「今年もこのメイクでいいのかな?」と思ったら、まずはブラシ3本変えてみて!

新しい年を迎えると「去年とは、ちょっと違うことがしたい」なんて思いませんか?かくいう私も、毎年、お正月を過ぎた頃から毎日のルーティンを少しだけ変えるのが大好きです。

「時短メイクでも、ルーティンを変えて新しい気分を楽しみたい」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

アラフォーくらいからは、時短で美しいメイクを完成させるならば、“ブラシ使い”も大きなポイント。

今回は、40代のメイクルーティンを時短のままアップデートしてくれるブラシ選びのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:指伸ばし派も、コンシーラーに「やや硬めブラシ」を1本用意

アラフォー肌のくすみやシミをフォローしてくれるのに欠かせないコンシーラーは、薄く均一に伸ばすのが美しく仕上げる最大のコツ。

だからこそ、アラフォーからのコンシーラーは、指よりブラシのほうが仕上がりに落ち着きが出ます。

狙った箇所を均一にカバーしていくには、ブラシが平べったい形になっているコンシーラーブラシがやっぱり便利なのですが、それだと大きすぎる場合にはリップブラシの代用でも。

ただし、どちらのブラシを使う場合にも柔らかすぎる毛質は、塗った箇所がべたっとした仕上がりに見えやすいので、少々の硬さがあって毛並みが良いブラシが使いやすいです。

40代のコンシーラー使いは、隠したい目元のクマや頬のシミに的確にアプローチでき、かつ自然にカバーできているかが最大のポイント。時短メイクでも相性のいいブラシさえ味方につけられれば、かなり手軽にメイクを終えられます。

私は、最近になって廃盤となっているシャネルのブラシを相変わらず愛用中。新しいデュオタイプも手元にあるのですが、結局こちらに戻ってきているところです。

 

2:眉は「これだ」と思えるブラシが1人ずつ違う

毎日のブロウメイクを、時短かつ一定のデザインで仕上げるためには「この1本」と言えるブラシに出会えるかがカギです。

時短で仕上げるには、長さのあるブラシのほうが扱いやすく、左右のバランスを整えやすいので、パレットに付属のブラシよりも、断然に長めのブラシです。

斜めカットの長めのブラシは多くのメーカーから出揃っていますが「この1本」を見つけるためには、とにかくいろいろ試してみるに尽きます。

肌の調子や使うパウダーによって、最適な毛の硬さやブラシの幅も微妙に異なるので、何本か揃えておくのもアリ。ブラシの幅は、そのまま眉の太さにできるから、お気に入りの1本が見つかると、毎日の眉メイクがアップデートされつつもより時短に。

ちなみに私は、アメリカで買ったプチプラのブラシ(e.l.fの『Small Angled Brush』。確か200〜300円くらいでした)がビンゴすぎました。毛の硬さ、パウダーの付き具合、幅などなにを見ても私の顔とやたらに相性が良く、急いでメイクしても均一な仕上がりになるので、ここ1年以上にわたって愛用中なのです。

「ブラシは、値段じゃない!」を、自分なりに改めて痛感した出来事でもあります。

 

3:チークはブラシの質で決まる。粉の落ちやすさで選んで

アラフォーからのチークは、わざとらしさが出た時点で「おばさんっぽい!」なんて思われがちだけに、パウダーの落ち具合、付き具合がカギです。

ですので、アラフォーからのチークブラシは、毛が密集しているタイプよりも粉が落ちやすい柔らかいタイプのブラシのほうが、美しいメイクを時短で仕上げやすいと言えます。

チークブラシは、最初にブラシをあてた部分が一番濃く付きやすいため、パウダーを含ませたブラシを一度手の甲などで馴染ませると失敗が少なくなりますが、この“馴染ませる”の工程で余計な粉が落ちやすいブラシ選びが、時短メイクを成功させる最大のコツです。

私は、年季が入りまくったボビーブラウンの『FACE BLENDER BRUSH(フェイスブレンダー ブラシ)』がずっと手放せずにいます。この質感、毛ざわり、他には代え難いほど溺愛しているので、そろそろ新しく同じものに買い換えようと思っているところです。

 

いつものルーティンを継承しつつもメイクをアップデートするなら、ブラシを変えてみると新鮮な仕上がりに。

優秀なブラシに出会ってさえしまえば、メイクの流行が多少変われども、常に頼りになる存在です。よろしければ、参考になさってみてください。

(※画像はすべて筆者の私物です。)

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事