【九星フラワー占い】五黄土星の1月の運勢は「遠くのご縁」

今月は、新年ということもあって、世の中に「気をひきしめてビシッとスタートしよう!」という空気感が色濃く漂っていますが、星それぞれに自分らしいペースがあります。どんなスタートが幸運を招くのか、中国の運勢鑑定法・九星気学で読み解きお話しします。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

お久しぶりな人から人間関係が広がる

しばらく連絡をとっていなかった人から、年賀状や新年のあいさつメールがあったら、三が日を過ぎていても、ぜひ返事をかえしてください。久しぶり会おうということになり、食事などを一緒にしてみたら話が合って、改めて定期的に連絡をとりあう仲になるかもしれません。その付き合いは、新しい人間関係や仕事の幅をひろげてくれるご縁につながっていると思って、期待してください。人間の幸運のほとんどは人間関係、人とのつながりで生まれるものなのですから。

今月の仏頂面は運を下げる

本当はとても愛情深い五黄土星ですが、自分からはあまり動かず、人が自分のもとにきてくれるのを、すました顔で待っている、という人が多いようです。それが、五黄は不愛想と思われる原因。今月、仏頂面はもったいないです。自分からササッと会いたい人に会いに行くフットワークの軽さがほしいところですが、それが難しいのなら、せめて意識して笑顔ですごうすようにしてください。「笑うと、きゅうにかわいらしくなる」「笑顔は、やさしい印象」と、周囲からのうけもよくなりラッキーが集まってきますよ。

いい香りアイテムも今月の開運アイテム

せっかくですから、さらに女性らしさをアップさせてください。口紅は華やかな色を選び、香りのおしゃれもプラスしてみてはどうでしょうか。美人になるためには美人のアドバイスがいちばんなので、デパートなどで華やかなアドバイザーをみつけて、自分に似合うものを探してもらうといいでしょう。

 

気になるラブ&マネー運は?

女性らしさがアップする今月は出会い運が高め!また、恋人がいる人は結婚話が持ち上がるかもしれません。

お金については、おしゃれや交際費への出費はイタイかもしれませんが、惜しまないでください。大きな幸福をはこんでくれますから。

 

今月のラッキーアイテムをチェック!

ラッキーカラー:グリーン系のアイテムを取り入れましょう。

ラッキーフード:エビやカニにレモン果汁をしぼって食べるのがおすすめ。

ラッキーパーソン:エレガントな雰囲気の女性。

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちらへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク