ゴルフデビュー狙う人。超格安でここまで豪華「バンコク」がオススメです!

ビギナーからセミプロクラスの上級者まで、ゴルファーの心をわしづかみにするタイゴルフ。なかには合宿のように連日ラウンドというツワモノも。その人気の理由を探ってみました!

【間庭典子の40代からのOTONA GOLF♯4・華々しいデビューを目指しバンコクへひとっ飛び! タイゴルフがあらゆるゴルファーに愛される理由 】 

 

「デビューハードル」を下げてくれるお祭り感!

バンコク市内から車で30分くらいの場所にある「THANA CITY GOLF COURSE」

マラソンだってそうなのですが、最初のデビュー戦って大切なんですよね~ いくら好タイムが出るフラットなコースといっても、「THE競技会!」という感じで応援も少ない地味~な地方大会だと初心者はへこたれちゃう。逆に東京マラソンや大阪マラソンのような都市マラソンや、アロハスピリッツにあふれたホノルルマラソンだとお祭り気分で気分も上がり何とか走れちゃう。しかもゴールした時の達成感は最高!

 

ゴルフの初ラウンドだって同じです。いくら由緒ある名門コースでも、立派すぎると気をつかって疲れてしまう。ひなびたコースではなんだか盛り上がれない。適度なゆるさと華やかさのある旅ゴルフが一番♪ 初ラウンドのイメージがいいと理想的な第一歩を飾れます。

 

そんなデビューラウンドにぴったりなのがタイゴルフ。実はタイ、ゴルファーに大人気のスポットなんです。バンコクでデビューするぞ、と目標を決めると練習にも気合が入るはず!ご褒美旅にもあるタイゴルフ、おすすめです!

 

タイゴルフが快適な理由1

フィーも格安で気軽、なんと1人ずつキャディ帯同!

キャディさんはみんなフレンドリーでラウンドも盛り上がる。

なんといってもタイの物価の安さは魅力的。けれど安いだけではなくそのホスピタリティーのある手厚いサービスに驚く。例えば4人の1組にキャディさんひとりが日本の標準だけれど、タイのコースでは一人ずつに担当キャディがつくのがスタンダード。キャディフィーはキャディさん1人につき350バーツ(約1200円!)。だから日傘をさす専門のキャディさんを含め2人つけるパターンも。まるで大名ラウンド!

 

自分専用のキャディさんがいるとまるでテレビで見るトーナメント試合みたいにクラブのケアまですべてつきっきりでサポートしてもらえるのがうれしい。上級者にとってはプロ選手になった気分でプレーに集中でき、ビギナーにとっては適切なアドバイスも受け、コーチにつきながらラウンドできるような安心感が。

女子プロの試合会場にもなる名門コース。なのにリーズナブル!

バンコクの中心地から近いゴルフ場も多く、例えば空港からも近い「THANA CITY GOLF COURSE」はバンコクの中心地から車で30分以内。到着後、さくっと回ってそのまま市街へ。帰りにもう1ラウンドすることも可能。気がむいたらすぐラウンドできるような気軽さが人気。グレッグ・ノーマンが設計したという戦略性に富んだコースだけれど、フェアウエイが広く、まっすぐ飛ぶ自信がなくても安心。ちなみにプレイフィーは平日は3400バーツ、週末でも3900バーツ、月曜などのサービスディには1300バーツ(約4500円!)のディスカウント価格に!

 

またバンコクは駐在の日本人が多い街。ゴルフ場のスタッフも日本人のペースには慣れていて、片言の日本語で交流してくれることも。そんなアットホームさにもほっとするはず。

スポンサーリンク

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台北に泊まるならココ!おすすめホテルエリアとは?【ひとり台湾】

星の数ほどある台北のホテル休みが取れそう!海外行こう!よし、近くて手軽にいける台北に決定!!いいですね、何食べようどこ行こう買い物予算どうしよう。いろいろ楽しい…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

これで350円!台北の美味ベジグルメ「素食」ローカルも並ぶ一押し店は

前回の続きです→こちら台湾駅からMRTで一駅、『善導寺』駅から徒歩5分程度、台北駅からも歩ける距離にある『蓮池会素食館』に足を踏み入れた私......ドアを開けるとそこに…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

南仏発の新習慣「ジェルブレ」で私のライフスタイルをバージョンアップ!

いつでも新しいライフスタイルを作り出すグローバルなフリーライター、間庭典子さん。いつもアクティブな彼女が最近いっそう身軽になったみたい。特におしゃれで手軽な食事の新習慣を開拓したとウワサを聞いて、その…

[PR]

オトナの一人旅を楽しみ尽くす。新幹線の「グランクラス」に乗ってみました♪

オトナの一人旅、最近では「乗り物」で過ごす時間も目的の一つという声がよく挙がります。中でも人気は新幹線ですが、もはや「移動」ではなく「滞在」になった! そう思えるほどゆったりとくつろげ、ほっとするよう…

[PR]

山でも海でも絶対焼かない!【アウトドアのUV】隠れた名品オススメ5つ

夏ですね~ 1日中、アウトドアで過ごすため、真夏のラウンドは歩いているだけで体力が消耗し結構ハード。だからこそUVケアも暑さ対策も万全に。そんな太陽からがっちりガードするためのグッズがゴルフ用品にはたく…

高齢親と旅行してわかった「親孝行旅・7つの盲点」と国内3つのオススメ旅行先

オトナになると増えるのが、年老いた父母との親孝行旅。この春、私もお墓参りを兼ねて京都・岡山へと70代の両親、そして途中で合流した妹と旅してきたのですが、良かれと思ったことが負担になるなど、親世代との感覚…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事