「今年もこのメイクでいいのかな?」と思ったら、まずはブラシ3本変えてみて!

新しい年を迎えると「去年とは、ちょっと違うことがしたい」なんて思いませんか?かくいう私も、毎年、お正月を過ぎた頃から毎日のルーティンを少しだけ変えるのが大好きです。

「時短メイクでも、ルーティンを変えて新しい気分を楽しみたい」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

アラフォーくらいからは、時短で美しいメイクを完成させるならば、“ブラシ使い”も大きなポイント。

今回は、40代のメイクルーティンを時短のままアップデートしてくれるブラシ選びのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:指伸ばし派も、コンシーラーに「やや硬めブラシ」を1本用意

アラフォー肌のくすみやシミをフォローしてくれるのに欠かせないコンシーラーは、薄く均一に伸ばすのが美しく仕上げる最大のコツ。

だからこそ、アラフォーからのコンシーラーは、指よりブラシのほうが仕上がりに落ち着きが出ます。

狙った箇所を均一にカバーしていくには、ブラシが平べったい形になっているコンシーラーブラシがやっぱり便利なのですが、それだと大きすぎる場合にはリップブラシの代用でも。

ただし、どちらのブラシを使う場合にも柔らかすぎる毛質は、塗った箇所がべたっとした仕上がりに見えやすいので、少々の硬さがあって毛並みが良いブラシが使いやすいです。

40代のコンシーラー使いは、隠したい目元のクマや頬のシミに的確にアプローチでき、かつ自然にカバーできているかが最大のポイント。時短メイクでも相性のいいブラシさえ味方につけられれば、かなり手軽にメイクを終えられます。

私は、最近になって廃盤となっているシャネルのブラシを相変わらず愛用中。新しいデュオタイプも手元にあるのですが、結局こちらに戻ってきているところです。

 

2:眉は「これだ」と思えるブラシが1人ずつ違う

毎日のブロウメイクを、時短かつ一定のデザインで仕上げるためには「この1本」と言えるブラシに出会えるかがカギです。

時短で仕上げるには、長さのあるブラシのほうが扱いやすく、左右のバランスを整えやすいので、パレットに付属のブラシよりも、断然に長めのブラシです。

斜めカットの長めのブラシは多くのメーカーから出揃っていますが「この1本」を見つけるためには、とにかくいろいろ試してみるに尽きます。

肌の調子や使うパウダーによって、最適な毛の硬さやブラシの幅も微妙に異なるので、何本か揃えておくのもアリ。ブラシの幅は、そのまま眉の太さにできるから、お気に入りの1本が見つかると、毎日の眉メイクがアップデートされつつもより時短に。

ちなみに私は、アメリカで買ったプチプラのブラシ(e.l.fの『Small Angled Brush』。確か200〜300円くらいでした)がビンゴすぎました。毛の硬さ、パウダーの付き具合、幅などなにを見ても私の顔とやたらに相性が良く、急いでメイクしても均一な仕上がりになるので、ここ1年以上にわたって愛用中なのです。

「ブラシは、値段じゃない!」を、自分なりに改めて痛感した出来事でもあります。

 

3:チークはブラシの質で決まる。粉の落ちやすさで選んで

アラフォーからのチークは、わざとらしさが出た時点で「おばさんっぽい!」なんて思われがちだけに、パウダーの落ち具合、付き具合がカギです。

ですので、アラフォーからのチークブラシは、毛が密集しているタイプよりも粉が落ちやすい柔らかいタイプのブラシのほうが、美しいメイクを時短で仕上げやすいと言えます。

チークブラシは、最初にブラシをあてた部分が一番濃く付きやすいため、パウダーを含ませたブラシを一度手の甲などで馴染ませると失敗が少なくなりますが、この“馴染ませる”の工程で余計な粉が落ちやすいブラシ選びが、時短メイクを成功させる最大のコツです。

私は、年季が入りまくったボビーブラウンの『FACE BLENDER BRUSH(フェイスブレンダー ブラシ)』がずっと手放せずにいます。この質感、毛ざわり、他には代え難いほど溺愛しているので、そろそろ新しく同じものに買い換えようと思っているところです。

 

いつものルーティンを継承しつつもメイクをアップデートするなら、ブラシを変えてみると新鮮な仕上がりに。

優秀なブラシに出会ってさえしまえば、メイクの流行が多少変われども、常に頼りになる存在です。よろしければ、参考になさってみてください。

(※画像はすべて筆者の私物です。)

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事