大人気の「ニベア」はヘアケアにも使える!リアルな活用術3つ

巷で大人気の『ニベア』は、全身に使える保湿クリームとして、もはやブームを超えた定番アイテムになっています。

うるおいパワーが高く、顔にも身体にも使えるほど優秀なこともあって「ヘアケアにも意外に使える……!」というウワサも。

「ニベアを、もっと自分らしく使い倒したい!」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、オトナ女性がニベアをヘアケアに活用しているリアルなアイディアを3つご紹介していきます。

ただし、ニベアは公式にはヘアケア製品としての使用法は推奨されていません。あくまでも、私が周りの女性たちに聞いた「個人が行なっている“活用術”」のお話です。

 

1:“アホ毛”を目立たなくする応急対策として

「アホ毛」と呼ばれる産毛のような髪の毛があると、老け見えの原因にもなります。

そして、アラフォーくらいから髪の乾燥が進み「若い頃よりアホ毛が目立ってきている」というお悩みを抱えている女性も、チラホラです。

そんなとき「重めのテクスチャーのニベアで抑えるようにしたら、アホ毛が収まった!」という女性も。クリームの油分が重みになって、アホ毛が目立たなくなる効果を狙えるのでしょう。

私が試してみたところ、確かに、重めのクリームが“いい感じ”に働き、少量でも“アホ毛”がしっかり落ち着きました。

外出先など「ニベアしか手元にない!」というシーンでは、応急措置として活用できそう。

 

2:白髪を目立たなくするヘアクリームとして

 

アラフォーくらいから少しずつ出てくる“白髪”は、年齢を重ねた女性たちが頭を抱えがちな老化です。

できることならすべて染めてしまうのが、最も目立ちにくくする方法なのはわかっているものの、少量の白髪だと「まだ染めたくないし、でも目立つのはいやだわ……」のジレンマも。

白髪は髪が乾燥していると余計に目立つ反面、髪に潤いを与えるとツヤが加わり目立ちにくくなります。

ニベアクリームは、重めの質感で油分も豊富なので、髪にツヤを与えてくれそうなアイテム。そこで、私が試しに白髪に少量を伸ばしてみたところ、見事に目立ちにくくなる効果を実感しました。

髪への使用が推奨されていない以上は、日常的なケアとしてはあまりおすすめではありませんが、外出先で「わ!白髪がキラキラ目立ってる!どうしよう……」という場面では、応急措置として使えそう。

 

3:乾燥が激しい髪への保湿クリームとして

年齢を重ねるにつれて、髪の毛の深刻な乾燥に頭を抱える女性も増えてきます。

スタイリング直後には、きちんとうるおっていた髪も、外気に触れる時間が長くなるにつれ、ツヤを失ってパサパサ感が加速……!

そんなときに「お試しでニベアを少量、髪に伸ばしてみたところ、瞬時にパサつきが改善した!」という女性の声は、けっこう多く耳にします。

本来であれば、乾燥した髪にはヘアオイルやトリートメント剤を使うのがベストではあるものの、出先で応急的に「なんとかしたい」という場面では、ニベアを代用して、ボサボサになってしまった髪を整えるのは、アリなのかも。

こちらも、私が試してみたところ「髪の毛に揉み込むように塗ると、落ち着く」という結論に達しました。

また、スタイリングを終えたあとに「ここにもう少しうるおいがあれば……」と思う箇所にだけ薄く塗ると、瞬時にツヤ感が演出でき、時短美容になることも発見。

ニベアには油分が多く、頭皮に塗るとベタベタになる可能性があるため、応急の乾燥対策では、毛先を中心に整えてみて。

 

大人気の『ニベア』を、こんなふうにヘアケアにまで応用しているツワモノ信者も、たくさん!

繰り返しますが、メーカーから推奨されているのは「顔にも身体にも全身のスキンケアに」です。しかし、出先では、ニベアがひとつあれば、応急措置として髪に応用することもできてしまいそうです。

ひょっとすると、すでにみなさまも、密かにオリジナルヘアケア術を楽しんでいらっしゃるかも!?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

40代が使ってると最悪に痛い!ヘアアクセと髪のお道具

一歩外に出るとふき出す汗。駅に着くころには背中はびっしょりですよね。ボディだけでなく、もちろん頭皮も大量に汗をかいています。放っておくとニオイの元になるだけでな…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

無印の名品も! 時短美容家並木まきが選ぶ「プチプラ」2018ベストコスメ

2018年も年間を通じて、優秀なプチプラコスメが、次から次へと登場した1年となりました。コスメの値段を見ただけで「安かろう、悪かろう」なんて思う人は、すっかり減った今日この頃。プチプラアイテムは、私たち40…

意外と男は冷静…デートで「一発アウト」を下す40代女性のオバサン発言3例

ゆるっと婚活を意識している男性たちとのお酒の席で、たびたび聞こえてくるのが「いい女性だと思ったのに、こんなことを言っていて、ガッカリしちゃったよ」的なボヤキ話。女性がなにげなく発した言葉でも、男性たち…

なんでそんな格好で…男が「ありえない」と感じた40代女性の自然体すぎるデート服3選

「デート」だからと言って、いかにもモテを狙ったファッションに身を包むのは「なんだか滑稽」と感じるのだって、私たち40代女性のホンネ。むしろ、交際が長くなれば、気負わずに自然体な自分を受け入れてくれる男性…

エアポートおじさんと同じくらいマズい…? 男がドン引きしているSNSの「○○オバサン」3選

少し前に「エアポートおじさん」なる、SNSに“空港にいる自分”を主張するおじさんが話題になりました。同じような趣旨で男性目線の「こんなオバサンも、痛くない?」があるようです。もはやSNSは友人のみならず、仕事…

仕方ないじゃ済まされない…? 男目線で「一発でナシ」になる40代女性のNG身だしなみ3選

男性目線と女性目線での「あれはナシでしょ」と感じる身だしなみは、少々異なる実態にもあります。同性であれば、女性のちょっとしたNGを見て「ナシだろうけど、わかるわかる。仕方ないときもあるよね」と共感できる…

いる…! パーティーシーンで見かけた男目線で「ナシすぎる40代オバサン」の装い3選

12月は、忘年会やクリスマスパーティーなど、華やかな場にお呼ばれする機会も増える時期。普段よりも、おしゃれに気を配って、スペシャルなファッションを楽しむかたも少なくないのではないでしょうか。ところが、本…

モテる女ほど実践中…!? オトコに「いいじゃん!」と言わせる40代の美容努力3例

ここ最近のコラム『「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン』や『えっヒドイ…男が「理解できません…!」と感じている40代女性の美的努力Part2』では、女性が「美しくありたい」と…

えっヒドイ…男が「理解できません…!」と感じている40代女性の美的努力Part2

男性目線だと、女性が思っているようないい効果が得られない美容努力もある実情は、こちらの記事『「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン』でもご紹介したとおりです。ところで…

怒鳴るオンナよりイヤなのは…!? 男が心底ウンザリな40代女性の「喧嘩の態度」3例

深い仲になった異性とは、ちょっとした意見の相違などが発端となって喧嘩に発展する流れもありがちです。「雨降って地固まる」になればベストではあるものの、どこにでもありそうな喧嘩を引き金として、残念ながらも…

お願いだからやめて…! 婚活中にオトコが不愉快になる「無粋なひと言」3句

「婚活しています」を公言している男性でも、プライベートにズケズケと入られるような話題は「できれば、遠慮してほしい」と思っているのも本心。しかし“婚活”の場や、結婚を前提にした紹介話で出会った女性から心な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事