「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。

実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会がありました。

そこでの大まかな話の流れとしては「最近って、いわゆる“ブス”ってすごく減ったと思わない? みんなお化粧も上手だし、それなりに綺麗な人が増えたよね」という好意的な話だったのですが、だからこそ「今どき、ブス感丸出しの女性はざんねんすぎる、ホント近寄りたくない」という男性たちの辛辣な意見も飛び出す結果に。

ネットや雑誌からの情報もとりやすく、美容や健康への意識が高い人も増えている背景があるだけに、確かにパッと見で「ブス」なんて言われる人は少なくなっていると個人的にも感じていた私は、男性たちに、そんな時代だからこそ「ムリ」って感じる“ブス像”にあえて迫ってみました。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちが思う“ざんねんな40代女性”の特徴に迫ります。

 

男が考える「ブスな40代女性の特徴」1:目つきが座っている(目が淀んでいて鋭い)

男性たちが思う「ブスなオバサン」の意見を聞いていると「目つきが強烈に悪い人って、どんなにきちんとお化粧していてもブスだなって思う」(41歳男性/飲食)、「メイクをちゃんとしていても、目が淀んでいて凄みのある目つきの女性は、僕はブスだなって感じちゃう。内面が濁っていると、目にも出るって個人的には強く痛感していますし、40代となると生き様も目に出る」(43歳男性/税理士)など、“目つき”についての意見も飛び出しました。

 

「目は口ほどに物を言う」ではないけれど、目の印象によって顔全体、ひいてはその人の印象を左右する要素になるのは否めません。

 

メイクや髪型がイケていても、目つきに不快感を抱くと「ブスなオバサンだよなぁ……」とジャッジを下す男性も、少なからずいるようです。

 

キャットアイなどのクールビューティ系が云々という話ではなく、“淀んだような目つき”というのが、男性たちが苦手とする“現代ブス”の条件になりやすいようです。

 

男が考える「ブスな40代女性の特徴」2:唇が不満げ

続いて、頻繁に出てきた意見が、“唇”にまつわるもの。

 

「唇を不満げに尖らせてばかりいる女性って、顔の造作はともかくとして、ブスっぽく見える」(42歳男性/IT)、「不満を抱えていそうな唇の形が常態化している女性は、近づきたくないしブスだなぁ……って思ってしまう」(39歳男性/運輸)など、造作そのものよりも不満げな印象を与えるような表情を唇によってつくっていると、ブス認定を受けやすい実情が判明しました。

 

この話を聞いて、私も実際に、鏡の前で試しに唇を不満げにしてみたのですが、確かに、唇の形ひとつで顔の印象ってかなり変わります。

 

唇を不満げに尖らせるような表情をすると、頬がこけたように映ったり口角が下がったようにも見えやすかったりするので、このあたりも異性からの「ブス」認定をされる原因なのではないかと感じた次第です。

 

男が考える「ブスな40代女性の特徴」3:真顔の印象が強い

最後は「ああ、なるほど」と、聞いた瞬間に私も強く合点がいった意見を。

 

「真顔の時間が長い人って、なんだかんだでブスっぽい印象が強くなる。笑顔はモテる鉄板だけど、表情に乏しいと、それだけでブス感が出るよね」(44歳男性/Webサービス)

 

「みんながにこやかななのに、気づくとひとりだけ真顔でいる女性って、顔の造作がどうのって関係なくブスにしか見えない! 無理に笑顔をつくる必要はないけど、40代女性の真顔って怒っているように見えやすく、スカしてる感じが強い」(40歳男性/IT)

 

笑顔は人間関係における潤滑油と言われるだけに、表情に乏しかったり真顔が常態になっていたりする女性は、顔の造作に関係なく、男性たちから「ブス」の烙印を押されがちな傾向もありました。

確かに、無表情はときに仏頂面にも見えますし、同性から見ても「近寄りがたい」と感じる要素。

個人的には、40代にもなって、キャピキャピと不必要に笑顔を振りまく必要まではないと思います。が、“真顔”の印象を強めてしまうと、不名誉なレッテルを貼られる引き金にもなることは、覚えておいて損はないなと感じました。

 

「ブスなオバサンだよね」なんて男性から陰で言われるのは、正直なところ「真っ平ごめんです」。ですが、彼らが「ブス」とジャッジするポイントは、同性からしても「なるほど」と感じる意見が多かったので、今回はあえてご紹介させていただきました。

顔のパーツが派手めだろうが地味めだろうが、そういった造作は関係なく、むしろ“表情のクセ”が、ブスっぽさを醸し出すのだと、個人的には改めて痛感。

気づかぬうちにブス顔を自ら引き寄せることのないよう、私も今年は、今まで以上に“気を抜いたときの表情”にも気を配ろうと肝に銘じました。

よろしければ、参考になさってみてください。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

40代の大人ネイルとは?痛いネイルと上品にみせる解決法3つ

「ネイルまで気を配ってこそ、本物の美しい女性」と言われます。美しく整えた大人ネイルは自分の気分もアゲてくれる存在。一方で、ネイルは自分だけでなく他人の目にも触れ…

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG

「お金が貯まらない……」が口グセのようになっている人には、生活習慣にも共通点があると言われています。40代ともなれば、それなりに収入も安定し、趣味や遊びにかけるに十…

シビア! 「失礼ながら老け顔…」と男が思う40代の美容悪グセ3例

深い仲になれば、男性からは、パートナーである女性の“内幕”も垣間見えるのが常。そして40代女性と交際、あるいは結婚関係にある男性たちの中には「俺のパートナーは、やる…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事