【40代のプチ移住】小田原に移住してよかったこと6つ、困ったこと4つ

思うところあって小田原プチ移住を決めた私。

その後どうしたかと言いますと、無事に引越し完了いたしました。現在、引越しを済ませて一ヶ月弱、まだ20日ほどですが、ゆるやかに小田原ライフが始まっています。

この段階で良かったなと思えることをいくつかあげてみますね。

移住してよかったこと6つ

1、家が広くなったので気分がゆったりした(都内より家賃が下がったのに2DKが3LDKに)

2、毎日、海から登る朝日と、箱根に沈む夕日を拝める

3、野菜と花が新鮮で安い

4、人が遊びに来たら、地の物を振る舞える

5、毎日、駅弁が買える

6、駅前からいろんなホテルの送迎バスが出ている

ざっとこんな感じでしょうか。

4は、県外から人が遊びに来た時に実感しました。小田原って結構おいしいみかん作っているんだよなどと言ってみかんを出したり、地物のお魚の刺身やかまぼこを出したり。先日はお味噌汁に小田原城を入れました。小田原に住んで20日の私が小田原を紹介するのもなんですが、自分も楽しみながらやっています。

小田原城の正体は「小田原種秀」さんの最中の皮。アンコなしのこれだけで売っている。皮は米粉でできているため溶けると少しむちっともちっとして美味しい。

 

5の駅弁。これは小田原が新幹線も止まる駅なので、駅構内のいたるところで各種駅弁が毎日ひしめいているため。ここではなんと、毎日が素で駅弁祭り状態なのであった。私の中に「仕事で忙しくご飯作る気力なし→コンビニのお弁当」というチョイスに「駅弁もあるけど? 」という選択肢が加わりました。

6の送迎バス。さすが新幹線の止まる駅。そして箱根への起点駅。シングルで免許のない私はこの送迎バスというものが大変助かる。先日は、当日思い立ちヒルトン小田原の無料送迎バスに乗っかり、ヒルトンのきれいな温泉に入り、ランチビュッフェでフォアグラとローストビーフを楽しんでリフレッシュして来ました。便利!  今度はエステも受けちゃおう。

移住して困ったこと4つ

さて次に。これも大切。困ったこともあげてみましょう。

1、カメムシが異常にいる

2、玄関先に蜘蛛が巣を作って怖い

3、ええ感じの洒落たゴミ箱が欲しかったが、そういう店はない

4、スーパーが個食に弱い

目黒区では一回も見たことのなかった、きれいな黄緑のカメムシがね、マンションの廊下にびっくりするくらいいっぱいいるんですよ。彼らは動きが遅いので踏まないようにすれば良いんですが、廊下で気が抜けません。

2の蜘蛛の巣はちょっとだけ怖い。怖いからって放っておくと、当たり前ですがトンボなどを捕食して、胴体と羽を分解して食べていく様などを見せつけられてもっと怖いことがわかったので、早めに「すまん」と言いながら棒ではらうようにしました。

3に関しては、ネット注文であっという間に解消。今までは自由が丘に歩いていける場所に住んでいたので、この手の店は街にひしめいていたけど、あれはある意味特殊な環境だったことに改めて気がつきました。シャビーな味の出た、洒落たゴミ箱を右の店も左の店も売っている。この状況は、小田原にはありませんでした。

4に関しては、小田原、圧倒的に弱いことがわかりました。これは住んでみないとわからなかった。都内は一人暮らしの若者もお年寄りも多いため、スーパーではお惣菜やおひとり様用お刺身セット(量は少ないが3種類くらい入っている)などの充実ぶりが素晴らしく、個食全開の私ももちろんお世話になっていた。野菜も小さくカットして売っている。葉物野菜も、大体少量パックがある。手厚い。ところが小田原、おしなべて大家族仕様! 野菜丸ごと売り。量多い! 新鮮な美しい地物のお刺身。 量多い! うわ~美味しそうだけど食べ切れないと、今の所、眺めてはスルーしています。が、これは私の料理の腕前も関与する話なので、いずれ頑張ろうではないか。うん。

もうひとつ、移住してよかった番外は

そうそう、越してみてわかったことの番外編として「人類愛、増す」というのもありましたよ。

というのは、地元で商売をしている友人と一緒にいると「ここは○○さんのお父さんがやっている店」とか「あの人は△△さんの奥さん」「ここは□□さんの行きつけのスナック」などど教えてくれる。すると、街をゆく人々がみんな誰かの知り合いだったり誰かのお母さんだったり、ちょっと辿ればすぐ共通点があったりするのだろなと思うようになった。事実、この土地に知り合いの少ない私でさえも、道を歩いていたら、その少ない知り合いにばったり会うのである。これは東京では、まずないことで大変に新鮮。

そんなこともあり、お惣菜売り場でおばさんに尻で跳ね飛ばされてもこんな感じで、物事を点でなくちょっとワイドに感じていることに気が付いたりでした。

【40代のプチ移住】

#1 「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

#2 都心から小田原へのプチ移住。その決め手になった理由とは

#3 どうしても、部屋にこれを置きたくて。私が移住するもう一つの想い

#4 小田原に住んでみて良かったこと・意外と困ったこと

 

【もっと読むなら】

40歳からのおしゃれ論

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

パクチーピーナッツ?豆花?「寧夏夜市」食べ歩きの目玉は…

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

【40代のプチ移住】どうしても、部屋にこれを置きたくて。私が移住するもう一つの想い

東京から小田原にプチ移住を決めた私。「自然の近くで、暮らしたい」という気持ちの他にもう一つ、鍵となる想いがありました。それは、大きなダニングテーブルへの憧れ。今も家にダイニングテーブルがないわけではな…

40代イラストレーター、突然都心から「小田原プチ移住」を決めた!その経緯とは

前回、三重県からの旅帰りに、寝る前に布団の中でスーモのアプリをダウンロードした私。この夏、箱根で絵の個展をしたことでよく訪れるようになった「小田原」という土地が、目の前に猛然と立ち上ってきたのでした。…

「東京に空がない」と思ったのは、ある場所に行ってからでした。

みなさんこんにちは!少しご無沙汰しておりました。いいあいです。私、この夏に箱根の宮ノ下にあるNaraya Cafeさん(足湯で有名な!)のギャラリーで、1ヶ月間イラストの個展をしていました。テーマは「箱根」で個展…

エア○ズムより涼しい?私が灼熱の夏に手放せない服はこれ

2018年盛夏。みなさまいかがお過ごしでしょう。私は、両親共に北海道人なこともあってか、子供の頃から夏が苦手な秋冬大好き人間です。そのため今年の暑さは、なかなか強烈に感じております。恐怖すら感じています。…

オトナの女は「スられにくいバッグ」がバカンスの必需品!

バカンスシーズンが近づいてきましたね。夏休みに海外を予定されている方も多いことでしょう。ところでみなさん。スられたこと、ありますか? 海外で。スリに。幸いなことに、今のところ私はスリ被害にあったことは…

私の顔をぱーっと明るくしてくれた「神の美白3品」は…そこそこ美白してきた40代

私の肌は、日本人の中では色が白い方です。よってシミが目立つ!30代後半から加速度的に、しみそばかす的なものが頬骨の高いところに点々と出現。スキンケア的なことはあまり真面目にやらないけれど、私が唯一やって…

40歳からのおしゃれ論 旅先で2万歩ける私の靴はこれ2選

ヒールというのものを履かなくなってから、すっかりコンフォートな靴の愛用者である私。旅ともなればその傾向は一層強くなります。そろそろ夏の旅を計画している方も多いかもしれないので、今回はオススメの旅靴につ…

女41歳、盆栽始めました。聖地・大宮盆栽町と盆栽博物館へ

今年に入ってから足繁く、私はさいたま市大宮のちょっと先まで通っている。なぜなら、そこに盆栽町があるからだ!昔から盆栽に興味はあったけれど、毎日の水やりや剪定を考えると、旅好きで家を空けがちな私には無理…

女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。み…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事