「今年もこのメイクでいいのかな?」と思ったら、まずはブラシ3本変えてみて!

新しい年を迎えると「去年とは、ちょっと違うことがしたい」なんて思いませんか?かくいう私も、毎年、お正月を過ぎた頃から毎日のルーティンを少しだけ変えるのが大好きです。

「時短メイクでも、ルーティンを変えて新しい気分を楽しみたい」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

アラフォーくらいからは、時短で美しいメイクを完成させるならば、“ブラシ使い”も大きなポイント。

今回は、40代のメイクルーティンを時短のままアップデートしてくれるブラシ選びのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:指伸ばし派も、コンシーラーに「やや硬めブラシ」を1本用意

アラフォー肌のくすみやシミをフォローしてくれるのに欠かせないコンシーラーは、薄く均一に伸ばすのが美しく仕上げる最大のコツ。

だからこそ、アラフォーからのコンシーラーは、指よりブラシのほうが仕上がりに落ち着きが出ます。

狙った箇所を均一にカバーしていくには、ブラシが平べったい形になっているコンシーラーブラシがやっぱり便利なのですが、それだと大きすぎる場合にはリップブラシの代用でも。

ただし、どちらのブラシを使う場合にも柔らかすぎる毛質は、塗った箇所がべたっとした仕上がりに見えやすいので、少々の硬さがあって毛並みが良いブラシが使いやすいです。

40代のコンシーラー使いは、隠したい目元のクマや頬のシミに的確にアプローチでき、かつ自然にカバーできているかが最大のポイント。時短メイクでも相性のいいブラシさえ味方につけられれば、かなり手軽にメイクを終えられます。

私は、最近になって廃盤となっているシャネルのブラシを相変わらず愛用中。新しいデュオタイプも手元にあるのですが、結局こちらに戻ってきているところです。

 

2:眉は「これだ」と思えるブラシが1人ずつ違う

毎日のブロウメイクを、時短かつ一定のデザインで仕上げるためには「この1本」と言えるブラシに出会えるかがカギです。

時短で仕上げるには、長さのあるブラシのほうが扱いやすく、左右のバランスを整えやすいので、パレットに付属のブラシよりも、断然に長めのブラシです。

斜めカットの長めのブラシは多くのメーカーから出揃っていますが「この1本」を見つけるためには、とにかくいろいろ試してみるに尽きます。

肌の調子や使うパウダーによって、最適な毛の硬さやブラシの幅も微妙に異なるので、何本か揃えておくのもアリ。ブラシの幅は、そのまま眉の太さにできるから、お気に入りの1本が見つかると、毎日の眉メイクがアップデートされつつもより時短に。

ちなみに私は、アメリカで買ったプチプラのブラシ(e.l.fの『Small Angled Brush』。確か200〜300円くらいでした)がビンゴすぎました。毛の硬さ、パウダーの付き具合、幅などなにを見ても私の顔とやたらに相性が良く、急いでメイクしても均一な仕上がりになるので、ここ1年以上にわたって愛用中なのです。

「ブラシは、値段じゃない!」を、自分なりに改めて痛感した出来事でもあります。

 

3:チークはブラシの質で決まる。粉の落ちやすさで選んで

アラフォーからのチークは、わざとらしさが出た時点で「おばさんっぽい!」なんて思われがちだけに、パウダーの落ち具合、付き具合がカギです。

ですので、アラフォーからのチークブラシは、毛が密集しているタイプよりも粉が落ちやすい柔らかいタイプのブラシのほうが、美しいメイクを時短で仕上げやすいと言えます。

チークブラシは、最初にブラシをあてた部分が一番濃く付きやすいため、パウダーを含ませたブラシを一度手の甲などで馴染ませると失敗が少なくなりますが、この“馴染ませる”の工程で余計な粉が落ちやすいブラシ選びが、時短メイクを成功させる最大のコツです。

私は、年季が入りまくったボビーブラウンの『FACE BLENDER BRUSH(フェイスブレンダー ブラシ)』がずっと手放せずにいます。この質感、毛ざわり、他には代え難いほど溺愛しているので、そろそろ新しく同じものに買い換えようと思っているところです。

 

いつものルーティンを継承しつつもメイクをアップデートするなら、ブラシを変えてみると新鮮な仕上がりに。

優秀なブラシに出会ってさえしまえば、メイクの流行が多少変われども、常に頼りになる存在です。よろしければ、参考になさってみてください。

(※画像はすべて筆者の私物です。)

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

男がひと目でギョッとする…「ダメな40代おばさん」にありがちな化粧ポーチのダメ中身3選

深い仲になった女性の持ち物は、意外と細かい部分まで、チェックしている男性も少なくない実情にあります。「この子は、もしかして浪費家かもしれない」「持ち物を見る限りでは、いい加減な女性っぽいな」など、持ち…

呆れてモノも言えない…男が心底ゲンナリした40代女性の「非常識メール」3選

今どきは、メールよりもLINEでコンタクトをとる男女が一般的。でも、まだLINEのアカウントを交換していないタイミングでは、メールでのやりとりも一般的。特に、名刺交換だけを済ませている間柄だと、名刺に書かれて…

ゲッ、この女とは付き合いたくない…男が見た40代女性の「ダメなバッグの中身」3選

日々の持ち物には、性格が出やすいと言われます。仕事やデートに持っていくバッグの中身も、男性は見ていないようで、意外とチェックをしていることが。そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得…

男ウケ最悪!「調子こいてるオバサン」と思われる40代女性のLINE3選

「この女、調子に乗ってるな」と男性たちから思われれば、恋愛にも悪影響。しかし関係が順調に進んでいるときほど、うっかりテンションが上がりすぎて失態をおかしてしまうのも、男女関係にはつきものかもしれません…

お節介オバサンすぎる…男が「余計なお世話」だと思った40代女性の気づかい3例

「良かれ」と思って、彼にしてあげたことでも「余計なお世話」と感じさせてしまう言動は、意外とあります。40代女性ともなると、経済的にも経験値的にも若い頃と比較して余裕があって然るべきですが、女性が彼のため…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もたくさん。本格的な遠出をして、ホテルステイ…

シェアドコスメって知ってる?男性と一緒に使って愛を深めて♡

彼や夫とシェアして使えるアイテムがあると、今よりももっと大きな顔(!)をしてデイリーの美容に取り組めると思っていらっしゃる40代女性も、決して少なくないのではないでしょうか。実際、限られたスペースを埋め…

やっぱりデパコスは頼りになる…!40代が「ガチ自腹買い」して大満足だったこの秋の名品3選

プチプラコスメにも名品はたくさんあるけれど、デパコスには、40代女性にとって頼りになる名品が揃っているのも、また事実。個人的には、スキンケアでもメイクアップでも、デパートに進出しているブランドのアイテム…

立つ鳥跡を濁しまくりオバサン…二度と会いたくない「デートの去り際」40代女性の3選

デート終盤の去り方によって、その日1日がいい思い出になることもあれば、微妙な感想で終わる引き金にもなるほど、“去り際”は意外と男の脳裏に残るもの。それはまさに「終わりよければすべてよし」になることもある…

気づけば恋愛対象外…! 「ムダに勝気なオバサン」に見える40代女性のLINE

勝気な女性を「強がっている感じが、かわいい」と口にする男性もゼロではないものの、恋人にするとなると「うーん、ちょっとご遠慮したい」などと言い出すのも珍しくないお話。友人としてなら許せても、自分のパート…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事