この10着残して後は捨てて!40代のOK着回しワードローブ

冬セールもひと段落してきた1月。そろそろ断捨離も兼ねてワードローブを整理しつつ、これから始まる春アイテムの発売に備えたいところ。残り2ヶ月を乗り切るための厳選10アイテムをご紹介します! これさえあれば、着回しにも困らないから、ぜひ手持ちのアイテムと照らし合わせてみてください。

 

1.チェスターコート

軽い印象で着られるグレーのチェスターコート。オールマイティーに使えるグレーが一枚あれば、どんなボトムにも合わせやすくておすすめ。オフィスにも着ていける万能アウターです。

 

2.ノーカラーガウンコート

こなれ感の出るガウンコートは、女性らしいキャメルカラーが一押し。ベルトを後ろで結んだりと、着方のアレンジも楽しめて、オンオフ問わずに着まわせるコートです。

 

3.キレイ色Vネックニット

春のトレンドカラーを先取りした、キレイ色ニット。今なら淡いラベンダーカラーがおすすめ。ピンクより大人っぽく、赤よりも落ち着いた印象で着られて重くなりがちな冬コーデの差し色効果が期待できます!

 

4.Vネックカーディガン

羽織りものとしてだけじゃなく、一枚で着られるほどよいV開きのカーディガンは、ベーシックなカラーを選ぶのが◎。ボトムにインしてもすっきりと着こなせる、ハイゲージ〜ミドルゲージを選んで。

 

5.白のセットアップ

着回しに効くセットアップは、顔映りのいい白を選ぶと−5歳見えします。爽やかな印象で女性らしく、男女問わずに好感度が高い着こなしを実現。ボディラインを拾いすぎないシルエットがキレイなものを選ぶのがポイントです。

 

6.ドット柄フレアスカート

2018年春のトレンドでもあるドット柄。モノトーンベースでボトムなら大人でも取り入れやすいのでおすすめ。ミモレ丈など、短すぎないものを選んでエレガントに着こなすのがポイントです。

 

7.スリット入りタイトスカート

オフィスにも活躍する、張り感のあるタイトスカート。トップスにどんなアイテムを合わせてもスタイルアップときちんと見えを叶えます。スリット入りのものなら足さばきもよく、オバさん見えも回避できます。

 

8.ハイウエストワイドパンツ

春までトレンド続行のワイドシルエットのパンツ。引き締めカラーのネイビーかブラックを選ぶことで、細見え効果も期待できます。フロントのみトップスをインして、メリハリのある着こなしを意識して。

 

9.チェック柄テーパードパンツ

 

トレンドのグレンチェック柄は、定番シルエットのテーパードパンツで取り入れて。細めのシルエットだからこそ、最旬スタイルでも若作りな印象なく着こなせます。

10.きちんとデニム

オフの日に活躍するのが、シンプルな美脚デニム。色落ち感の強いものより、ダークカラーでフレンチシックに着こなすのが気分です。色ニットと合わせるレディなデニムスタイルも、春気分を先取りできるから◎。

 

以上、いかがだったでしょうか。この10アイテムの他、お仕事に必須なスーツやシャツ類さえあれば、春までのコーデには困りません。ベーシックアイテムの中に、3割程度柄や色のトレンドアイテムをプラスするのがアラフォー女性にとってのベストバランス。質の良いものを厳選して、賢く着回すのが大人のファッションの楽しみ方です。ぜひワードローブの見直しの参考にしてみてください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。いきなり夏日が続いてファッションが追いつかない!という方も多いのでは?今回は、夏に向けてのファッションについてお話させていた…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

植松晃士 身近なあの服がオバサンを加速!? 40代オシャレの注意点

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雑誌や店頭ではすでに秋冬のファッションがもりだくさんですが、まだあんまり買ってなくな~い???ということで、今回のテーマは『…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道で…

40代オバサンでも全然痛くない!いざという時頼れる「夏ワンピ」5ポイント

いよいよ梅雨時期、毎日ジメジメ蒸し暑い日が続き、おしゃれする気力がなくなってきている……という人も多いのでは? コーデを考えるのも面倒な日や、忙しい朝の時短にも効くのは、やっぱりワンピース。しかし、一枚…

あなたのそばにもいるかも?「恐怖のワンピース」が 40代のオバさん感を強調

40代にもなると、途端に似合うデザインが減ってくるのがワンピース。そういえば、最近あんまり着てないな……という人も多いのではないでしょうか。なぜなら1アイテムでコーデが完成するワンピースは、服の中でも対象…

「ごめん、無理」と男にお断りされる痛コーデ。40代の残念3大ファッションって? 

以前たくさんの反響を頂いた「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ 40代女性閲覧注意!? 記事。年相応のファッションが分からないおしゃれ迷子や、若作りや痛いと思われたくないアラフォー女性は、思ったよりも多…

今すぐやめて! 今年やると痛い目にあう去年の流行アイテムをおさらい

ファッションのトレンドは、継続するものも数多くありますが、流行りすぎたアイテムほど次のシーズンは廃れてしまうもの。特に雑誌でトレンドの特集に数多く掲載されたものは、翌年着ているといかにも去年っぽさが目…

うわダサっ…と思ってたコレがいま再流行中!「痛くない」リバイバルトレンド4

ファッションの歴史は巡るもの、この春の流行も昔私たちが経験してきたトレンドアイテムが復活して登場しています。でも、取り入れ方を間違うと、2周目だからこそ時代を超えた痛い着こなしになってしまう可能性も大…

【まだ着ていたら痛すぎ】40代になったら即捨てるべき5つの定番アイテムは!

お陰様で、以前アップして未だにアクセス数の多い「【まだ着ていたら痛い!?】40歳になったら捨てるべき8つの定番アイテム」記事にはアラフォーの友人を含め、たくさんの方々から予想以上の反響を頂きました。今回…

クリーニングに出さずに捨てて! 次の秋冬にはもう着ないアイテムはコレ

暖かい日が続き、衣替えもひと段落したこの時期。GWの休日にまとめて冬物のクリーニングに行こうと思っている人も多いはず。でも、その前に来年も活躍するかどうか、一度ワードローブを整理してみてください! とい…

勘違いオバさん化が止まらない!「40代の盛り袖トップス」の落とし穴

袖コンシャスなトップスは、2016年の秋冬からトレンドが継続中。この春も袖のデザインが特徴の盛り袖トップスが大ブームです。どのブランドを覗いても、必ず置いてあると言っても過言ではありません! しかし、体型…

その着方はヤバくない?「ダサいオバさん見え確実」の40代春アウターコーデ

暖かい日も多くなってきましたが、急に気温が下がったりする日もある今、温度調節できる春アウターは欠かせないアイテムです。でも、街を歩いているとちょっと残念な着方をしている40代らしき女性たちがたくさん。せ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事