岩井志麻子 女が「更年期」を迎えて変わってきたこと

私は丈夫で呑気だが、毎晩飲んでるし高カロリーな食べ物好きだし、常にしょうもないことにウジウジもイライラもしている。

そんな私だから、という前置きと、そんな私でも、という前置きで話すのは更年期についてだ。

54歳、更年期の真っ只中

今年五十四歳になる私は、世間一般的には更年期の真っ只中のお年頃だろう。

けれどよくいわれる、冬でも火照って汗ダラダラとか、鬱で寝込むなんてことはない。

生理も何か月もないから上がったかと思っていたら、いきなりドバッと来るのを繰り返している。

これを書いている今現在でいえば、一週間前に終わったばかりだ。

 

髪も肌も体も。変化を感じた40代

じゃあ二十代三十代の若い頃と何も変わりないかといえば、そんなことない。

ガリガリだったのがムチムチになったし、眠りは浅くなったし、ちょっと走れば息が上がるし、慢性的に肩こってるし、特に激しい運動もしてないのに膝の屈伸すると痛いし。

年取ったな~、月に一度の白髪染めと、小じわにすり込む油分の多い化粧品にしみじみと感じる。

あちこち不具合が生じているのも、ひしひしと感じる。

思い返してみれば、そういうのが始まったのは確かに四十代に入ってからだわ。

三十代の頃はウエストもあったし白髪染めもしてなかった。夜通し遊んで平気だったし。

更年期は悪いものではない

では四十代に入る前から更年期対策をしておくべきだったか、となると、なんか違う。

もちろん、症状の重い人や早期に更年期が来てしまった人にあきらめろ、もしくは根性で乗りきれなんていう気はない。

どうかそういう人達は、専門的な医療機関に頼ってほしい。

元々の体質もあるけど、気を遣う真面目な人が多いようなので。

だけど軽い人も重い人も、更年期をそこまで悪いものとは思わないでほしいわ。

ガタが来るのは当たり前

更年期を迎える歳まで生きられたんだから。

成熟した女となって、それをも超えた女の完成形になりつつあるんだから。

年取りゃ、あちこちガタが来るのは当たり前。

いつまでも若々しい人は素敵だけど、若々しいと若いは違う。

若々しい人も、実は若くはないのだ。

年齢は絶対的に重ねていくのだから。

現実に抗うのではなく、受け入れる方がいい。

それこそが成熟した女。

しかし五十代から見れば、四十代が若いのも事実。

若いと見てくれる五十代以上の先輩達がいるのは、励みにしてくださいな。

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

なんだかツライ…。40代女性が悩む「カラダの不調」ランキング

どうも気圧の安定しない梅雨どきです。編集部女性陣にヒアリングしたところ、40代同士で食事をすると「最近腰が痛くて…」「目がかすんで見えない」「姿勢が悪いまま」とい…

【岩井志麻子】それは「ズルい女」なのか?

ズルいってのは、一般的な考えと解釈では、法的に罪に問われるほどではなくてもあまり正しくない手段で得をした、とか。正々堂々、正攻法、正面からは行かず、裏から手を回しただの横入りしただのいわれる方法で、何…

【岩井志麻子】40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?

仕事で、服役経験者や刑務所への取材をしたことが何度かある。そこで当事者達だけでなく、刑務官や弁護士といった関係者も口をそろえたのは、「やっぱり何がつらいって、人間関係なんですよね」ということだった。人…

【岩井志麻子】ストーカー事件から考える、男女のカンケイについて

私が長年お世話になっている、東京ローカルの番組。現在、そこで司会者をしているFさんは、定期的にストーカーに狙われる。先日も、何人目かの逮捕者が出た。ストーカーになる女たち彼はお笑いを生業として、ときお…

【岩井志麻子】やってはいけない! 40代からの「イタイ恋愛」 

八月の半ばに世間を騒がせたあの、あおり運転の熟年カップル。あれはもう例外というか論外というか、いちゃもんつけられて殴られた罪なき運転者達はお気の毒ではあったが、不慮の事故、不測の事態で死者が出なくてよ…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

岩井志麻子 40代、50代の独身女性にみられる4つの特徴【独女あるある】

先日、定例の濃い女子会を開いた。漫画家の西原理恵子ちゃん、新潮社の名物編集者ゆかりちゃん、そして銀座の高級クラブのママ。みんな、同い年。つまりアラフィフね。特徴1 いろんな意味でキッツイ?今現在のこの…

岩井志麻子 なぜ、男は浮気するのか? 

そもそも、浮気の定義も人それぞれであるよ。彼氏や夫が同級生、同僚といった女性と二人きりで食べたり飲んだりしたのを浮気にカウントする人もいれば、それはまぁ気分はよくないけど体の関係じゃないから許す、とい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事