ボールも持ってないガチ初心者のゴルフ、まず何から買えばいいの?

さてゴルフを始めるぞ、と心に決めたけれどいったい何から集めたらいいかわからない……。クラブって何本もあるし、シューズやウエアだって全身揃えなきゃだし、ゴルフショップを見るとよくわかんない小物が並んでいてどうしたらいいのか途方に暮れる…! なんて人も多いはず。でも今は練習場だけでなくゴルフ場でさえクラブがレンタルできるところが多いし、とりあえず「お試し」で体験することも可能。すこしずつ自分にあったものをそろえるのが正解です♪

 

【間庭典子の40代からのOTONA GOLF♯5・ゴルフを始めるにはなにが必要なの???  HOP★STEP★JUMPでいつのまにか本格的ゴルファー仕様に!】

1・まずは打ちっぱなしに行ってみて始めの一歩を…!

実際にボールを打ってみるのが第一歩。いわゆる「打ちっぱなし」の練習場に行ってみてその感覚を感じてみて。打ちっぱなしの練習場には貸しクラブがあるところが多いから、レディスがあるかを事前に確かめ、そんなに長くなく打ちやすい5番か9番あたりの「アイアン」でトライ。その場合、必要なのは直接身に着けるグローブ。これは左手だけならば2000円以内でも買えるし、デザインにこだわらなければ練習場の売店でも販売しているからその場で買ってもOK。専用シューズではなくても、ちょっと打ってみるくらいならば、通常のスニーカーで問題なし。練習場にはドレスコードもないので、肩や腕が回しやすいカジュアルなウエアでも練習できます。打ちっぱなしだから自分でボールを用意する必要もナシ。

 

つまりこの時点での初期投資はグローブと練習代(通常2000円前後)くらい。ね、お手軽でしょ? とりあえず打ってみて、カツーンとあたる感覚が楽しくなってきたらしめたもの。アイアンに慣れたら一番長くて飛ぶクラブ、ドライバーも試してみて。

 

2・ハーフやショートコースを実際に回ってみてプチラウンド体験

次のステップがハーフラウンド(9ホール)や通常のゴルフ場より距離が短めのショートコースなどでプチラウンド体験をしてみること。ハワイやグアム、沖縄などビーチリゾートなどのゴルフ場はビギナーでも回りやすいコースが多いから、そんなところでデビューするのもおすすめ。リゾートゴルフならレディスの貸しクラブも充実し、カジュアルな雰囲気のコースも多く気軽に試せる。

 

その際に自分で用意すべきなのはボール。池に落ちたり、草むらの奥で見つけられなかったり、なくしてしまうことも多いから、初心者は多めに用意しておくのが安心。4~5個用意しておくとしても2000円程度で用意できる。

 

 

 

 

またゴルフシューズは下半身が安定し、しっかり打てるのであるほうがベター。昔と違ってがちがちのスパイクシューズではないので、ゴルフ場までの行きかえりだってそのままはいていけるし、公園の芝生などの不整地を歩くときにも便利だからちょっとしたお散歩用シューズとしても活躍するかも。今は日常でもはけるような軽くて動きやすいゴルフシューズが増え、しかも10000円程度で人気メーカーのモデルも展開しているから、気負わずに揃えられる。

 

カジュアルなショートコースでもゴルフ場はゴルフ場なので、リゾートやショートコースでもウエアはえりのあるトップスが無難。ポロシャツやハイネックのシャツなど、襟がついたものならゴルフ専用ウエアではなくても代替可能。ただ、ゴルフウエアはボールがたくさん入るようにポケットが深めだったり、スコアカードが入るサイズだったりして便利。かなり短めのボトムスもアンダースコート付きで足さばきがラクだったり、通気性、撥水性に優れた高機能生地だったりして汗をかいてもさらりとしているなど、プレー中も快適なのも事実。必須ではないけれど、あると便利なのがゴルフウエア。これからずっと続けるぞ、と思うなら一式揃えてもいいかも。

 

また、パターの際、自分のボールが邪魔にならないよう印にするマーカーなどの小物、日焼け対策にもなるサンバイザーなどもラウンドするなら欠かせないアイテム。そして「被り物」さえあれば、なぜかゴルフウエアっぽく見えるという法則も。まずはカタチから…!というタイプには欠かせないアイテム。

 

ということでこの時点で必要なのは消耗品でもあるボール、ゴルフシューズ、必要に応じた小物やウエアくらい。

 

3・いよいよ自分のクラブを購入。まずはハーフセットを

何度かラウンドしてみたら、自分のクラブが欲しくなるはず…! トーナメントプロはキャディバッグに何本もクラブを用意して状況に合わせて使い分けているけれど、はっきり言って「シロウト」にはその差はわかりません! まずは最低限の本数のハーフセットで十分。それを使いこなせるようになったら少しずつ違う番手も揃えればいいので。そうするととりあえず最初の時点で必要なのは…

 

① 1蕃長く遠くまで飛ばすためのドライバーや二打目などに使うフェアウエイウッドなどの「ウッド」2~3本
② ボールをグリーンまで寄せるアプローチのための「アイアン」3~4本
③ うち1本はバンカーなどに入ってしまったときに高くあげる「サンドウェッジ」もしくは「ピッチングウェッジ」
④ 最後にホールに入れるための「パター」1本

 

くらいで十分。ビギナー向けのハーフセットはキャディバッグもセットになっていたりして5万くらいの手ごろなものも。自分のクラブを手に入れれば、練習にも力が入るってもの。やる気スイッチが入っちゃいますよ。
ということで次回はクラブの選び方を解説しちゃいます。

スポンサーリンク

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台北に泊まるならココ!おすすめホテルエリアとは?【ひとり台湾】

星の数ほどある台北のホテル休みが取れそう!海外行こう!よし、近くて手軽にいける台北に決定!!いいですね、何食べようどこ行こう買い物予算どうしよう。いろいろ楽しい…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

これで350円!台北の美味ベジグルメ「素食」ローカルも並ぶ一押し店は

前回の続きです→こちら台湾駅からMRTで一駅、『善導寺』駅から徒歩5分程度、台北駅からも歩ける距離にある『蓮池会素食館』に足を踏み入れた私......ドアを開けるとそこに…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

南仏発の新習慣「ジェルブレ」で私のライフスタイルをバージョンアップ!

いつでも新しいライフスタイルを作り出すグローバルなフリーライター、間庭典子さん。いつもアクティブな彼女が最近いっそう身軽になったみたい。特におしゃれで手軽な食事の新習慣を開拓したとウワサを聞いて、その…

[PR]

オトナの一人旅を楽しみ尽くす。新幹線の「グランクラス」に乗ってみました♪

オトナの一人旅、最近では「乗り物」で過ごす時間も目的の一つという声がよく挙がります。中でも人気は新幹線ですが、もはや「移動」ではなく「滞在」になった! そう思えるほどゆったりとくつろげ、ほっとするよう…

[PR]

山でも海でも絶対焼かない!【アウトドアのUV】隠れた名品オススメ5つ

夏ですね~ 1日中、アウトドアで過ごすため、真夏のラウンドは歩いているだけで体力が消耗し結構ハード。だからこそUVケアも暑さ対策も万全に。そんな太陽からがっちりガードするためのグッズがゴルフ用品にはたく…

高齢親と旅行してわかった「親孝行旅・7つの盲点」と国内3つのオススメ旅行先

オトナになると増えるのが、年老いた父母との親孝行旅。この春、私もお墓参りを兼ねて京都・岡山へと70代の両親、そして途中で合流した妹と旅してきたのですが、良かれと思ったことが負担になるなど、親世代との感覚…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事