薄づきでもダメ!「汚いおばさん」と思われちゃうメイクの特徴って?

「メイクは、薄づきにさえしていれば若見えするはず」は、正解でもあり誤りでもあります。“薄づきメイク=美人に見える”とは限らないし、仕上がりがキレイだとも限らないのが、ちょっと怖いところ。

自分ではきちんとメイクしたつもりでも、周囲から「あの人、汚いおばさん!」なんて思われるのだけは、なんとしても避けたいですよね。

「メイクは美しくなるためにすべきもの」と考えている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、周りから「汚いおばさん」と思われかねないアラフォーメイクの特徴をお話します。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

1:グラデーションアイシャドウのみで仕上げた目元

 

加齢に伴い、目元の皮膚がたるんできているように感じる女性は少なくないはず。しかし伸びてきた皮膚にのせたアイシャドウは、時間の経過とともにヨレやすい点を忘れるわけにはいきません。

アイライナーを描くとインパクトが強すぎるのを懸念して、敢えてアイシャドウの濃淡のみで仕上げるナチュラルメイクもありますが、40代がこれをしてしまうと、ぼんやりした印象が加速し、おばさんぽさを演出してしまう結果も多々あるのです。

仕上げた直後には美しいグラデーションでも、まばたきを繰り返すうちにミゾにアイシャドウが溜まり汚い印象を与えるだけでなく、アイラインのないぼやけた目元とあいまって、なんとも言えない“おばさんくささ”が出るパターンも。

「この頃、目元がぼやけてきた」と感じたらアイライナーはマスト。極細アイラインを味方につけたほうが、目元がぼやけず若見えしやすくなりますし、多少ヨレたアイシャドウも気になりにくくなります。

 

2:ぼかしきれていないシェーディング

 

昨今のアラフォーは、シェーディングテクも一般的になっている世代。それだけに、日々のメイクでシェーディングを取り入れている人も少なくないのではないでしょうか。

仕上げにシェーディングさえすれば、ベースをナチュラルに仕上げても美しい凹凸が演出でき、若見えを狙えるメイクになるのは確かです。

しかし、ぼかしきれていない露骨なシェーディングは、不自然な若づくり感が出ると同時に、周囲には雑にメイクしている印象を与えます。

ところどころが人工的にどす黒くなっている肌を見た人は例外なくギョッとしますし、パッと見で汚らしい印象にも。

肌に馴染ませる手間を怠っただけで、ナチュラルベースでも、かえって汚い印象を与えかねないので気をつけて。小顔見せも、自然なシェーディングが成功してこそ狙える効果です。

 

3:パール感の強い口紅で縦じわがくっきり

 

パール感の強い口紅は、今のトレンドからは少し外れているテイストです。それだけに、キラキラしたパール系リップは、塗るだけで年齢を感じさせる引き金にもなりかねません。加えて、加齢に伴う唇の縦じわがくっきりとなれば、微妙な不潔感を醸し出すポイントにも。

今の流行から外れている縦じわリップは、どんなに薄づきメイクをしていたとしても、汚いおばさんっぽさをイメージさせかねないので、避けたほうが無難です。

手っ取り早くおばさんぽさを抜くなら、思い切ってパール系の口紅はやめて、ツヤ感のあるリップを手にとってみて。昨今の口紅は本当に優秀なので、塗るだけでツヤを加え、縦じわを目立たなくしてくれるテクスチャーのものもたくさんあります。

 

 

ファンデーションがヨレたり粉を吹いていたりすれば、無条件に「汚い!」と思われそうなのは容易に想像できても、それ以外の要素によって不名誉な印象を与えてしまっていれば、結局「汚いおばさん!」に。かくいう私も薄づきメイクが好きなアラフォー世代だけに、自戒も込めて書きました。

お心当たりがあった方は、ぜひ今すぐこんなメイクを封印して!

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事