「ほめられる肌」になりたい。汚肌に悩んでわかった40代からのスキンケア【40代からの美容道】

40代ともなると肌の悩みは尽きません。シミ、シワ、たるみ、くすみ……昔はこんなじゃなかったのに、年齢を重ねたせいでしょう。でも! 何歳になっても「ほめられる肌」になりたいというのが女心というものです。たとえ枕詞に「〇歳にしては」がついたとしても。40代はもちろん、50代になっても60代になっても「ほめられる肌」になりたい。そう思いながら40代からのスキンケアについて考えてみました。

 

アラサーのときは「汚肌」でした

お見苦しくてすみません。(左)30歳ごろの肌。大人のニキビと赤みに悩んでいた。(右)43歳のときの肌。修正・加工はしていません!

ここ数年、肌測定器で肌年齢が若いと診断されたり、美容部員のお姉さんに「きめ細かくてキレイな肌ですね」とほめてもらったり、年下の男性に10歳若く見てもらえたり(-10歳肌エピソードはコチラ)……。ありがたいことに45歳にしては肌をほめていただけているのですが(多少の社交辞令も含む)、実はアラサー世代のときはひどく肌が荒れていました。上の写真のように、顔の下半身がほぼ吹き出物で覆われていたんです。

当時は鏡を見るのが本当にイヤだったし、なかなか治らなかったので一生こういう肌で生きていくのかと思ったこともありました。でも、スキンケアや生活習慣を本気で見直して、なんとか汚肌を克服したのです(その方法はコチラ)。

 

昔はほめられず、今はほめられる理由は?

左の写真のときは、当然誰からも肌をほめられたことはありません。むしろ「大丈夫ですか?」「痛くないですか?」など、かわいそうに思っていただくことばかりでした。この写真は29歳か30歳のときですから、今から16、17年前です。

シミやシワ、たるみは現在よりずっと少ない若い肌なのにほめられない。そりゃそうですよね。色白ではあるけれど、こんなにブツブツができてたら……。

ですが今は、肌をほめていただくことがある。シミやシワ、たるみは圧倒的に増えているし、肌老化は進んでいるにもかかわらず。昔の肌はほめられなくて、今の肌はほめられる理由はなんなのでしょうか? 私の場合は、肌荒れによるブツブツがあるかないか、これが大きいと思われます。

 

「ほめられる肌」、たった2つのポイント

他人からほめられる肌のポイントは、大きくわけてほぼこの2つだと思います。

「肌、つるつるですね!」

「肌、白いですね!」

つまり「ほめられる肌」というのは肌全体の印象が「つるつるな肌」であるか「白い肌」であるということ。

「つるつるな肌」「白い肌」、この2つに共通することは何でしょうか? 肌の細かいところをほめるのではなく「肌全体」の印象をほめているということ。つまり、肌を「点」でとらえずに「面」でとらえているのです。

私はそれほど肌が白くはないので(黒くはないが、どっちかっていうと黄色い)、ほめられるとしたら「つるつるな肌」方向なのでしょう。

 

ちっちゃいことは気にしない!

自分の顔を鏡で見ていると、ついついシミだのシワだのたるみだの……と細かな点が気になってしまいます。ですが、他人はそんな細かいところなんてたいてい見ていません! ごく一部マニアックな方を除いては。

40代、50代、60代、70代、80代……。何歳になっても「ほめられる肌」になるためスキンケアで重視すべきは、細かいことではなく肌全体の印象! 肌全体を「つるつる」にするか「白く」するということではないでしょうか。

なので、45歳の現在、私はまず「つるつるな肌」を目指しています。

そりゃあ、シミもシワもたるみも気にしていますけれど、それよりもまず肌全体がつるんとしてればいいかなと。だから、保水+保湿ケアでつるつるな肌を目指しています。具体的なケアとしては、導入美容液+化粧水+クリーム(または乳液)です。

全体的に「白い肌」も憧れますけれど、もともとが肌が黄色いのでいわゆるホントに白い「ほめられる白肌」にはなれなそうな気が(苦笑)。せめて夏だけホワイトニングコスメをプラスしたり、日焼け止めでこれ以上は黄ばまないようには気を付けています。

40代からも「ほめられる肌」になるには、ちっちゃい点は気にしない。肌全体の印象を高めるケアをしていくのがよいのではないでしょうか。他人はたいていの場合、肌をパーツではなく「肌全体」で見ているのですから。

 

 

【40代からの美容、コチラもチェック】

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?

丸顔も奥二重も気になるけど! 40代からのメイクは「1点突破」主義のススメ。

知ってた? 肌よりも紫外線から守るべき、UV対策パーツがあるんです!

【40代編集長の婚活記#26】アラサー男子のOKはいくつ年上まで?

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

#118 恋人いない歴9年の独女、久しぶりに「ときめいた」理由【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年の46歳・独身のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳で婚活をスタートさせて2年以上が経ったが、いまだにゴールは見えず。以前に名刺交換をしたことがある男性・ジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中…

どうすればいい? 40代「肌が変わってきた問題」。肌研究の第一人者に聞いてみた

違う、明らかに違うんです……30代と。40代になってから肌が変わってきたと痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。お手入れも変えなくてはと、自分なりに試してはいるけれど……。何度目のお肌の曲がり角なのかしら…

[PR]

過酷な現代を生きる女性へ。40代編集長が考える「美しさ」の条件とは

ずっと頑張ってきたのではないでしょうか、いまの40代女性たちは。何をするにしても競争率が高い世代。努力と根性で乗り越えることが美しい、とされていました。私自身も、そんな中で生きてきた一人です。でも、もう…

[PR]

#117  40代独女、バツイチ男とのデートで「初めての経験」【40代編集長の婚活記】

40代で初めての婚活をスタートさせた、恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、元カレとの再会など、さまざまな婚活にチャレンジして早や2年。ある夜、会うことにな…

見どころとイケメンをチェック! プロ野球ドラフト会議2018に行ってみた

運命を変える1日でもある「プロ野球ドラフト会議」が10月25日に開催されました。大阪桐蔭高校の根尾選手や藤原選手、金足農業高校の吉田投手など、甲子園で活躍した高校球児の1位指名が多くあったドラフトでした。い…

#116  40代独女が「久しぶりのデート」で驚いたこと【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超の恋愛ご無沙汰女子、OTONA SALONE編集長・アサミ。40代の婚活をスタートさせて2年以上経つも、いまだ恋人すらできず。どこかで知り合ったであろう謎の男性・ジェントルさんから「お会いさせてくだ…

あなたは経験ありますか? 人生で初めて「痴漢にあった」かもしれない話

あなたは痴漢にあったことがあるでしょうか? 私は46年間の人生で幸いなことにその被害経験がありませんでした……今までは。でも、本当に腹立たしく悔しいことに、人生で初めて痴漢にあったかもしれないのです。2017…

婚活にデニムはアリ?「モテるデニム」5つのルール【オトナの婚活コーデ】

モテ服なんてどうでもよくずっと好きな服を着ていた40代独女が、婚活をスタートさせて2年。婚活パーティや婚活デートを繰り返しているうちに、やっと理解してきた【オトナの婚活コーデ】。リアルに着ているコーデを…

#115「男の本音」がわからない。二人で食事はデートか、仕事か?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年のOTONA SALONE編集長・アサミが、40代にして初の婚活に挑戦中。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など数々の婚活をリアルに実践すること2年。どこかで会ったのだけれど思い出せない謎の男…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事