40代の毒素排出「7号食デトックス」10日間挑戦中!#2 つらすぎ4日目

玄米食で体を整え、毒素を排出する「7号食デトックス」も4日目に突入。

10日間3食すべてを玄米だけで過ごすというかなりストイックさながら、ひもじさはないので順調に続けられていたのに、まさかのピンチ!

なんだか体が重く、だるく、眠くなってやる気なし病に。

実はこれ、好転反応といわれる排毒の過程にある現象らしいのです。体験レポート、まだまだ続きます!ダイエットの方法など、前の話はこちら。

 

【「7号食デトックス」チャレンジ♯2 朦朧と沈む4日目以降編】

 

4日目 原因不明のだるさ、痛みに悩まされる・・・

今日は某編集部に詰める日。朝、昼は自宅でいつもの7号食ですませ、外出。

 

問題は仕事先でふるまわれる魅力的なおやつ。編集部員の出張みやげだったり、外部スタッフや取引先からの差し入れだったり、無視できないほど美味しそうなものばかり。作業中いつでもつまめるようにちっちゃなおむすびを携帯し、誘惑に負けそうになったらこっそりかじることに。

 

今まではなんとなく前に置いてあるお菓子やスナック菓子に手を出していたことに気づく。ビンボー症だから「食べたいから」ではなく「食べないともったいないから」なのが手を出しちゃう理由。「どんな味か知らないと!」という大義名分でむさぼってた!

 

飲物はペットボトルの麦茶(ノンカフェイン)で我慢。コーヒー党じゃなくってよかった。意外と飲み物に関しては我慢できる。飲んじゃダメとなるとアルコールへの執着もなくなり、いつもなら寄りたくなるバーなどへの寄り道もなし。

 

帰宅が遅かったので10時過ぎにもそもそ食事。玄米だけではがまんできず、鰹節にちょびっとお醤油かけた即席すまし汁を飲んでしまった。

 

そして気になるのが相変わらず胃を締め付ける痛み、違和感。

 

あと気づいたことが一点。やたら水っぽい鼻水が出るように。今年こそ花粉症? と思うのだが鼻水だけだからそうでもなさそう。余計な水分を排出しているのか。体もだるく、とにかく眠い。ど~んと重くなるような頭痛も。

5日目 体重は減るも、相変わらずの眠気に悩む

こころなしか体が軽くなったような。体重を計ってみると約2キロダウン。ん? むくみも取れてきた? そんな気がするだけ? ただ相変わらずの眠気と頭痛。動こうという気になれない。

 

今日は撮影が朝からあるのでまたちびおにぎりを携えて行動。この非常食はお守りみたいなもの。いつでも食べられると思うと不思議に不安にならない。しかもちびおにぎりだと駅のホームでもこっそり食べられる。

 

不規則な生活が続けていると「いつ食べられるかわからないから今のうちに満腹にしておかないと!」という危機感からドカ食いするのを防いでくれ、これからは外出のたびに携帯しようと思う。

 

撮影後、いつもならさぁ~てご褒美だ!と美味しいお店を探して、即そのエリアの名店をググったりするけれど、今日は寝かせ玄米のおにぎりや「いろは」を目指して渋谷ヒカリエの地下へ。

 

 

ここはイートインもあって便利。急遽、昨日に引き続いて某編集部へ向かうことになったので今日はテイクアウト。編集部には相変わらず素敵なおやつがずらり。やばい。美味しそうな生チョコも!

 

ぐっと我慢し、買ってきたおにぎりをもぐもぐと。時間をかけてよく噛む。もち麦のおにぎりがもっちりして美味しい。久々の海苔の風味がありがたい。いつもなんとなく食べていた海苔でさえ、こんなに強い味に感じるのだなあ。味覚が鋭敏になってきたかも!

ピンポン玉サイズのおにぎりを携帯。わかります? おにぎりケースはがちゃがちゃのカプセルです。これなら崩れず安心!

空き時間、カフェで作業しつつ校了紙が上がるのを待とうと思ったものの、表参道のカフェは誘惑が多そう。難民になっていると「ナチュラルハウス」の奥にイートインコーナーを発見。

ここは玄米も含め自然食のデリ量り売りもあっておすすめ。あずき茶なるものを購入して飲むも満足はできず。試飲のイチョウ茶のほうがおいしかった。ノンカフェインはなかなか飲みたいものがないので、このころからクセがなくて飲み続けられるRTのルイボスティをポットに入れて持ち歩くように。

カフェインゼロで味もしっかりしているRTのルイボスティーにはホント、助けられました。外出時にはポットに入れて携帯。

 

家に帰ると大変! カレーの香りが。これは我慢できない! スプーン一杯分だけ寝かせ玄米にかけてゆっくり風味を味わっていただく。うん、美味しい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事