に行ったら大抵あれが真ん中にあるじゃないか。かくして大きなダイニングテーブルは、私の中で大人の生活の象徴となったのです。そして大きなダイニングテーブルを生活に導入するには、物理的に今より広い部屋が必要でした。

そう「自然の近くで、暮らしたい」という気持ちと「大人の生活への憧れ」が、私に小田原賃貸物件の契約書にサインをさせたのです。小田原だったら今より安い家賃で広い部屋に住めるわけなので、どちらも叶うはず。はず!

待ってて、大人の生活。引越しは今月。

ちなみに、憧れは大きな一枚板のダイニングテーブルです。

 

 

【40代のプチ移住】

#1 「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

#2 都心から小田原へのプチ移住。その決め手になった理由とは

#3 どうしても、部屋にこれを置きたくて。私が移住するもう一つの想い

 

【もっと読むなら】

40歳からのおしゃれ論

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

パクチーピーナッツ?豆花?「寧夏夜市」食べ歩きの目玉は…

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

【40代のプチ移住】小田原に移住してよかったこと6つ、困ったこと4つ

思うところあって、小田原プチ移住を決めた私。その後どうしたかと言いますと、無事に引越し完了いたしました。現在、引越しを済ませて一ヶ月弱、まだ20日ほどですが、ゆるやかに小田原ライフが始まっています。この…

40代イラストレーター、突然都心から「小田原プチ移住」を決めた!その経緯とは

前回、三重県からの旅帰りに、寝る前に布団の中でスーモのアプリをダウンロードした私。この夏、箱根で絵の個展をしたことでよく訪れるようになった「小田原」という土地が、目の前に猛然と立ち上ってきたのでした。…

「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

みなさんこんにちは!少しご無沙汰しておりました。いいあいです。私、この夏に箱根の宮ノ下にあるNaraya Cafeさん(足湯で有名な!)のギャラリーで、1ヶ月間イラストの個展をしていました。テーマは「箱根」で個展…

エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。…

オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。ところでみなさん。スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことは…

私の顔をぱーっと明るくしてくれた「神の美白3品」は…そこそこ美白してきた40代

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やって…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事