安室ちゃん引退…アラフォー女性がやりがち「元アムラー的メイク」3大NGって?

歌手の安室奈美恵さんが衝撃的な引退宣言をしてから、はや数ヶ月。

これを読んでいらっしゃるアラフォー世代の女性には、その昔「アムラー」だった方も、決して少なくないはず! あの頃は、社会現象になるほどに右も左もアムラーしかいない時代でしたよね。

安室さんは、時代を牽引してきた存在として常に輝き続け、同世代のみならず多くの女性たちに、前向きな生き様を示してくれた女性のひとりです。

「私もアムラーでした!今も安室ちゃん大好きです!」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回はいつもとは少し趣きを変えまして、元アムラーの40代女性がやりがちなNGメイクをご紹介していきます。

芸能人のメイクはお手本にもなるけれど、顔立ちやリアルトレンドもあるから「そこは真似しないほうが……」なポイントもあります。

 

NG1:描き慣れた眉は変えにくいけれど…「細眉」

 

細眉がトレードマークになっている安室さんですが、彼女の眉メイクも時代によって、多少変化しています。今は、眉頭が昔よりもかなり太めになっていて、やさしい雰囲気に。

とは言っても、一貫しているのは全体的に細めな仕上げ。近影からわかるすーっと伸びたダークブラウンの眉は、彼女の小顔には絶妙のバランスで、若見えにも一役買ってくれているのは間違いなさそうです。

しかし40代女性がリアルに真似してしまうと、どことなくヤンキー調の顔立ちに! 彼女の細眉は、驚異的な小顔だからこそ存在感を放つので、そのまま真似をしてしまうと、リアルトレンドのメイクと比較して、眉が浮きやすいのでご注意を。

 

NG2:あのアーモンドアイに憧れ…「極太アイライン」

 

11月にリリースされたベストアルバム『Finally』でも、安室ちゃんの濃いめアイラインは健在。彼女のアイラインは、上まぶたに太めに入れるのが定番で、太いラインによって澄んだ瞳が強調されるメイクが特徴的です。

ところがこのメイクも、40代女性がそのまま真似をしてしまうと“ケバさ”が際立つ危険なアイメイク。かなりしっかりめにラインを描いているので、リアルな生活に落とし込むと、目元だけが悪目立ちしかねません。

元アムラーとして40代女性がこのメイクを真似るなら、せめてアイライナーは薄めのブラウンにしておくと、ケバすぎを回避しやすくなります。

 

NG3:アムラーならではのチョイス…「くすんだ色味の口紅」

安室ちゃんと言えば、ピンクでもレッドでも、ややくすんだ発色のリップメイクがお得意です。ジャケ写でパキッとした発色の赤リップをつけていた時期もあるけれど、基本的にくすみカラーが定番になっているのが彼女のメイク。

なので、安室ちゃん風メイクをしようと思うと、リップもくすんだ発色を手に取りたくなります。

しかしくすんだ発色のリップは、40代女性のくすみ始めた肌をさらにくすんで見せやすい色みだけに、同じような色でメイクをするなら、透明感のある肌づくりが不可欠です。

また、彼女の口元にはくすんだリップにも常にほどよいツヤ感が加えられていますので、口紅だけでなく控えめなグロスでツヤを加える手間もお忘れなく!

 

◎安室ちゃんのアイシャドウは40代女性が積極的に真似たいポイント◎

元アムラーが今の安室ちゃんメイクを真似ようとすると、なかなかリアルに落とし込みにくいのも彼女のメイクの特徴です。

では、40代女性はリアルメイクでどこを真似するといいのかと言えば、私はアイシャドウ使いだと思います。彼女のアイシャドウメイクは絶妙で、二重をより美しく見せる幅広のメイク。あの絶妙な塗り方は、40代女性がリアルに真似しても、安室ちゃんのような印象的な目元を再現しやすいポイントですので、積極的に真似られます。

 

「安室ちゃんは永遠の憧れ!」な40代女性は、メイクも丸っと真似したい衝動に駆られがちですが、顔立ちや雰囲気の違いから、そのまま真似てしまうと不自然な仕上がりになるパーツもあります。似合うメイクは顔立ちによっても異なりますので、日々のメイクに落とし込むときには、工夫を取り入れて。

今後も時折、特定の芸能人に憧れてメイクを真似すると陥りがちなNGポイントに迫っていきます。

 

【もっと読む】

40代の美容

マイナス5歳見え!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

40代の大人ネイルとは?痛いネイルと上品にみせる解決法3つ

「ネイルまで気を配ってこそ、本物の美しい女性」と言われます。美しく整えた大人ネイルは自分の気分もアゲてくれる存在。一方で、ネイルは自分だけでなく他人の目にも触れ…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を…

眉毛の書き方を変えてみて?痛い眉メイクの整え方

周囲の40代女性に「メイクの悩みって何?」と質問すると、大体が「眉毛の描き方がわからない」「眉毛のトレンドを追いかけるべきか悩む」と答えます。20代の頃からメイクを…

薄いまつ毛はNG!「ナチュラルなつもり」40代がやらかす痛いアイメイク

20代の頃はマツエクやまつ毛パーマで目もとの印象力アップを頑張っていたのに、最近は「大人の女はナチュラルメイクが一番」などと言い訳をして手抜き気味……なんて人はいま…

40代からの女磨き!放っておくと痛い目にあう顔パーツ3つ

年齢を重ねると、電車の中でガラス越しに映る自分の顔を見てがっかりする……そんな機会が増えますね。薄暗い中で見る自分の顔は未来の自分を映し出す鏡とも言われています。…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~リップ編~

雑誌などでメイクトレンドをチェックしているものの、イメージチェンジする勇気が出なくて実はここ数年メイク法を変えていない…なんて人はいませんか? 私の友人アラフォ…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」につ…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事