相手が激怒するのはどれ?英語で「もう一度言って」とお願いするフレーズ

海外旅行先で、道を聞いたはよいが、答えてもらった英語がなんていってるか聞き取れない。日本国内でも、外国の方が話しかけてきたけれど、何と言ってるのかよくわからない。

英語のレベルに関係なく、やっぱり英語でいわれると、日本人としてはなんといってるかわからないことが、よくあります。

英語が聞き取れなくてわからないとき、ぼ~っとして聞きそびれた場合など、「もう一回言って」とお願いしましょう。今回は「聞き返す時の英語フレーズ」をご紹介します。

 

Excuse me?   I’am sorry?   謝られているわけではありません

学校で習ったような気がする、「何ていいましたか?」は

Pardon?
I beg your pardon?

実はどちらもかなり丁寧な言い方で、丁寧すぎる感じです。
失礼がなく、どこでも使える言い回しは、

Excuse me?

失礼ですが(もう一度いってください。)

I’m Sorry?

すみません。(もう一回いってください)

もし自分が言われたら、謝られたみたいな気持ちになりますが、もう一回いってくださいという表現なので、
対応しましょう。
疑問符がついているので、語尾を軽く上げて言います。

 

I’m sorry, I can’t hear you.

すみません。聞き取れませんでした。

そして

Can you say that again?
Can you repeat that again?

もう一度いってもらえますか?

と付け加えます。

 

What? はカジュアル、相手を選んで使いましょう

カジュアルな関係の普段の会話なら

What did you say?

何て言ったの?

Say that again?

もう一回いって

さらに本当に仲の良い友達なら

What? 
What’s that?

なんって?

が、よく使われます。が、かなりぶっきらぼう表現なので、仲良しだけにしてくださいね。

さらに簡単なものは

Huh?

え?

日本語で瞬間的に言う「え?」と同じ感覚で使います。

Come again?
もう一回言って。

実はこちらはスラング。使う相手には注意しましょう。
ビジネスや丁寧に接したい相手には
 Could you say it again?
もう一度いってくださいますか。

といった表現をしてくださいね。

 

「なんていいましたか?」「もう一度いってください。」という言葉にも、丁寧な言葉、カジュアルな言葉、その場に応じた言い方があります。
ぜひその場に応じて、使ってみて下さい。
決して日本人だから英語がわからない!と思いこまないでください。
ネイティブの人でも、相手がなんといったか聞き取れないことはよくあります。
聞き取れなかったとしても、焦らずに「聞き直す」「もう一度いってもらう」ことをして、ぜひ会話を続けて下さい。

スポンサーリンク