精製水とワセリンは神コスメ?ダメ肌ライターのクレンジング記

体を張ったダイエット連載で人気の藤井環さんから、「いやあ、クレンジング、アレですね、意外なスキンケアの盲点ですよ!私の乾燥肌って原因コレでしたよ、たぶん」というメールが入りました。

「でも、意外なアイテムで対策できたんです…」

というわけで、彼女が肌を立て直したという、2アイテムでのケアのドキュメンタリーです。

 

普段はノーメイクの私ですが

どうもー。ライティングダイエッターの藤井です。

 

ダイエットを超不真面目にやってたのに、血液検査で「ダメ・やめて・危険」サインが出たらしく、主治医A’先生から一時停止命令がきちゃったよ☆まったくやせてないよー、真顔でてへぺろ。

 

■藤井さんの最近のダイエット記事は → 初の50㎏台達成、でも医師激怒。その驚きの内容とは【ダイエット戦記】

 

そんなわたくしは普段メイクをしません。30代あたりは「顔の上に顔を描く」レベルの濃さだったんで反動でしょう。なんつーかこう…飽きた?

 

現在の私は電車にすっぴんのまま平気で乗れる。友人の占い師から

 

「せめて眉毛くらい描こうよ…」

 

と言われる始末です。

 

これといってすっぴんで暮らす理由はないんですが、必要に迫られなきゃメイクはしません。だからこそわかるクレンジングの意外な盲点は「乾燥」でした。元は「顔の上に顔描く」ような人間ですし、30代の無茶なメイクとクレンジングで肌がお疲れになった経験を踏まえての話です。

 

1・どんなクレンジング剤でもまずは精製水コットンで拭く!

 

メイクなり日焼け止めを使って必要なのがクレンジング。クレンジング剤って、落とすのが面倒だと思いませんか?使い方が悪いのかしら?メイクは落ちても、肝心なクレンジング剤を落とすの時間かかりすぎる!その間に乾燥が進んでるんです、きっと。

 

そんな私はクレンジング剤でメイクを浮かせたら、精製水を含ませたコットンで軽く撫でてふき取るようになりました。これだと洗い流すタイプもささっと落とせるんです。ついでにいうと洗いすぎも防げます。洗顔料を使いすぎずに済んじゃう。

 

クレンジング剤を乾いたティッシュで押さえるより圧倒的に楽。精製水も安いし、お財布につらくならないし。

 

なお

 

「私はゴージャスに落とすわ!」

 

という方なら、アストリンゼント用の化粧水(拭き取り化粧水)を使ってください。肌を引き締めたい方もアストリンゼント用化粧水のほうがいいですよ。

 

このアストリンゼント用化粧水、かなり便利です。朝に洗顔すると乾燥してしょーがないというあなたにもおすすめ。コットンに含ませてぱぱっと拭き取ると余計な皮脂や汚れを落として、すぐ朝のスキンケアができます。水が使えないときの洗顔にもおすすめです。

 

2・口紅はワセリンで落とすべし!

今の口紅は落ちにくくにじみにくい。その分、落とすとき面倒!だからポイントメイクアップリムーバーがありますよね。しかし唇に使うとイヤーな味がしそうというお悩みもあるでしょう。

 

そこでおすすめなのは、皮膚科で軟膏の基材にも使うワセリンです。ワセリンは無味無臭ですし、皮膚や粘膜に浸透しない性質があります。保湿剤として使われる場合は乾燥を防ぐラップみたいな役割ってわけです。

 

だから口紅を落とすとき、油分だから口紅だけを溶かして浮かして簡単に落とせます。唇に力を入れないでくるくるとマッサージするようにワセリンを伸ばし、浮いて来たらティッシュに吸収させるように押さえればOK。あとはリップバームでも塗っておきましょう

 

なお唇の皮剥けがある場合はホットタオルを使ってください。すると唇を傷めずに余計な皮だけがぽろっと落ちます。

 

こういうダメージ唇のアフターケアには炎症を抑えるグリチルレチン酸や傷の修復を行うアラントイン、肌にいいビタミンのパンテノールや酢酸トコフェロールなどの成分配合の口角炎用治療薬がベスト。ドラッグストアや薬局の薬剤師さんに相談すると安心です。

 

落としきれないアイメイクを落とす秘策

 

「顔の上に顔を描く」時代からメイクで欠かせないのはマスカラです。いやー、究極の地味顔なのと無精なので、エクステやまつげパーマに向いてません。だから今もせっせとマスカラを使っています。

 

今のマスカラはお湯で落とせるものが多く、かなり便利です。そこに私の落とし穴がありました。簡単に落とせるよねーとか調子に乗ってお湯で落としてたのに、アイラインが落ちてなくて、結局アイメイクリムーバーを使うことになりました。

 

アイライナーを落とすための時間をかけすぎたのか、アイゾーンがぱりっぱりに乾燥し、かゆみも出て、ひどい目に合いましたよ。眼球までかゆい!ホント、アイメイクリムーバーは短時間で落とさないといけないのねー。

 

それ以降、落ち切っていなくても、短い時間で落とすようにしています。でも大丈夫。

 

その後にあるステップを加えると、デリケートなアイゾーンも乾燥させずにアイメイクを落とせる秘策があるからです。それがコットンに精製水とドライアイ向けの保湿効果がある目薬を含ませて使うワザ。乾燥もダメージもなく落とせるんですよ。

 

コットンに目薬を含ませ、そこに精製水をさらに含ませ、目元にパックのように置いてから、軽く撫でると残りのアイメイクもキレイに落ちます。目薬と精製水だから粘膜にも負担がかかりません。綿棒でゴリゴリ落とすより肌も傷めないで済みますよ。

しかし目薬は医薬品だし、副作用のリスクもあるかもしれません。あんまり頻繁にはしないほうがいいとは思いますが、緊急事態の際には肌と粘膜の負担を減らしてアイメイクを落とす方法になってくれます。ま、この方法を使わずに済むにほうがいいんですけどね!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

「その更年期症状、何歳から始まりましたか?」40代に聞くリアルな経過

一般に閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45歳から55歳は更年期に当たる人が多い時期。ただし、誰にでも必ず訪れるこの「更年期」という時期がきたからと言って、全員に「更年…

働く40代女性がリアルに愛用している「通勤バッグ」4選

働く女性には使いやすいバッグが必要です。条件はあれこれありますが、40代になってくると、A4サイズが入ることをあげる人が増えます。そこでリアルな働く40代女性に愛用している通勤バッグを調査してみました。さす…

ああ、やってしまった…!40代の「ズボラ暮らし」エピソード4選

違います、根っからズボラなわけじゃないんです。毎日忙しすぎてどうしても時短せざるを得ないんです!……いえ、わかってます、わかってます、本当はズボラなんです。でも、そこで開き直っちゃうと歯止めが効かないん…

デキるオンナのはずが、オフィスの面倒係に?40代が職場で「やってもうた」エピソード4選

毎日毎日ドラマみたいにステキなお仕事が進むわけではなく、誰でも「やらかす」ことってありますよね。「失敗した!」という内容に限らず、「やらなければよかった…」ことも多々あります。「やりすぎた」「やらかし…

40代女性は何で飯テロられてる?「深夜の禁断レシピ」選手権5選

21時以降は要注意! なんとなく眺めていたツイッターに流れてきたレシピを、はっと気づいたら作ってた……これ何キロカロリー?? なんてことありませんか? 40代女性が「テロられた」エピソードです!じんわりした…

OLは見た!弊社でまかり通る「ダメ節約」4つの事例

コスト削減!と会社で号令をかけられ、理不尽な思いをしたことはありませんか? たとえば、「お昼休みの消灯」は社員に強制的に休憩を取らせる点で労務管理として理にかなっているかもしれません。が、節電ムードは…

効果が出たダイエットは食事?運動?40代が「3kgやせたいとき」のダイエット

食事制限をすればすぐやせる、でも続かない。運動はコツコツとやせていける、でも続かない。結局ダイエットは根気と努力の問題だ、とは痛いほどわかっているのですが、失敗するとダメージが大きすぎるのが40代。食べ…

「病院に行くほどでもない体調不良」みんな正直どう治してる?【40代アンケート】

気になるけれど大丈夫な気もする曖昧な軽い体調不良ってありますよね。そんなときのセルフケアの方法を40代のみなさんに聞いてみました。するとつらくなる前に回復するための基本的な3つの回答が返ってきました。季…

40代半ばのみんなが始めた「更年期対策」は?食事、サプリ、漢方そして…

40代同士で雑談していると、30代の頃には出なかった話題が出てきませんか?代表的な言葉がまず「老眼」、たまに出るのが「老後」、そしてもう一つが「更年期」!一般的には多くの人が「更年期障害」の状態に差し掛か…

健康診断でやっちゃった!40代の恥ずかしドッキリ4選

見た目のキレイさだけじゃなく、内側の健康さも気になるのが40代。ずっと若々しくいたいし、健康もキープしたい。だから健康診断も重要になってきてしまうものです。とはいえ健康診断で「やっちゃった!」ということ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事