安室ちゃん引退…アラフォー女性がやりがち「元アムラー的メイク」3大NGって?

歌手の安室奈美恵さんが衝撃的な引退宣言をしてから、はや数ヶ月。

これを読んでいらっしゃるアラフォー世代の女性には、その昔「アムラー」だった方も、決して少なくないはず! あの頃は、社会現象になるほどに右も左もアムラーしかいない時代でしたよね。

安室さんは、時代を牽引してきた存在として常に輝き続け、同世代のみならず多くの女性たちに、前向きな生き様を示してくれた女性のひとりです。

「私もアムラーでした!今も安室ちゃん大好きです!」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回はいつもとは少し趣きを変えまして、元アムラーの40代女性がやりがちなNGメイクをご紹介していきます。

芸能人のメイクはお手本にもなるけれど、顔立ちやリアルトレンドもあるから「そこは真似しないほうが……」なポイントもあります。

 

NG1:描き慣れた眉は変えにくいけれど…「細眉」

 

細眉がトレードマークになっている安室さんですが、彼女の眉メイクも時代によって、多少変化しています。今は、眉頭が昔よりもかなり太めになっていて、やさしい雰囲気に。

とは言っても、一貫しているのは全体的に細めな仕上げ。近影からわかるすーっと伸びたダークブラウンの眉は、彼女の小顔には絶妙のバランスで、若見えにも一役買ってくれているのは間違いなさそうです。

しかし40代女性がリアルに真似してしまうと、どことなくヤンキー調の顔立ちに! 彼女の細眉は、驚異的な小顔だからこそ存在感を放つので、そのまま真似をしてしまうと、リアルトレンドのメイクと比較して、眉が浮きやすいのでご注意を。

 

NG2:あのアーモンドアイに憧れ…「極太アイライン」

 

11月にリリースされたベストアルバム『Finally』でも、安室ちゃんの濃いめアイラインは健在。彼女のアイラインは、上まぶたに太めに入れるのが定番で、太いラインによって澄んだ瞳が強調されるメイクが特徴的です。

ところがこのメイクも、40代女性がそのまま真似をしてしまうと“ケバさ”が際立つ危険なアイメイク。かなりしっかりめにラインを描いているので、リアルな生活に落とし込むと、目元だけが悪目立ちしかねません。

元アムラーとして40代女性がこのメイクを真似るなら、せめてアイライナーは薄めのブラウンにしておくと、ケバすぎを回避しやすくなります。

 

NG3:アムラーならではのチョイス…「くすんだ色味の口紅」

安室ちゃんと言えば、ピンクでもレッドでも、ややくすんだ発色のリップメイクがお得意です。ジャケ写でパキッとした発色の赤リップをつけていた時期もあるけれど、基本的にくすみカラーが定番になっているのが彼女のメイク。

なので、安室ちゃん風メイクをしようと思うと、リップもくすんだ発色を手に取りたくなります。

しかしくすんだ発色のリップは、40代女性のくすみ始めた肌をさらにくすんで見せやすい色みだけに、同じような色でメイクをするなら、透明感のある肌づくりが不可欠です。

また、彼女の口元にはくすんだリップにも常にほどよいツヤ感が加えられていますので、口紅だけでなく控えめなグロスでツヤを加える手間もお忘れなく!

 

◎安室ちゃんのアイシャドウは40代女性が積極的に真似たいポイント◎

元アムラーが今の安室ちゃんメイクを真似ようとすると、なかなかリアルに落とし込みにくいのも彼女のメイクの特徴です。

では、40代女性はリアルメイクでどこを真似するといいのかと言えば、私はアイシャドウ使いだと思います。彼女のアイシャドウメイクは絶妙で、二重をより美しく見せる幅広のメイク。あの絶妙な塗り方は、40代女性がリアルに真似しても、安室ちゃんのような印象的な目元を再現しやすいポイントですので、積極的に真似られます。

 

「安室ちゃんは永遠の憧れ!」な40代女性は、メイクも丸っと真似したい衝動に駆られがちですが、顔立ちや雰囲気の違いから、そのまま真似てしまうと不自然な仕上がりになるパーツもあります。似合うメイクは顔立ちによっても異なりますので、日々のメイクに落とし込むときには、工夫を取り入れて。

今後も時折、特定の芸能人に憧れてメイクを真似すると陥りがちなNGポイントに迫っていきます。

 

【もっと読む】

40代の美容

マイナス5歳見え!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事