イケアのソファとテーブル、インテリア誌編集者のオススメは?新製品まとめ

年に1回新しい内容で発行されるイケアのカタログ。ただ眺めていてもじゅうぶんに楽しいのですが、いざ「どれにしよう?」となると目移りして迷ってしまいます。そこで、インテリア誌「プラスワンリビング」編集部デスクの松井元香に2017新カタログの見どころを聞きました!

これはソファ界の革命!新ソファが登場

今回は2017新カタログの発行に先立って行われた記者発表会の内容をメインにお話しします。

なんといっても個人的な注目はソファ! 2017新カタログに登場した、VALLENTUNA/ヴァレントゥナシリーズ。モジュールを組み合わせていろいろな座り方を作り出せます。もしかしたら、今後は「大きいソファがどーんと1つ」でなくてもいいのかもしれません。

IMG_2230

この写真はVALLENTUNA/ヴァレントゥナの、記者発表会でのリビング設置イメージです。このようにモジュールを組み合わせて、自由に配置できるのが斬新。もちろん、横に並べて普通のソファのように使うこともできます。そこそこ軽いので、椅子の感覚でその日のゲストに応じて配置を変えることだって可能。

人と人の距離が近づく!このソファの秘密は?

 

PH135995

VALLENTUNA/ヴァレントゥナのカタログ掲載写真です。左側4人の距離の近さを見てください。普通、ソファに座ると、ラブラブな関係でもない限り、ひじ掛けの都合で人は右と左のはじに離れてしまいますよね。でも、ご覧のとおり、これまで背中だった部分を間に持ってくれば、もたれかかる感じでみんなが自然と中央に集まるのです。人と人の距離がぐっと近くなる。わくわくしますね。

また、写真右に寝転んでいる人がいることでもわかる通り、このソファには引き出して使うベッドにもなるモジュールがあります。いまどき、家に遊びにきて酔っ払ったゲストに、気軽に「そのまま寝ていけば?」と言えるのは、こういうカジュアルさだと思うんです。ちなみに、座面の下を収納に使うモジュールもあります。どの点を取っても、デザインと機能性、収納性を両立させるイケアらしいソファ。

大きめテーブルに注目が集まる理由は

PE598872

 

MÖRBYLÅNGA/モールビロンガという大きなテーブルも目を引きました。これ、ぱっと見には無垢材の1枚板かも!?と思ってしまう立派な存在感。これだけの上質な仕上がりテーブルが税込84,990円というお値段で買えるのがさすがのイケアです。テーブルの上に置いてある花瓶があまり大きく見えませんが、実は一抱えもあるサイズ。つまり、このテーブルは一般的な感覚でいうとめちゃくちゃデカイんです。

おひとりさまにこそ、しっかり大きなテーブル?

IMG_2229

 

生涯にそう何度も買い替えることのないテーブルは、小さいものを買って不便な思いをするよりも、場所さえ許せば思い切ってこういう大きいものを買うのが理想。「全部をこのテーブルで済ませる」シンプルな暮らし方です。料理の下ごしらえ、趣味のソーイング、仕事の書類を広げて一気に済ませるとき、なんでも大きなテーブルがあるとすべての作業効率がよくなるんです。

また、見せ場としても非常に有効。例えば前の写真にあったように、枝もののグリーンを大きめのガラスベースに入れてドン!を飾るのが今の気分ですが、普通サイズのダイニングテーブルの上だと、グリーンの一人舞台になってしまいがち。これくらい大きなテーブルだと、存在感ある枝もののグリーンが抜群に映えるんですよね。

サイズは220cm×100 cm、上の写真で見てわかる通り椅子が横に3つ並ぶ大きです。仲間との家飲みでも大活躍! お部屋に入るようなら、いまが買い替えどきですよ!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「きれいな我が家をラクにキープしたい!」人気インスタグラマーの掃除・片づけアイデア

暮らしの土台、大切な家族が過ごす場所……、丁寧な暮らしは、清潔で片づいた我が家あってこそ。とはいえ、そんなに毎日掃除にばかり時間を使えませんよね。なかなかやる気に…

「家がキレイになる100均グッズ」15万フォロワーの家事達人が厳選

クオリティ、見栄えのレベルがどんどん上がっている100均グッズ。家に置くと生活感が出すぎない?なんて心配は、もはやご無用。選び方とアイデア次第では、インテリアを邪…

イケアの新アイテム、40代がリアルに使いたいものはコレ!

先日、多数のアイテムの値下げや、愛知県の新店舗などの記者会見を行ったイケア。言わずとしれた北欧スウェーデン発祥の家具雑貨量販店です。来年に向けた家具の新作も発表…

幸運を呼び寄せるルームデトックスとは?

12月に入り、そろそろ大掃除のシーズンです。普段手の届かない部分を掃除するだけでなく、せっかくなので幸運を招く家づくりをしてみてはいかがでしょうか。日本で唯一のイ…

無印良品愛好家の、すっきりキレイなシンプルライフとは?

整理収納のプロから、人気インスタグラマー&ブロガーまで、今、無印良品に魅了されるシンプルライフ達人が急増しています。家具として使用するのも、収納グッズとして使用…

クッション選びから始める大人の北欧インテリア

いつだって私たちを魅了する、北欧テイストのインテリア。中でも初心者が取り入れやすいのがキュートなファブリックづかいです。挑戦しやすいクッションでのポイントづくり…

狭い賃貸でも「40代ひとり暮らし」を快適に。人気ブロガーの暮らしのルール vol.2

こじんまりとした賃貸ワンルームで、大人のひとり暮らしを満喫している人気ブロガーのcoyukiさん。前回は、暮らしやすい、掃除しやすい収納やインテリアのコツをご紹介しま…

40代が断捨離の次に目指したいスタイル「ヒュッゲ」って?

近頃、いろいろなメディアで目につき始めたのが「北欧」、そして「Hygge ヒュッゲ」なる言葉。まず、女性ファッション情報誌の大特集が「北欧」。旅特集でもないのに。次…

イケアの限定「VIKTIGT」、インテリア誌編集者のおすすめはガラスボウルと……?

洗練されたシンプルナチュラルが際立つイケアの限定コレクション「VIKTIGT」。グレイッシュなカラーと自然素材が特徴のコレクションです。約40アイテムの中から、インテリ…

40代のひとり暮らしは、自分に甘く、優しく。人気ブロガー、coyukiさんの「自分目線」で快適な暮らしづくり vol.1

ひとりでもすっきりと片づいたきれいな部屋で、栄養バランスが整ったきちんとした食事をとる……。それが大人のひとり暮らしの理想とわかっていても、そうもいかないのが現実…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事