意外にみんな間違えてる!赤っ恥な6つの「ベーシック敬語」

この時期、書店には敬語の本があふれています。4月に新入社員になる人も、そして後輩を育てることとなる現役も、もう一度、敬語を確認する為に購入するのでしょう。ものすごい種類の本がありますが、どれも読めば読むほど敬語の多さにげんなりすることでしょう。もちろんしっかり勉強していただきたいのですが、今日は、この6つさえ押さえていたら、最低限恥はかかずには済むだろうという、敬語を紹介します。

 

たいていの敬語は丁寧過ぎなければ間違えない

みなさんが敬語を怖がるのは「間違っていないか」という恐怖からだと思いますが、敬語のほとんどでは「間違う」というような事象はそれほど多くありません。過ちのたいていは「伺わせていただく」や「おっしゃられる」「お帰りになられる」などの二重に敬語を使ったパターンです。新入社員ならば「緊張しているのかしら」で済まされることも、そうではない40代の場合は冷や汗ものですね。
深く考えると混乱してしまいますが、実は二重敬語を使うのは「とにかく言葉を重ねて丁寧に言わなくちゃ!」という思い込みが原因なので、シンプルにすることでほぼ解決します。

  • 伺わせていただく→伺う
  • おっしゃられる→おっしゃる
  • お帰りになられる→お帰りになる

 

尊敬語と謙譲語で言葉が違う6つだけ気をつけよう

このように、シンプルにすることで、ほぼほぼ解決できる二重敬語ですが、みなさんがもっと毛嫌いしているのは、尊敬語と謙譲語で言い方が違うものではないでしょうか。
同じ敬語なのに、相手の動作には使えて、自分の動作には使えない丁寧な言葉があります。

「する」「言う」「行く」「食べる」「来る」「見る」です。

 

その1「する」の場合

  • 尊敬語だと「なさる」
  • 謙譲語だと「いたす」

例えば、「挨拶をする」場合について考えます。

挨拶をする人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長がご挨拶をなさる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がご挨拶を致す。

まあ、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 先生がこの前なさったご挨拶、素晴らしかったです。
  • 私の方からご挨拶致しますね。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

その2「言う」の場合

  • 尊敬語だと「おっしゃる」
  • 謙譲語だと「申す」

例えば、「苦情を言う」場合について考えます。

苦情を言う人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • お客様が苦情をおっしゃる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私が苦情を申す。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • お客様がかなりの苦情をおっしゃっているのを、ご存知ですか?
  • 私がこうして苦情を申し上げているのには、わけがございます。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

その3「行く」の場合

  • 尊敬語だと「いらっしゃる」
  • 謙譲語だと「伺う」

例えば、「その町に行く」場合について考えます。

その町に行く人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 会長がその町にいらっしゃる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がその町に伺う。

このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 先生が以前いらっしゃった時は、何をされたのですか?
  • 今度は、私の方から伺います。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

その4「食べる」の場合

  • 謙譲語だと「召し上がる」
  • 謙譲語だと「いただく」

これは割と分かりやすいかと思います。例えば、「昼食を食べる」場合について考えます。

食べる人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長が昼食を召し上がる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私が昼食をいただく。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 社長、もう、昼食はお召し上がりになりましたか?
  • 私はまだ、食事をいただいておりません。

これは割と分かりやすいでしょう。

 

その5「来る」の場合

  • 尊敬語だと「お越しになる」
  • 謙譲語だと「参る」

例えば、「ここに来る」場合について考えます。

来る人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長がここまでお越しになる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がここまで参る。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 社長は、ここまで何でお越しになるのですか?
  • 私は徒歩で参りました。

さきほどの「行く」と反対の動作なので、セットで覚えてしまうのもいいでしょう。

行く、来る

  • 尊敬語……いらっしゃる、お越しになる
  • 謙譲語……伺う、参る

なお、行くの尊敬語には「おいでになる」もあります。

  • 社長は、ここまで何でおいでになったのですか?

 

その6「見る」の場合

  • 尊敬語だと「ご覧になる」
  • 謙譲語だと「拝見する」

例えば、「データを見る」場合について考えます。

映画を見る人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長がデータをご覧になる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がデータを拝見する。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • こちらの資料はもうご覧になりましたでしょうか。
  • はい、さきほど拝見しました。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

敬語と謙譲語で言葉が違うもの6つまとめ

「する」「言う」「行く」「食べる」「来る」「見る」は
尊敬語だと「なさる」「おっしゃる」「いらっしゃる」「召し上がる」「お越しになる」「ご覧になる」
謙譲語だと「いたす」「申す」「伺う」「いただく」「参る」「拝見する」

この6つだけ、しっかり押さえれば、先ほど申し上げました通り、くどすぎる二重敬語に気をつけさえすれば、たいていのことは大丈夫です。
フレーズごと覚えてしまうのが良いですよ。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事