40代の大人ネイルとは?痛いネイルと上品にみせる解決法3つ

「ネイルまで気を配ってこそ、本物の美しい女性」と言われます。美しく整えた大人ネイルは自分の気分もアゲてくれる存在。一方で、ネイルは自分だけでなく他人の目にも触れやすいパーツ。それだけに、おばさんっぽく見えてしまうネイルの特徴もあるのです。
今回は、40代が実年齢よりおばさんに見えやすい痛いネイルと上品に変える見せ方についてお伝えします。

 

1:飾りが多いゴージャスなネイル

かなり前には、ストーンやパールをたくさん乗せたゴージャスなネイルが流行しましたが、現在はシンプルかつエレガントなネイルがトレンドになっています。

女性は、一度ゴージャスなネイルに慣れてしまうと、なかなかシンプルなネイルに変えるタイミングが難しかったりもしますが、40代の手元にゴテゴテした装飾をしてしまうと“必死さ”ばかりが強調され、痛々しさから“おばさん見え”を招くことが!

周囲からは「昔の流行をそのまま続けているの?」と思われやすく、せっかくのおしゃれなのに、年齢を強調させるキッカケになりやすいのです。

70代や80代にまでなってしまえば、ゴージャスネイルが海外マダムのようにおしゃれに見えても、「40代」という年齢ゆえに“古い流行のままアップデートできていない”手元を醸し出しやすく、微妙なエイジングがかえって悪目立ちすることも。

 

2:モーブ系のカラー

ややくすんだ印象に仕上がるモーブ系のカラーは、40代にふさわしい落ち着いた色合いも多く、ファッションに合わせて選びたくなる色。

今年もトレンドカラーになっている“スモーキーな紫”には、大人っぽいイメージもありますものね。

しかし、顔同様に“くすみ”やたるみ、シワが出始めている40代の手元に、さらにくすみを加速させるカラーを乗せてしまうと老け見えを招くことがあります。

紫がかった色を爪に乗せると、肌色によっては肌全体が沈んだ印象に仕上がってしまうことがあり、要注意なのです。

トレンドカラーではあるけれど、老け見えさせていたら、とても残念。

肌の色みによっても“沈むモーブ”には個人差があるので、爪に塗る前にいくつかの色みをチェックして、自分の肌を明るく見せる色をセレクトして。

 

3:爪が短く見えるカット

長すぎる爪は家事や仕事には不向きだけれど、短すぎる爪も40代の手元をおばさんっぽく見せることがあるので、長さやデザインもバランスが重要です。

爪のカットには、ラウンド・オーバル(卵型)・スクエアなど色々なデザインがありますが、短めの「ラウンド」や「オーバル」は、指の太さが強調され生活感のある手元に見やすい面があり、せっかくネイルをしても、おばさんっぽい雰囲気になりやすいのです。

「仕事に家事に」と実用性を考えると、短い爪のほうが便利なのですが、同じ長さでも“スクエアオフ”と呼ばれる角に丸みを入れるカットに変えるだけで、指が細見えしエレガントな印象に変わります。

 

手元など細部にまで“おばさん見えさせない”意識を宿らせてこそ、本物の大人ネイルスタイルが完成します。

ジェルネイルは一度塗れば2・3週間は美しさが持続する時短美容の救世主でもありますが、お手入れした爪のせいでおばさん見えを加速させることにならないよう、デザインやカラーには自分なりの“こだわり”を取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

「年齢よりもオバサンっぽい!」な40代にありがちな痛いポイントメイクって…?

「あの人、年齢よりもオバサンっぽく見えるよね」なんて陰で言われるのは、40代にとってかなり不名誉なお話。しかし、実年齢を聞いて驚くほどみずみずしさに溢れている40代女性もいれば、残念ながらも「まだ40代だっ…

歳のせいじゃなかった…! 最近「メイクのりが悪い」40代の3大NGスキンケア

年齢を重ねるにつれ「メイクの“のり”が、悪くなってきた」と口にする女性も増えてくる傾向です。加齢の波は、誰にでも押し寄せるものだけに「40代ともなれば、普通よね」と諦めの声もしばしば聞こえてきます。でも本…

「あのオバサン、清潔感がない…!」と思われる、40代女性の盛りすぎメイク

メイクは、同じコスメを使ったとしても、その強弱によって印象はガラリと変わるものです。清潔感の「ある」or「ない」については、色づかいや色の組み合わせかたも関係しますが、メイクがtoo muchになっているだけで…

男ドン引き! お泊まりの朝「別人じゃん…」になる40代に足りないコスメは?

お泊りデートの翌朝は、ポーチに入れて持参したコスメ類で、メイクを済ませるのが一般的。アレコレと持っていくと荷物になるので、こういったシーンでは持ち歩くコスメは厳選し、自宅でのメイクに比べて、簡素に済ま…

泥酔よりイヤだ…!? 男がドン引きする40代女性の「お酒の飲みかた」3例

社会人経験が長くなってくると、必要に迫られた結果、若いころよりもお酒に強くなる40代女性も珍しくありません。そして一方で「泥酔した姿は、みっともない」は男女問わずによく言われるお話。ところが、場合によっ…

それ「おツボネさま」に見えてる!厄介な40代の痛ポイントメイク3例

メイクの印象によって「この人って、こんなタイプ……?」な憶測にもつながりがちなだけに、ビジネスシーンでのブランディングとメイクテイストは、切っても切れない間柄に。だからこそ、デイリーのビジネスメイクでは…

「おばさんっぽい!」と言われる40代女性のポーチに入っている3大痛コスメって?

「あの人って、年齢のわりにオバサンっぽいよね」「いかにもオバサン!って雰囲気で、残念」周囲から、こんな評価をくだされていたとしたら、40代としては不名誉なお話。しかしメイクのテイストや使っているコスメの…

30代までは許されても…!? 40代だと「格段に非常識」に見えるNGメイク3例

メイクは、TPOによって変えてこそ、品格やトレンド感を演出できるもの。30代までは許されても、40代になってTPOにそぐわないメイクをしているとそれだけで「あの人、非常識そう」とレッレルを貼られやすい残念な傾向…

「ケバいオバサン」よりみっともない……!? 男が嫌悪感を示す40代女性の3大NGキャラ

先日、私たちと同世代の男性たちとの会話で「40を過ぎると、単なる“ケバいオバサン”路線に向かっていく残念な同世代も増える」という話題が出ました。と同時に「ケバいオバサン系もイヤだけど、もっとイヤな路線に向…

40代だって人前でラブラブしたい……! 「愛情表現が豊かな中年男性」の見抜きかた

40代になっても、愛する人とはいつまでもラブラブな関係を築きたいのを理想とする女性だって少なくありません。「愛に年齢は、関係ない!」とも言えますし、大人世代になっても豊かな愛情表現をしあっているカップル…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事