ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メイクでフォローしていくしかなくなります。

「最近、お肌に謎のプツプツやシミが顕著です」と、人知れずため息な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、お肌の“アラ”を、アラフォーが悪目立ちせずに時短ベースメイクでフォローするコツをお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

時短だと“均一塗り”ばかりしてない?

 

時短メイクだと、どうしても全体を均一に塗りたくなるので、調子がいい部分も不調が出ている部分も、同じようにファンデーションを塗ってしまう女性も少なくないはず。しかしアラフォー肌の多くは「おでこだけプツプツが目立つ」「頬の一部にだけシミがある」という具合にパーツによって状態が異なるので、“均一塗り”で時短美肌をつくるのは、実は難しいお話です。

正直なところ、プツプツやシミくらいは丁寧にカバーしたほうが、仕上がりは断然、美肌になるのは間違いありません。

とは言っても、特別な日のメイクならいざ知らず、毎日のメイクはできるだけ手早く済ませたいのも多忙を極めるアラフォー女性たちの本音。

ならば、時短でも“アラ”をフォローするいくつかのテクを駆使して!

 

時短ベースメイクで“アラ”をフォローする2つのテク

 

時短メイクで「きれいな肌!」を狙いたい日には、プツプツやシミが目立ちにくくなる手軽なテクを応用して。

手っ取り早く目立ちにくくするなら、“光”を味方にするのが一番です。

(1)下地にコントロールカラーを使う

 

ファンデーションの前に使う下地に工夫を取り入れると、均一塗りでも“アラ”が目立ちにくくなります。

のっぺりとした肌だと、光の反射がなくポツポツやシミも目立ってしまうけれど、明るい色みやパール系の下地を使うと、光を反射させ“アラ”の数々が目立ちにくくなるというわけ。ハイライトを入れる定位置でもあるTゾーンから鼻筋、頬骨の高い位置、顎に明るめの下地を塗っておくだけで、光の加減によって他の部分の“アラ”をわかりにくくするメリットが期待できます。

ただし、これらのパーツにプツプツが出ている場合には、かえって悪目立ちする結果になりがち。プツプツが出ている箇所へはコントロールカラーの使用を控えて。

(2)均一塗りの最後にシェーディング

 

日々の時短メイクはやっぱり“均一塗り”が便利ですが、いったん仕上げてみてカバー力が物足りないメイクになっているときには、シェーディングを取り入れて。

生え際に近いおでこ、こめかみ、顎先などにシェーディングカラーを入れると、濃淡による凹凸が演出でき、プツプツやシミも目立ちにくくなります。

ファンデーションの色よりワントーンから濃いめのパウダーを塗るだけでも、十分な凹凸が生まれます。

 

ポツポツやシミは、時短で「隠そう」とすると厚塗りや不自然な仕上がりになりやすいだけに、時間をかけずにフォローするなら、トラブルのある箇所ではなく全体の印象で“ごまかす”ようなメイクを目指してみてください。

とは言っても、ポツポツやシミは丁寧にカバーしたほうが美しい肌を演出できるのは間違いないだけに、手間をかけられる日には、優秀なコンシーラーほど強い見方はありません。でも、時間がない日のコンシーラー使いは、慌てたがゆえにかえって悪目立ちさせる結果にもなるから、そのさじ加減も難しい……!

「今日はあまりメイクに時間をかけらないのに、アラが目立ちそうで参った!」。そんな日にはぜひ、メイクの仕上げに濃淡を出して、ほんのりとしたイメージ効果を最大限に応用してみてください。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

 

【もっと読む】

40代の美容

マイナス5歳見え!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

薄メイク派は注意!40代が「汚いオバサン」に見える3大カサカサ部位

ナチュラルメイクを心がけすぎて、カバーすべき箇所がカバーできていないとなれば残念なお話です。今の時期に特に私たち40代女性の頭を悩ませがちなもののひとつが、お肌の…

青みピンクだけじゃない!40代が「ボディコンおばさん」化する口紅3色

口紅は、40代の肌に血色が足りないとき、瞬時に華やかにしてくれる時短美容の救世主。ここ最近はずっとナチュラルメイクが人気なので、口紅も薄づきを意識してきた方は、多…

痛いどころじゃなくだいぶヤバすぎ!40代の春メイク3選

春になると、メイクをイメチェンしたくなるもの。秋冬は重めなメイクを意識していた方も、気候がよくなってくると、軽やかなメイクへとアップデートしたくなる女性は多いは…

【今、捨てるべきコスメリスト7】来週使うかも…は来ない!この春こそ捨て時

初夏の雰囲気もますます漂い、コスメの“衣替え”にも意識を向けたい時期。ゴールデンウィークは、コスメの整理にも最適な時期です。しかし、できる限りの“コスメ断捨離”を心…

メイク直しのとき、ここちゃんと見た?40代がオバ肌を隠す3ポイント

朝、メイクしたてのときには美しくても、時間が経つと崩れてしまうのは、多くの40代女性にも共通するお悩みではないでしょうか。「最近はメイク直ししても、あまり見栄えが…

40代の顔たるみがワル目立ち!3大NGベースメイク

知人からでも見知らぬ人からでも「あの女性、顔がデカイなぁ……」とは、思われたくないもの。しかし年齢とともに重力にも逆らえなくなり、ちょっとした“たるみ”のせいで、若…

「脚も腕も絶対焼かない!」時短美容家がガチ検証したオススメUVはコレ

気候が良くなってきて、外に出るのが気持ちよく感じる今日この頃。そして、外が暖かくなってくると、UV対策もそろそろ本腰を入れるべきシーズンの到来です。年齢を重ねるに…

スポーツ後の時短メイクなおし「目上男性ウケ」がいいのは?

目上の方々ともご一緒する機会が多い“ゴルフ”では、プレー後の身支度にあまり時間をかけにくいのも正直なところ。誰かの車でゴルフ場を訪れている際には、自分の身支度のせ…

2位は浮気、3位は浪費、1位は? 40代女性に聞いた 「リアルな離婚原因」ワースト3

離婚歴がある女性も40代には少なくないけれど、離婚の原因が「夫側にあった」というケースも意外と多いのが実情です。「夫婦は鏡」なんて言われることもありますが、妻は必死で家庭を守ろうと努力しても、夫が“結婚…

難ありだけはご遠慮したい…!「結婚歴のない男」にありがちな特徴TOP5

「いいな」と思った男性が、それなりの年齢になっているのに「結婚歴なし」だと、“難あり”を疑ってしまう女性も多いのではないでしょうか。人並みに恋愛をしていれば、過去に何度かは“結婚に至るご縁”とも巡り合って…

自覚のない「恋は盲目」にご用心…! 離婚する男の3大傾向がアンケート調査で判明

今は、離婚歴のある男性と、交際を考えたり実際にお付き合いをしたりする40代女性も少なくない時代。本来であれば、一度は「生涯を添い遂げる」と決めた相手とは、何があろうとも運命をともにするのが理想ではあるも…

気づけばゴールインも…! 40代で大恋愛を掴んだ女性たちが「意識的に変えていたこと」3つ

ここ最近、アラフォーから40代女性までのご縁を立て続けにつなぐ機会に恵まれた私が思うのは「男女はなんだかんだ言って、収まるべきところにちゃんと収まるのだな」という点です。20代や30代前半までは“いい恋愛”と…

僕は遠慮します…男が引く40代女性の「私ってこんな人」アピール3パターン

40代ともなると、いわゆる“雑魚モテ”と呼ばれる不特定多数からのモテよりも、狙った相手からの“本命モテ”を求めたい女性も増えてきます。真剣交際できる相手を探していたり、婚活を成就させたいと考えている場合には…

ソレは勘弁! 男がドン引きした、40代独女3つのお泊りコーデ

外で会うデートを経て、“お泊まりデート”にまで進展する関係になれば、意中の彼との間柄も「順調に進んでいる」と思えるもの。こんなシチュエーションに臨むとき、20代の頃よりはドキドキしなくなっている40代女性だ…

安っぽいオバサン…!? ゴージャス狙いで「むしろ貧相になる」40代のNGメイクテク3つ

デートやちょっとしたイベントごとがある日のメイクでは、普段よりも“ちょっとゴージャス”な仕上がりを狙いたくなるものです。ところが、そんなシチュエーションでこそ、40代が陥りがちなワナも!自分では華やかなメ…

「キミのことはもう女として見られない…」40代女性がやらかす3大NG美容とは!

デイリーの美容で愛用しているグッズを見て、恋人や夫が「それ、今ここでやる必要あるの?」なんて内心で毒づいている……そんなシチュエーションって、実は結構「あるある」です。美容術は、どんなテクであれ「やらな…

気づけば男が引いていた!? 「育ちが悪い40代女」と思われるダメファッション3例

40代になったとしても、男性たちからは「育ちが悪そう」と思われるよりも「育ちが良さそうな女性だ」と思われたほうが嬉しいのが、私たち女性の本音。他方で、巷の男性たちが第一印象で抱く感想って意外と辛辣でもあ…

紹介話がザクザク舞い込む!? 「ほったらかしでモテる」40代女性のSNS写真ってこんな感じ

先日、紹介話を断られやすい40代女性の“顔”にまつわる印象を書きましたが、一方で、写真のイメージがいいというだけで「この女性を、紹介して!」と男性が群がる女性もいるのが真実。言ってみれば「ほったらかしでも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事