「若いころからかけっぱなしの保険」が気になっている40代はここを見直す

40代女性のマネー相談で多い質問のひとつが「加入している保険はこのままでいいのか」ということです。ずいぶん前に加入した保険は、マネー相談をきっかけに保険の内容が気になるようです。今回は若いうちに加入した保険をはじめ、自動車保険、旅行保険などの気になる保険についてお伝えしていきます。

 

■「20代で加入した保険」のうち見直しが必要なのは

「入社してすぐ加入した保険は、20年以上見直したことがない」という方は少なくありません。マネー相談に来るのをきっかけに久しぶりに保険証券を見てみたものの、加入したままでいいのかというご相談は多いです。

 

個人年金や養老保険や終身保険など貯蓄性のある保険については、続けてくださいとお答えすることがほとんどです。なぜなら、20年以上前に加入した保険であれば予定利率が4%以上の商品が多いのです。予定利率とは契約者に約束する運用利回りです。今ではそんな予定利率が高い保険はなく、無意識に「お宝保険」に加入しているというわけです。

 

ただし、医療保険については見直しが必要な場合もあります。入院日数の減少とともに、今は日帰り入院から保障される医療保険が主流になっていますが、20年以上前に加入した医療保険であれば、入院5日目から保障されるケースも少なくありません。

 

また、先進治療を受けると支払わられる「先進医療特約」についても付加されていません。医療保険は年齢が若い時に加入するほど保険料は安いので、保障内容、保険料などトータル的にみて見直しを検討します。

 

■医療保険を見直したA子さん45歳の事例

A子さんが加入している医療保険は、入院5日から保障となる上に定期保険に特約として付加されている10年ごとの更新タイプで保険料が更新の度に上がるタイプのものでした。次に更新すると保険料が加入した際の2倍近くあがり、さらに50代、60代で更新するごとに保険料が上がっていく内容でした。

 

A子さんは定期保険(死亡保険金が支払われる掛け捨ての保険)に入社時、勧められるがまま加入したけれど、死亡保険金を残したい家族はいないとのことなので、解約して保険料が生涯変わらない医療保険に加入し直しました。40歳を過ぎた頃から、健康診断で子宮筋腫など女性疾患が見つかる友人が増えてきて、健康なうちに医療保険を見直した方がいいのではと気になっていたので良いタイミングでした。

 

■その他の気になる保険

自動車保険の見直しもオススメです。CMでよく見かけるダイレクト型自動車保険は、保険料は安いことで知られていますが、万が一事故に合った場合に不安だという方もいます。しかしながら、保険料が安くても事故対応などサポート体制は安心ですし、コールセンターに補償の内容についても相談できます。

 

自動車保険は保険会社によって保険料は異なりますので、何社か見積もりをとって比較してみるといいでしょう。また、海外旅行に行く度に空港で旅行保険に加入している方はクレジットカードに自動付帯されている場合もあるので、持っているクレジットカードを確認してみるといいでしょう。また、これからクレジットカードの作りたいと考えているのであれば、自動付帯の旅行保険が手厚いクレジットカードも検討してみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ

保険の見直しの相談では、年収からみた保険料の適正金額を聞かれることがあります。保険に加入した目的は人それぞれであり、貯蓄など金銭的な余裕があるのか、加入している社会保障制度や勤務先の福利厚生制度などにもよるので一概に収入の何%であればとは言い難いです。保険は長期に及んで支払いが続きますので無理なく支払い続けられる保険料なのかどうかは検討する必要があります。

 

FPCafe登録パートナー 今関倫子

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

【節約】おひとり様だからこそできる!ストレスフリーな「節約術」

厚生労働省によると平成29年(2017年)の女性の平均寿命は87.26歳となっており、平均寿命は年々のびていっています。40代にさしかかると老後の長い生活に少しずつ夢や不安をいだくようになってくるのではないでしょ…

【◯◯しないだけでOK!】貯蓄できる人が「やらない」5つの習慣

貯蓄ができる人と貯蓄ができない人では、日々の習慣にも違いがあります。貯蓄が思うようにできないという人は、自分の行動を振り返ってみませんか。今回は、貯蓄できる人はやらない5つの習慣をご紹介します。安い時…

【ラクにお金がたまる!】お金をためられる人がやっていること5選

お金を貯められない人が急に貯めようとすると、節約するために極端にお金を使わなくなったり、無理のある貯蓄目標額を設定したりするため、半年もたたずにギブアップしてしまうという人は少なくありません。お金を貯…

【40代の平均】老後?旅行?リアル40代は「何のために、いくら貯蓄をしている」?

友人や同僚と仕事や恋愛の相談はするけれど、具体的に聞きづらいのがお金の話。これまで、何となく将来に備えて貯蓄はしてきたという人も少なくないでしょう。ところでみんな何のために貯蓄をしているのか気になりま…

お金にも4つのパーソナルタイプがある?言われてみれば当たり前な「私がたまらない原因」

貯蓄がなくて不安、お金を貯めた方がいいとわかっていながら、お金が貯められないという人は少なくないでしょう。お金を貯めたい気持ちはあるのに貯められないのはどうしでしょう。そこには、心理的な要素がひそんで…

わからない!年収400万、ごくごく初歩の「投資」の前に知っておきたいことは

投資に興味はあるものの、「リスクが不安」、「難しそう」、「投資するほどの大金もない」など、なかなか投資に踏み出せない人は少なくありません。実は投資の基本を知ることで、こういった不安は軽減されるのです。…

春からはじめる!お金が貯まる3つの「生活改善」って?

年明けから早4ヶ月弱たち、気が付けば1年の1/3が過ぎ去ろうとしています。今年こそ、お金を貯める!と決意していたのに、計画通り貯蓄ができてない人も少なくないでしょう。今回は、なかなか貯められない人の原因…

【お得】断捨離で「捨てる」人は待った!さらにガッチリ「換金する」方法3選

貸物件の更新、マイホーム購入、転勤など引越しが決まったら、断捨離のチャンスです。これまで何年も使ってないから捨てたいけど、勿体なくって捨てられない衣類やバッグや靴などクローゼットにありますよね。今回は…

それじゃお金は貯まらない!財布の中に入っていたらNGなもの4つ

お金がなかなか貯まらないなら家計を見直すことは大切ですが、同時に「財布」の中身も見直してみませんか。「財布」にはお金、キャッシュカード、クレジットカードなど大切なものを入れているにも関わらず、意外と「…

私の常識は世間の非常識…?「節約」のつもりで「ドケチ」扱いの恐怖

お付き合いや結婚するなら「ケチな男性」は絶対にイヤ!とケチに対してはイメージが悪いでものですが、将来に向けて「きちんと節約している男性」なら信頼できると好感が持てるものです。この「ケチ」と「節約」の境…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事