明日はぜひ七草粥を食べて!お正月明け太り「お粥リセット」の始め方

1月7日は人日(じんじつ)の節句。七夕、端午などと並ぶ五節句の一つで、旧暦1月7日に祝います。この日に食べるのが七草粥。大正15年刊行の『御伽草子(有朋堂書店版)』の中の短編「七草草子」を読むと、当時は「もろこしの長安の習慣」と伝わっていたことがわかります。1月6日の夕方から7つの草を集めて服すると70歳若返り、8000歳まで長生きする、という伝承です。

こうした季節の節句料理には、必ず食べ継がれてきた背景があります。七草粥は、この時期乏しくなる若芽を食べることで厳しい寒さを乗り切り、また正月に食べ疲れした胃腸をいたわることが理由でしょう。

つまり、明日7日の朝は1年のうちでいちばんお粥ダイエットを始めやすい日。では、どう始めればいいのでしょうか?

 

正月太りが長引く理由…

 

正月休みが明けても体重が戻りにくいのは、1月は仕事はじめで新年会や新年のごあいさつなど、12月に引き続き人と会うことで食べる機会も多いから。また、仕事はじめということで、普段の月よりも仕事へ取り組む姿勢や気持ちが異なりますよね。そういった気遣いから疲労やストレスもたまりやすく、普段よりも食べ過ぎてしまうこともあるわけです。ですが、明らかに食べ過ぎてしまった分、リセットをかけやすいとも言えます。

 

「おかゆ」は空腹感の調整に役立つ

手強い正月太りですが、普段の食事や食べるものを気を付ければリセットはできますよ。単純に食べ過ぎ、飲み過ぎの場合は、食事の量を減らす、消化の良いものを食べるなどのプチ断食でリセットしましょう。よく働いた自分の臓器も休める時間が必要です。

ということで、1月7日の七草粥はおすすめです。七草粥は、日本人の習慣に合わせたベストタイミングですね。もともと魔除け・豊作祈願・無病息災祈願が込められた医食同源の健康食で、その時代や地域によって種類や数が異なるようです。

病院食や体調不良で食欲がない時もおかゆを食べて栄養をとりますよね。シンプルなおかゆに7つ(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)の草、スーパーハーブを入れたら栄養価も倍増です。

 

七草を用意できなくても、消化のよいおかゆは低カロリーですし、胃腸にやさしい食べ物なので普通のおかゆでもOK。温かい食べ物は体も温まりますし、基礎代謝を底上げしてくれます。梅干や漬物、ゆず、昆布などと一緒なら美味しくいただけます。

 

 

「おかゆ」ダイエットのおすすめなやり方

 

おかゆダイエットの狙いは食べ過ぎて疲れた胃腸を休めることと、食事の量を調整して胃腸の中をできるだけ空っぽにすることにあります。それを考えれば、1日1食でもOK。その場合、夕食をおかゆにするのがおすすめです。おかゆはお米ですが水分を多く含んでおり、少量でお腹いっぱいになります。だからといっておかゆの食べ過ぎは、おかゆダイエットの意味がなくなりますので、注意してください。目安はいつもの量の半分、茶碗約1/2杯分程度でつくります。消化も早いので、胃腸の負担を軽くしててくれますよ。

 

食べ過ぎに「おかゆ」を食べたいメリット6つ
正月太り解消におすすめな「おかゆダイエット」のメリットをまとめました。

①少量でも満腹感を得られる
②消化しやすく、胃腸にやさしい
③寒い日、冷えた体を温めてくれる
④代謝が落ちやすい冬に基礎代謝を底上げしてくれる
⑤おかゆのアレンジメニューが豊富で飽きない
⑥調理法が時短(手軽に、手早くつくれる)

 

ぜひ、食べ過ぎたときはおかゆで一度リセットする日をつくってみてください。おかゆダイエットは正月太りでダイエットしたい人におすすめです。七草粥をきっかけに、おかゆで胃腸をリセットしましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ワインを飲むと太る?その原因は○○にあった!

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

料理本に革命!?料理中のイライラが解消できる、画期的レシピとは

料理本はおいしい料理がひと目で見つかり作りやすいレシピがいっぱい。でも、いざ作ろうとすると、ギュウギュウとページを押し開かないと本がすぐに閉じてしまったり、調理…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

ダイエットに成功する美人の、忙しい日のおかず丼&太らない夜食ごはんって?

健康的に栄養バランスをとりたいなら、なんといっても和食。栄養バランスにすぐれ、摂取したあとの脂質代謝や糖代謝に優れ、血糖値の上昇も穏やか、太りにくいのが大きな特…

同じ野菜でもスープと味噌汁、ダイエット中に食べるならどっち?

こんにちは! ダイエット中、何気なく選んでいる食事。実は砂糖がたっぷり使われていたり、塩分取りすぎだったりするかもしれません。そこで今回、スーパーやコンビニなど…

20時以降でもOKなヘルシーおやつ!40代女性のための目分量レシピ

おやつはいつでも食べたいけれど、やっぱり40代はカロリーも気になります。ならばいっそ、低糖質&低カロリーおやつをぱぱっと作ってみましょう!もちろん(?)OTONA SALO…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌の…

ドクターも25kg減!「肉」でやせるキレイになる方法とは?

「今年こそやせたい」「今年こそキレイになりたい」。新しい年を迎えて、そう決意をした人も多いのではないでしょうか。やせたい、キレイになりたいと思う女性にいま一番オ…

簡単おいしい!たっぷり食べる美腸スープで「努力しない」ダイエット

「やせる」ことは過程であり、決して人生の目的ではありません。目指すべきは身体と心が健康で満ち足りた状態の自分。美肌キープ、アンチエイジング、ウェイトコントロール…

レンチンして冷蔵庫に入れるだけ!深夜も罪悪感ゼロの「もやしレモン」4レシピ

レモンといえばソーダやムースなど夏の食べ物という印象ですが、じつは国産レモンの旬は11月から2月ごろの秋冬。輸入品が1年中スーパーに並んでいるので気づきにくいですが…

梅雨時期の時短ヘアに!剛毛多毛もOKの「便利アクセ&まとめ髪テク」【特集オトナの髪悩み】

雨時期や寝坊した時のまとめ髪は楽チン。とくに梅雨時期はヘアセットしても崩れてしまう…という悩みも出てきますよね。そんな時はやっぱりまとめ髪がおすすめ! 首回りもスッキリしますし、ジメッとした気分も吹き…

むくみを解消し、スッキリ美脚をつくるツボ押しマッサージ。同時にヒップアップも!

本格的に薄着になる前に、見た目をスッキリさせたい! そろそろ焦り始める時季ではないでしょうか。ダイエットやシャイプアップは6月が勝負です。夏まであと1ヶ月しかない! でも運動はしんどい…という女性に今…

エステティシャン直伝「私が施術しているスッキリ小顔マッサージ」

小顔になる方法といえば何が思い浮かびますか? フェイシャルエステや美顔器によるマッサージなどをイメージする人が多いのではないでしょうか。方法によってはセルフケアでも小顔に近づける方法もあります。今回は…

運動が苦手な40代はマッサージで「お腹やせ」。頑固な便秘も解消!

お腹の調子を整えて便秘解消する方法には、ヨーグルトや食物繊維などが含まれた食べ物を摂取する方法がありますが、腸に刺激を与えるマッサージでも便秘解消が期待できます。やり方によってはお腹のシェイプアップに…

【アマゾンで買える】セラピストがおススメする目的別ボディオイル5選

肌の保湿やマッサージに使える「ボディオイル」って、ボディクリームと何が違うんだろう? いろいろあってどうやって選べばいいんだろう? どこで買えるの? など迷ってしまうことありますよね。今回は、オイルの…

40代で急に気になる「手のシミ・シワ」どうすれば?セラピストのケア9連発

年齢とともに増えてくる手のシワ・シミ。手のシワは年齢が最も現れる部分だと言われています。40代、50代の男性も意外と手・脚といったパーツを見ていることが多いのが現実。手が荒れていたり、シワ・シミがあると年…

40代が「きれいにやせる」7つの生活習慣

体が衰えていくと体に蓄積していくものがあります。それは「体脂肪」です。更年期の症状が気になる40代では、脂肪だけでなく、疲労も溜まり不調だと感じる日も多くなっていきます。疲労を溜め込むと見た目の印象にも…

そのむくみが取れない原因は間違いケアにあり!脚むくみ対策QA

1日中デスクワークの人も立ち仕事の人も、夕方になると脚がだるくて重い、むくんでパンパン。といった症状に悩んだことがあるのでは? 美脚を目指して脚のむくみ対策に日々のセルフケアを徹底している人もいますよ…

40代がダイエットを成功させるコツは?食事・運動とこの3つ

「自分の気持ちをセーブできなくてイヤ!」「情緒不安定で仕事に支障が……」。40代の大人の女性でも身内や職場、プライベートなど、悩みが多くなると感情をコントロールすることができず、気持ちの浮き沈みが生じるこ…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がおすすめです。まずは温めてセルライト対策を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事