何がいけないの!?「夫」も「彼氏」もいる自由【#婚外恋愛5】

どれだけバッシングされても、決してこの世から消え去らない不倫。

お互い籍を入れないままの恋愛。パートナーが複数存在する恋愛。

恋愛相談家・ひろたかおりが従来の「婚姻」の外にある恋愛と、その心理を傾聴する。

「不倫」を噂されても気にしない

 

 

— E子(42歳)とは趣味のサークルを通じて知り合った仲だが、「彼氏」がいるらしいという話は早い段階で耳にしていた。

左手には結婚指輪。夫は会社員で自分は簡単な仕事を在宅でしているらしく、サークルには昼夜問わず気ままに現れては、仲間との食事も気軽な感じでよく参加していた。

その「彼氏」は、同じサークルにいた。E子より3つ年上のバツイチで、IT関係の会社に勤めている。明るくて社交的なE子とよく似た性格で、いろんな女性に声をかけては談笑している姿をよく見かけた。

ほかの女性とE子が違うのは、その距離の近さにあった。E子は自分のバッグを彼に平気で持たせるし、彼は自分の車の鍵をE子のバッグに放り込む。サークルにいるときはベタベタすることはないが、いつも一緒に帰る姿は自然と恋人を思わせる雰囲気だった。

不倫しているらしい、という噂はあちこちでささやかれていたが、好奇の目をそれほどふたりが気に病んでいる様子がないのが不思議だった。

そんな彼女と親しくなったのはある飲み会がきっかけだったが、「夫以外の選択肢はあるか」という話になったとき、「ない」と答えた私の言葉に

「あなたは一途なのね」

と意味ありげに笑う姿が印象的だったのを、今でも覚えている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事