ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともにカサつきが気になる私たちの肌を、やさしく潤してくれる存在です。

「ニベアもヴァセリンも家にあります!」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

ところで、乾燥する時期特有の手指の荒れは、できるだけ手軽にお手入れしたい女性も多いはず。そこで今回は私がガチンコで、このふたつを片手ずつに4日間塗り続けた結果をレポートしてまいります。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

御多分に洩れず、手荒れが気になるアラフォー世代の私

ところで、レポートの前に私の手指の傾向を少しお話しますと、まず、季節の変わり目には必ずと言っていいほど指先や手のひらの皮がポロポロ剥けてくるタイプ。さらに、もともとの潤いも残念ながら多いほうとは言えず、水仕事のあとや長時間屋外で過ごしたあとの手指は、ガサガサになりやすいのです。

そんな私は、年間を通してハンドクリームが欠かせないのですが、今回は『ニベア』と『ヴァセリン』のみでハンドケアしました。

 

まずは左手に『ニベア』を

最初は『ニベア』からレポート。この写真は使用前です。(ちょっとサロンに行けていないので、ネイルが伸びきっていますがご容赦を!)

スキンケアにニベアを使っている女性ならお心当たりがあると思いますが、こっくりしつつサッパリといった独特のテクスチャーは、手指に塗ってもよくなじみます。

たっぷりめに塗っても、私の乾燥した手指にはぐんぐん入っていくような感覚で、塗った直後からパソコンのキーボードを叩いても気にならないレベルのサラサラな仕上がり。

検証中は、乾燥に気付くたびにニベアをひたすら塗りました。洗い物など水仕事をすると落ちてしまうような感じもあり、結構こまめに塗り直した気がします。

そして、4日目。

見事に、内側から潤っているような感覚に。さらに、検証を始める前には皮が少々ポロポロしていた指の腹も、落ち着きました。

さすがニベア、手指の乾燥対策にもやっぱり強いです。

 

そして右手に『ヴァセリン』を

続いて『ヴァセリン』を塗り続けた私の右手をレポート。同様に使用前の写真です。

よく伸びますが、室温のせいか少々なじみにくい気がしたので、丁寧に塗り込んでいくように心がけました。しっかり塗り込んでおくと、洗い物などの水仕事をしたあとにも、水滴を弾き乾燥から手指を守ってくれました。

さて、4日目。

こちらは、外側に薄いヴェールがかかっているような感覚です。ポロポロしていた皮も落ち着いていました。

『ヴァセリン』のヴェール力は、改めて検証してもすごいものが!

 

水仕事が多い女性は『ヴァセリン』がおすすめ。でもベストな選択は…

 

実は、今回の検証で私が一番驚いたのは、『ヴァセリン』を塗った手指の“撥水っぷり”。ちょっとくらいの水仕事ならまったく落ちた気がせず(本当は落ちているのだと思いますが)、保湿効果が持続していました。日頃から水仕事が多い女性は『ヴァセリン』が、時短かつ長持ちの保湿ケアにも一役買ってくれそうです。ただし『ニベア』に比べると、付けた直後にややベタつきが気になるのは否めません。

正直なところ『ニベア』のしっとり具合も『ヴァセリン』の守ってくれる感じもそれぞれによく、どちらも保湿効果は高め。甲乙つけがたい結果となりました。

そんな私のファイナルアンサーは「ニベアを塗ったあとに、ヴァセリンで蓋をしたら最強なのでは?」でした。

夜ベッドに入る前など、あまり指先を使わないシチュエーションでなら多少の厚塗りをしても気にならないだろうと思い、さっそく検証の最後にお試し。

すると、翌朝の手指はまったく乾燥していませんでした! 冬の頑固なカサカサには、W使いが最強の組み合わせにもなりそうです。

 

『ニベア』も『ヴァセリン』も手軽なアイテムだけに「家にあるけど、そういえば最近は使っていなかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。身近なものを使って手元のスペシャルケアが叶えば、コスパよくハンドケアが完了します。よろしければぜひ、参考になさってみてください。

(※画像は筆者の私物です。)

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

大人気の「ニベア」はヘアケアにも使える!リアルな活用術3つ

巷で大人気の『ニベア』は、全身に使える保湿クリームとして、もはやブームを超えた定番アイテムになっています。うるおいパワーが高く、顔にも身体にも使えるほど優秀なこ…

白髪対策からヘアスタイル・メイク直しまで。40代のニベア活用法まとめ

巷で大人気の『ニベア』。全身に使える保湿クリームとしてブームを超えた定番アイテムになっています。シンプルな保湿クリームだけに、いろいろなアイデアが湧いてくるとこ…

花粉シーズンのスキンケアに「ニベア」!ここに気をつけて

冬になると、保湿に大活躍の『ニベア』は、40代女性にもファンが多い製品です。漠然とではありますが「このニベアを使い切る頃には、春も本番かも」なんて思っているのは、…

まだまだ使える! 本格的な春までに使い切りたい『ニベア』の大人流な使い倒し術2つ

春の足音が聞こえてきて、そろそろ「スキンケアやボディケアも、アップデートしなくては」と思っていらっしゃる女性も増えてくる時期です。寒い冬が終わって穏やかな気候に…

保湿力を活かす!春メイクからネイル対策までヴァセリン活用法まとめ

プチプラ保湿コスメの定番といえばニベアとヴァセリン。なかでもヴァセリンは少量でもよく伸びるので「買ったのだけど、使っていないまま余っている」方もいらっしゃるので…

男ウケだだ下がり…! 40代女性がやりがち? 「彼の家のトイレ」での不可解な行動Part2

先日は「男が首をかしげる…40代女性がやりがち? 「彼の家のトイレ」での不可解な行動3選」の記事で、男性たちが「ナシでしょ」と感じている40代女性の振る舞いをご紹介しました。このテーマで話を聞いていると、あら…

男が首をかしげる…40代女性がやりがち? 「彼の家のトイレ」での不可解な行動3選

親密な間柄になれば、相手や自分の自宅を行き来するのも自然です。そんなシチュエーションでも、“家のトイレ”は、ひとりでホッとできる「自分だけの空間」。しかしだからこそ、ちょっとした所作に本性が現れてしまう…

不意の体調不良に備える! 40代になったら揃えておきたい「美容救急箱」のスタメン3選

疲れが溜まりやすかったり、ちょっと体調が優れなかったりする日が若い頃と比べて増えるのは、40代ならお心当たりがあるかたも多いはず。派手に体調を崩さないまでも「今日は、美容に手間をかけずに一刻も早く休みた…

非常識なオバサン…? 「電車の中」で男がゲンメツする40代女性のNG振る舞い

先日は、タクシーで移動中に男にドン引きされがちな40代女性の傾向を「イチャつくよりもヤバいオバサン…!? タクシーで男が幻滅する40代独女の振る舞い」こちらの記事でご紹介しましたが、もうひとつ、デート中に意外…

イチャつくよりもヤバいオバサン…!? タクシーで男が幻滅する40代独女の振る舞い

デート中の移動などで、カップルでタクシーに乗る機会も少なくないのが40代。都会で働いている女性ほど「夜の移動は、もっぱらタクシー!」という人も、珍しくないかもしれません。ところが、そんなシチュエーション…

アノ笑い方も不評!「いい歳してぶりっ子?」とバカにされる40代オバサンの残念習慣

“ぶりっ子”なんてしているつもりはないのに、男性から「いい歳して、ぶりっ子しちゃって……」と思われるのは、40代女性にとって不名誉な評価。媚を売っている自覚がなくとも「俺に媚びてる?」などと要らぬ誤解まで与…

気を抜いて大失敗…! 男が嫌悪感を示す40代女性にありがちな「表情」3大NG

「いい子なんだけど、ふとした瞬間に見せる表情が苦手でさ……」などと、女性を評する男性も珍しくありません。40代ともなると、顔に“生き様”が出ると言われる機会も多いだけに、男性が嫌悪感を示す表情をするのは、で…

サンダルシーズンが終わっても男ウケ最悪な40代女性の「足の爪」3例

先日、こちらの記事では『フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG』で、男ウケ目線で不評なネイルの特徴をご紹介しましたが、“爪”と言えばもうひとつ、忘れてはならないのが“足の爪”。深い…

乾燥に負けない肌は時短で育む! 私の40代的「うるおい肌」養成術

このところ急激に湿度が下がってきていて、いよいよ本格的に乾燥対策を意識したいタイミングとなりました。40代ともなると、ただでさえ若い頃と比較して「肌がカサつく」「うるおいが足りていない感じ」などと感じる…

うっかり婚活に失敗…! やりがちだけど「男ウケ最悪」な40代のアイメイク3選

婚活を心がけているときには「モテメイク」にも、敏感になりがち。普段よりも、“男ウケ”を意識したメイクに注力する40代女性も少なくありません。しかし、せっかくモテを狙って仕上げたメイクが「実は、逆効果になっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事