意外にみんな間違えてる!赤っ恥な6つの「ベーシック敬語」

この時期、書店には敬語の本があふれています。4月に新入社員になる人も、そして後輩を育てることとなる現役も、もう一度、敬語を確認する為に購入するのでしょう。ものすごい種類の本がありますが、どれも読めば読むほど敬語の多さにげんなりすることでしょう。もちろんしっかり勉強していただきたいのですが、今日は、この6つさえ押さえていたら、最低限恥はかかずには済むだろうという、敬語を紹介します。

 

たいていの敬語は丁寧過ぎなければ間違えない

みなさんが敬語を怖がるのは「間違っていないか」という恐怖からだと思いますが、敬語のほとんどでは「間違う」というような事象はそれほど多くありません。過ちのたいていは「伺わせていただく」や「おっしゃられる」「お帰りになられる」などの二重に敬語を使ったパターンです。新入社員ならば「緊張しているのかしら」で済まされることも、そうではない40代の場合は冷や汗ものですね。
深く考えると混乱してしまいますが、実は二重敬語を使うのは「とにかく言葉を重ねて丁寧に言わなくちゃ!」という思い込みが原因なので、シンプルにすることでほぼ解決します。

  • 伺わせていただく→伺う
  • おっしゃられる→おっしゃる
  • お帰りになられる→お帰りになる

 

尊敬語と謙譲語で言葉が違う6つだけ気をつけよう

このように、シンプルにすることで、ほぼほぼ解決できる二重敬語ですが、みなさんがもっと毛嫌いしているのは、尊敬語と謙譲語で言い方が違うものではないでしょうか。
同じ敬語なのに、相手の動作には使えて、自分の動作には使えない丁寧な言葉があります。

「する」「言う」「行く」「食べる」「来る」「見る」です。

 

その1「する」の場合

  • 尊敬語だと「なさる」
  • 謙譲語だと「いたす」

例えば、「挨拶をする」場合について考えます。

挨拶をする人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長がご挨拶をなさる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がご挨拶を致す。

まあ、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 先生がこの前なさったご挨拶、素晴らしかったです。
  • 私の方からご挨拶致しますね。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

その2「言う」の場合

  • 尊敬語だと「おっしゃる」
  • 謙譲語だと「申す」

例えば、「苦情を言う」場合について考えます。

苦情を言う人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • お客様が苦情をおっしゃる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私が苦情を申す。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • お客様がかなりの苦情をおっしゃっているのを、ご存知ですか?
  • 私がこうして苦情を申し上げているのには、わけがございます。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

その3「行く」の場合

  • 尊敬語だと「いらっしゃる」
  • 謙譲語だと「伺う」

例えば、「その町に行く」場合について考えます。

その町に行く人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 会長がその町にいらっしゃる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がその町に伺う。

このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 先生が以前いらっしゃった時は、何をされたのですか?
  • 今度は、私の方から伺います。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

その4「食べる」の場合

  • 謙譲語だと「召し上がる」
  • 謙譲語だと「いただく」

これは割と分かりやすいかと思います。例えば、「昼食を食べる」場合について考えます。

食べる人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長が昼食を召し上がる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私が昼食をいただく。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 社長、もう、昼食はお召し上がりになりましたか?
  • 私はまだ、食事をいただいておりません。

これは割と分かりやすいでしょう。

 

その5「来る」の場合

  • 尊敬語だと「お越しになる」
  • 謙譲語だと「参る」

例えば、「ここに来る」場合について考えます。

来る人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長がここまでお越しになる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がここまで参る。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • 社長は、ここまで何でお越しになるのですか?
  • 私は徒歩で参りました。

さきほどの「行く」と反対の動作なので、セットで覚えてしまうのもいいでしょう。

行く、来る

  • 尊敬語……いらっしゃる、お越しになる
  • 謙譲語……伺う、参る

なお、行くの尊敬語には「おいでになる」もあります。

  • 社長は、ここまで何でおいでになったのですか?

 

その6「見る」の場合

  • 尊敬語だと「ご覧になる」
  • 謙譲語だと「拝見する」

例えば、「データを見る」場合について考えます。

映画を見る人が上司、取引先の人などの場合、次のようになります。

  • 社長がデータをご覧になる。

そして、自分や身内の場合、次のようになります。

  • 私がデータを拝見する。

これも、このままの文では、日常なかなか使わないと思いますが、次のような言い回しはよくしますよね。

  • こちらの資料はもうご覧になりましたでしょうか。
  • はい、さきほど拝見しました。

このフレーズをまるっと覚えてしまうのもテです。

 

敬語と謙譲語で言葉が違うもの6つまとめ

「する」「言う」「行く」「食べる」「来る」「見る」は
尊敬語だと「なさる」「おっしゃる」「いらっしゃる」「召し上がる」「お越しになる」「ご覧になる」
謙譲語だと「いたす」「申す」「伺う」「いただく」「参る」「拝見する」

この6つだけ、しっかり押さえれば、先ほど申し上げました通り、くどすぎる二重敬語に気をつけさえすれば、たいていのことは大丈夫です。
フレーズごと覚えてしまうのが良いですよ。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」「すみません、遅くなりました」「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」このように「すみません」は大変便利な言葉です。「どうも」も同様ですが、さすがにビジネスシー…

尊敬語のつもりで「やられた」って言ってない?それ猛烈に失礼です!

「先生、〇〇ってやられたこと、ありますか? 面白いらしいですよ」「この前、〇〇をやられたっておっしゃっていましたが、どうでしたか?」このように聞かれたことがある人、言ったことがある人は結構多いのではな…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

「大丈夫です」はNG日本語?トラブルの原因になる敬語と丁寧語

「奥さん、この商品をお買い求めになりますか?」こう聞かれて、「大丈夫です」と言ったら、自宅に商品が届いた。そんな詐欺の話を聞いたことがある人もいるかと思います。これは消費者相談センターで解決すべきトラ…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人がいるということを覚えておきましょう。実…

「参考になりました」はNG?さりげなく失礼な敬語3選

敬語というものは、頭では分かっていても、いざ目上の方やお客様を相手にした時に、口からパッと出てこないもの。また出てきても、目上の人に失礼な言葉を言ってしまうこともあるでしょう。ただ、正されるチャンスが…

「領収書をお返しします」は間違い?丁寧なつもりでNGな日本語

「バイト敬語」と呼ばれる敬語があります。もちろん正式な分類ではありませんが、主に接客業で使われ、文法的におかしなもの、言われて違和感のあるものです。日本語の乱れとしてやり玉に挙がっています。言語学的に…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事