【九星フラワー占い】一白水星の2018年上半期運勢は?

華やかな空気感のなか、人々の気分が高ぶりがち。そんな雰囲気が漂いそうな2018年。恋愛運や仕事運など、幸運期にあるのはどの星でしょう? 花の姿でその星に生れた女性のキャラクターを明かしつつ、運気もズバッと占います。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。

自分らしさって何?をつねに考える

一白水星は花に例えると水辺にたたずむ水仙と言っていいでしょう。水に映る自分の姿を眺める姿は、ナルシストというよりは、いつも自分に「こうすることは自分らしいのかしら」と問いかける、悩み深い人が多いのがこの星の生れの特徴です。そんな水仙の一白さんにとって、2018年前半はどのような半年になるのでしょうか。

上手くいきそうで邪魔が入り、ちょっともどかしい

2018年、一白水星には大きなチャンスが巡ってきます。この数年の努力が実を結び始める、そんな時期です! ただ、九星フラワー占い総合運でお話ししたとおり、2018年は九紫火星が中心となる年。火と水のエネルギーは真逆の性質と言ってもよく、あまり仲がよくないので、2018年の前半はそのエネルギーの渦になれなくて、「なんとなく上手くいきそうなのに、邪魔が入る」、そんな感覚があるかもしれません。けれども、落ち着いて、明るさを意識すれば、状況はよくなります。最初にふれたとおり、水仙の一白さんは、心配しすぎたり、不安になったりしやすく、それが危険や失敗を防ぐので、いいところでもあったりしますが、2018年はそこにとらわれすぎないでくださいね。

頼られた時は一肌脱ぐ姉御肌に!

努力が実を結ぶってどんなこと? と思っているかもしれませんね。それは、恋愛や結婚、仕事のステップアップなどです。収入アップはもう少し後になるかもしれませんが、社会的なステイタスもある頼もしい人が、あなたを認め。味方になってくれるでしょう。結婚から一気に妊娠・出産を経験する一白さんも多そうです。この世界という名の主人公にでもなったような気分を味かもしれませんが、主人公=座長は劇団員を率いるリーダー。人に頼られた時は、誠実に対応すること。頼ってくる人が多く忙しくても、イライラしないように気をつけて。これが、開運のポイントです。もともと親切な水仙の一白さんですから、難しいことではないはず!

一白水星の開運ポイントはこれ!

ラッキーアイテム:時計はとても重要なアイテムです。腕時計でおしゃれをするのも◎です。ただし、遅れたり止まったりすると運気を大きく下げるので、そんな時はすぐにメンテナンスを。家の時計も同じです。また、2018年はとくに遅刻は厳禁!

ファッションも2018年は少し高級感のあるものを取り入れてみてください。ハイレベルな人脈を作るためのおまじないだと思って。

ラッキーフード:疲れを感じた時はお寿司がいちばん!

ラッキープレイス:迷った時は神社仏閣でエネルギーをチャージして

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★2018年の全体運を知りたい人はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク