「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。

実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会がありました。

そこでの大まかな話の流れとしては「最近って、いわゆる“ブス”ってすごく減ったと思わない? みんなお化粧も上手だし、それなりに綺麗な人が増えたよね」という好意的な話だったのですが、だからこそ「今どき、ブス感丸出しの女性はざんねんすぎる、ホント近寄りたくない」という男性たちの辛辣な意見も飛び出す結果に。

ネットや雑誌からの情報もとりやすく、美容や健康への意識が高い人も増えている背景があるだけに、確かにパッと見で「ブス」なんて言われる人は少なくなっていると個人的にも感じていた私は、男性たちに、そんな時代だからこそ「ムリ」って感じる“ブス像”にあえて迫ってみました。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが思う“ざんねんな40代女性”の特徴に迫ります。

 

男が考える「ブスな40代女性の特徴」1:目つきが座っている(目が淀んでいて鋭い)

男性たちが思う「ブスなオバサン」の意見を聞いていると「目つきが強烈に悪い人って、どんなにきちんとお化粧していてもブスだなって思う」(41歳男性/飲食)、「メイクをちゃんとしていても、目が淀んでいて凄みのある目つきの女性は、僕はブスだなって感じちゃう。内面が濁っていると、目にも出るって個人的には強く痛感していますし、40代となると生き様も目に出る」(43歳男性/税理士)など、“目つき”についての意見も飛び出しました。

 

「目は口ほどに物を言う」ではないけれど、目の印象によって顔全体、ひいてはその人の印象を左右する要素になるのは否めません。

 

メイクや髪型がイケていても、目つきに不快感を抱くと「ブスなオバサンだよなぁ……」とジャッジを下す男性も、少なからずいるようです。

 

キャットアイなどのクールビューティ系が云々という話ではなく、“淀んだような目つき”というのが、男性たちが苦手とする“現代ブス”の条件になりやすいようです。

 

男が考える「ブスな40代女性の特徴」2:唇が不満げ

続いて、頻繁に出てきた意見が、“唇”にまつわるもの。

 

「唇を不満げに尖らせてばかりいる女性って、顔の造作はともかくとして、ブスっぽく見える」(42歳男性/IT)、「不満を抱えていそうな唇の形が常態化している女性は、近づきたくないしブスだなぁ……って思ってしまう」(39歳男性/運輸)など、造作そのものよりも不満げな印象を与えるような表情を唇によってつくっていると、ブス認定を受けやすい実情が判明しました。

 

この話を聞いて、私も実際に、鏡の前で試しに唇を不満げにしてみたのですが、確かに、唇の形ひとつで顔の印象ってかなり変わります。

 

唇を不満げに尖らせるような表情をすると、頬がこけたように映ったり口角が下がったようにも見えやすかったりするので、このあたりも異性からの「ブス」認定をされる原因なのではないかと感じた次第です。

 

男が考える「ブスな40代女性の特徴」3:真顔の印象が強い

最後は「ああ、なるほど」と、聞いた瞬間に私も強く合点がいった意見を。

 

「真顔の時間が長い人って、なんだかんだでブスっぽい印象が強くなる。笑顔はモテる鉄板だけど、表情に乏しいと、それだけでブス感が出るよね」(44歳男性/Webサービス)

 

「みんながにこやかななのに、気づくとひとりだけ真顔でいる女性って、顔の造作がどうのって関係なくブスにしか見えない! 無理に笑顔をつくる必要はないけど、40代女性の真顔って怒っているように見えやすく、スカしてる感じが強い」(40歳男性/IT)

 

笑顔は人間関係における潤滑油と言われるだけに、表情に乏しかったり真顔が常態になっていたりする女性は、顔の造作に関係なく、男性たちから「ブス」の烙印を押されがちな傾向もありました。

確かに、無表情はときに仏頂面にも見えますし、同性から見ても「近寄りがたい」と感じる要素。

個人的には、40代にもなって、キャピキャピと不必要に笑顔を振りまく必要まではないと思います。が、“真顔”の印象を強めてしまうと、不名誉なレッテルを貼られる引き金にもなることは、覚えておいて損はないなと感じました。

 

「ブスなオバサンだよね」なんて男性から陰で言われるのは、正直なところ「真っ平ごめんです」。ですが、彼らが「ブス」とジャッジするポイントは、同性からしても「なるほど」と感じる意見が多かったので、今回はあえてご紹介させていただきました。

顔のパーツが派手めだろうが地味めだろうが、そういった造作は関係なく、むしろ“表情のクセ”が、ブスっぽさを醸し出すのだと、個人的には改めて痛感。

気づかぬうちにブス顔を自ら引き寄せることのないよう、私も今年は、今まで以上に“気を抜いたときの表情”にも気を配ろうと肝に銘じました。

よろしければ、参考になさってみてください。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

40代の大人ネイルとは?痛いネイルと上品にみせる解決法3つ

「ネイルまで気を配ってこそ、本物の美しい女性」と言われます。美しく整えた大人ネイルは自分の気分もアゲてくれる存在。一方で、ネイルは自分だけでなく他人の目にも触れ…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を…

眉毛の書き方を変えてみて?痛い眉メイクの整え方

周囲の40代女性に「メイクの悩みって何?」と質問すると、大体が「眉毛の描き方がわからない」「眉毛のトレンドを追いかけるべきか悩む」と答えます。20代の頃からメイクを…

薄いまつ毛はNG!「ナチュラルなつもり」40代がやらかす痛いアイメイク

20代の頃はマツエクやまつ毛パーマで目もとの印象力アップを頑張っていたのに、最近は「大人の女はナチュラルメイクが一番」などと言い訳をして手抜き気味……なんて人はいま…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事