オバさん見えが止まらない! 着回しベタが買いがちな春の最旬アイテム

20℃を超える日も出てきて、暖かさが続いた先週。春気分も盛り上がり、今週末あたりショッピングに出かける人も多いのではないでしょうか。しかし、店頭で可愛い新作が並ぶ今、つい浮かれて買い物した結果、失敗した経験はありませんか?

「買ってはみたものの、あんまり着なかったな……」

「せっかく買ったけど、なんだかパッとしない……」

「たくさん服はあるのに、今日着るものがない」

ということにならないように、“着回しベタ”さんが陥りやすい要注意アイテムをご紹介します。

 

失敗するアイテムを2つのタイプ別に診断!

 

ファッション大好きミーハータイプ

 

大人になってもトレンドアイテムのチェックを欠かさないミーハー心を持った人は、最旬アイテムを選びがちで、結果合わせる服がなく着回しづらい傾向に。また、印象に残る服が多いため「また派手な服着ている」「若作りな印象……」と思われないために、以下のアイテムには注意して!

 

①派手カラーロングスカート

真っ赤やフューシャピンク、ネオンイエローなど発色のいいアイテムは、顔から遠いボトムなら取り入れてもOKとされています。しかし、着回しの観点からすると派手色は印象に残りやすく、ネイビーやグレー以外とは合わせにくいアイテム。今季はグラデーションカラーで着こなすカラーコーデも人気ですが、全身でキレイ色を取り入れるのはアラフォー女性にはハードルが高め。派手色ならグリーンやブルーなどの寒色系か、靴やバッグなど小物で取り入れて。

 

②トレンド重視の柄アイテム

春になると出てくる花柄やドット柄、今季らしさ抜群の華やかなチェック柄。冬の着こなしに飽きているので、ついアクセントに取り入れたくなる思いますが、こちらも着ていくシーンが限られ、合わせるアイテムを選びがち。休日限定で着こなすならいいですが、そうなるとコスパの面ではあまりいいとは言えません。さらに、柄アイテムは選び方や着こなしによっては若作りな印象を与えてしまうので要注意。オフィスにも着られるグレンチェックやストライプなら活躍します。

 

③ガーリーな盛り袖トップス

今季も盛り袖トップスは引き続きトレンドイン。でも、パフスリーブやレース、フリルなどの甘めディテールの袖アイテムは、大人の女性が着るにはガーリーすぎる印象。トップスが甘口だとボトムは辛口のものと合わせる以外難しいため、着こなしが限定されます。体形が丸みをおびてくる年代なので、トップスはとろみ素材などすっきりと着られる洗練デザインをセレクトしてください。

 

次ページでは「それNG?!」と驚くベーシック系が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

FASHIONに関する最新記事