精製水とワセリンは神コスメ?ダメ肌ライターのクレンジング記

体を張ったダイエット連載で人気の藤井環さんから、「いやあ、クレンジング、アレですね、意外なスキンケアの盲点ですよ!私の乾燥肌って原因コレでしたよ、たぶん」というメールが入りました。

「でも、意外なアイテムで対策できたんです…」

というわけで、彼女が肌を立て直したという、2アイテムでのケアのドキュメンタリーです。

 

普段はノーメイクの私ですが

どうもー。ライティングダイエッターの藤井です。

 

ダイエットを超不真面目にやってたのに、血液検査で「ダメ・やめて・危険」サインが出たらしく、主治医A’先生から一時停止命令がきちゃったよ☆まったくやせてないよー、真顔でてへぺろ。

 

■藤井さんの最近のダイエット記事は → 初の50㎏台達成、でも医師激怒。その驚きの内容とは【ダイエット戦記】

 

そんなわたくしは普段メイクをしません。30代あたりは「顔の上に顔を描く」レベルの濃さだったんで反動でしょう。なんつーかこう…飽きた?

 

現在の私は電車にすっぴんのまま平気で乗れる。友人の占い師から

 

「せめて眉毛くらい描こうよ…」

 

と言われる始末です。

 

これといってすっぴんで暮らす理由はないんですが、必要に迫られなきゃメイクはしません。だからこそわかるクレンジングの意外な盲点は「乾燥」でした。元は「顔の上に顔描く」ような人間ですし、30代の無茶なメイクとクレンジングで肌がお疲れになった経験を踏まえての話です。

 

1・どんなクレンジング剤でもまずは精製水コットンで拭く!

 

メイクなり日焼け止めを使って必要なのがクレンジング。クレンジング剤って、落とすのが面倒だと思いませんか?使い方が悪いのかしら?メイクは落ちても、肝心なクレンジング剤を落とすの時間かかりすぎる!その間に乾燥が進んでるんです、きっと。

 

そんな私はクレンジング剤でメイクを浮かせたら、精製水を含ませたコットンで軽く撫でてふき取るようになりました。これだと洗い流すタイプもささっと落とせるんです。ついでにいうと洗いすぎも防げます。洗顔料を使いすぎずに済んじゃう。

 

クレンジング剤を乾いたティッシュで押さえるより圧倒的に楽。精製水も安いし、お財布につらくならないし。

 

なお

 

「私はゴージャスに落とすわ!」

 

という方なら、アストリンゼント用の化粧水(拭き取り化粧水)を使ってください。肌を引き締めたい方もアストリンゼント用化粧水のほうがいいですよ。

 

このアストリンゼント用化粧水、かなり便利です。朝に洗顔すると乾燥してしょーがないというあなたにもおすすめ。コットンに含ませてぱぱっと拭き取ると余計な皮脂や汚れを落として、すぐ朝のスキンケアができます。水が使えないときの洗顔にもおすすめです。

 

2・口紅はワセリンで落とすべし!

今の口紅は落ちにくくにじみにくい。その分、落とすとき面倒!だからポイントメイクアップリムーバーがありますよね。しかし唇に使うとイヤーな味がしそうというお悩みもあるでしょう。

 

そこでおすすめなのは、皮膚科で軟膏の基材にも使うワセリンです。ワセリンは無味無臭ですし、皮膚や粘膜に浸透しない性質があります。保湿剤として使われる場合は乾燥を防ぐラップみたいな役割ってわけです。

 

だから口紅を落とすとき、油分だから口紅だけを溶かして浮かして簡単に落とせます。唇に力を入れないでくるくるとマッサージするようにワセリンを伸ばし、浮いて来たらティッシュに吸収させるように押さえればOK。あとはリップバームでも塗っておきましょう

 

なお唇の皮剥けがある場合はホットタオルを使ってください。すると唇を傷めずに余計な皮だけがぽろっと落ちます。

 

こういうダメージ唇のアフターケアには炎症を抑えるグリチルレチン酸や傷の修復を行うアラントイン、肌にいいビタミンのパンテノールや酢酸トコフェロールなどの成分配合の口角炎用治療薬がベスト。ドラッグストアや薬局の薬剤師さんに相談すると安心です。

 

落としきれないアイメイクを落とす秘策

 

「顔の上に顔を描く」時代からメイクで欠かせないのはマスカラです。いやー、究極の地味顔なのと無精なので、エクステやまつげパーマに向いてません。だから今もせっせとマスカラを使っています。

 

今のマスカラはお湯で落とせるものが多く、かなり便利です。そこに私の落とし穴がありました。簡単に落とせるよねーとか調子に乗ってお湯で落としてたのに、アイラインが落ちてなくて、結局アイメイクリムーバーを使うことになりました。

 

アイライナーを落とすための時間をかけすぎたのか、アイゾーンがぱりっぱりに乾燥し、かゆみも出て、ひどい目に合いましたよ。眼球までかゆい!ホント、アイメイクリムーバーは短時間で落とさないといけないのねー。

 

それ以降、落ち切っていなくても、短い時間で落とすようにしています。でも大丈夫。

 

その後にあるステップを加えると、デリケートなアイゾーンも乾燥させずにアイメイクを落とせる秘策があるからです。それがコットンに精製水とドライアイ向けの保湿効果がある目薬を含ませて使うワザ。乾燥もダメージもなく落とせるんですよ。

 

コットンに目薬を含ませ、そこに精製水をさらに含ませ、目元にパックのように置いてから、軽く撫でると残りのアイメイクもキレイに落ちます。目薬と精製水だから粘膜にも負担がかかりません。綿棒でゴリゴリ落とすより肌も傷めないで済みますよ。

しかし目薬は医薬品だし、副作用のリスクもあるかもしれません。あんまり頻繁にはしないほうがいいとは思いますが、緊急事態の際には肌と粘膜の負担を減らしてアイメイクを落とす方法になってくれます。ま、この方法を使わずに済むにほうがいいんですけどね!

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

夏の3大悩み、紫外線・汗・ニオイ。みんなはどう対策してる?

夏の悩みといえば、この時期はまず紫外線。ここから暑くなるにつれ汗をかき、化粧崩れが激化。そして比例するように汗や髪のニオイが気になる……という感じではないでしょうか。そこで、リアルな40代女性たちにその悩…

飲み過ぎ&二日酔いの対策、40代のみんなはどうしてますか?

「今日こそは飲みすぎないぞ」と思うのに、ついつい飲み過ぎるお酒の席。さすがに自宅の1人飲みでの泥酔は減りましたが、友人と宅飲みで楽しい時間を過ごそうものならまだまだ二日酔いコースです。強いストレスがあ…

「水を飲んでも太る」タイプが知る、健康なダイエットの真髄

健康を害するとやせていく…それが常識でしょう。実際にやせた、というか、やつれました。なんとか回復したようですが、また体調不良に悩まされているようです。【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.25 …

40代に聞いた「ヒミツのストレス解消」20の方法

40代はそう簡単に怒らない……と言いたいものですが、やはり怒りますし、ストレスもたまります。でも怒るに怒れないというシチュエーションが増えます。そこで40代女性に「怒りやストレスのゲージが危険になったとき、…

40代の「3㎏くらいやせたい」ダイエット、成功と失敗はどこがボーダー?

40代になったらとたんにやせにくくなった!という声、結構聞きます。先日もそんな経験から「やせ菌」のダイエット連載が始まったところ。(酢キャベツ&玄米+あの発酵食で【ヤセ菌】を増やせるか!? 10日間体験レポ…

40代・50代が「実際やってる」更年期対策ってナニ?15の答え

一般に日本人女性の閉経は50歳前後と言われます。ですから、40代の私たちは、すでにプレ更年期から更年期の世代。でも、実際、周囲の更年期の状況ってどうなのでしょう? なかなか正面から「あなたはまだ生理ある?…

50代目前の私たちが「ダイエットを成功させるカギ」とは?

ダイエット成功のカギは何でしょう? また、成功とはどういう状態のことを指すのでしょうか? この年になってわかったことがあります。目的は「細く・軽くなる」ことではなく「あくまでも健康第一、その上である程…

ダイエットに失敗したアラフィフ、ついに医者が5つの生活指導

健康じゃないとやせてもキレイじゃない。その現実をあなたは直視できますか?【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.23 はじまります。前回までのあらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即…

不眠歴30年の私がたどりついた「寝ることに固執しない」4つの睡眠法

こんにちは、普段はゆっるゆるなダイエット連載を継続している藤井環です。実は私は30年間ずーっと不眠で悩み続け、15年間以上も専門医の治療を受けてきました。不眠のプロと呼んでもいい私の不眠とのつきあい方、少…

40代ダイエットはまず「お尻」!簡単やせ見せはこの3ポイントから

食事制限のダイエットを放棄した藤井、やせ見えを追求し始めました。難しいこと面倒なことは排除したそうです。どんなもんでしょ?気にはなりますけどね、その簡単さ。【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vo…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事