「お客様が参りました」この敬語はどこが間違いでしょうか?

春です。真新しいスーツに身を包んだ新社会人の方を多く見かけます。会社には徐々に馴染んでいこう!仕事の内容はゆっくり覚えていこうと思っていても、実際に取引先やお客様と直接会う機会もありますよね。そんな時「こんな間違いだけは、恥ずかしいから、とにかく早く直して!」というレベルの尊敬語と謙譲語の取り違えパターンがあります。こういうものは、ポイントを押さえて伝えてあげないと、いつまでも直らないものです。また、指導する立場の私たちが間違えていては恥の上塗り。

 

尊敬語とは、敬語の中で、相手に対して敬意を表す言葉です。ビジネスシーンでは、お客様や取引先に関することに使います。

謙譲語とは、敬語の中で、自分や自分の身内についてへりくだって表現する言葉です。ビジネスシーンでは、自分や自社に関することに使います。

この二つがごちゃごちゃになっている為に、おかしなことになるのですね。

 

例1 尊敬語を使うべきところに謙譲語を使ってしまった!

  • 先ほど、お客様が参りました。
  • そちらの申す通りでございます。

「参る」のもとの言葉は何でしょう?そうですね「来る」です。「来る」は敬語の中でも非常にややこしい言葉で、小学生の敬語の問題にもよく登場します。「来る」は、尊敬語の場合は「いらっしゃる」で謙譲語の場合は「参る」が基本です。尊敬語として使う場合には実は「お見えになる」「おこしになる」「来られる」などもありますが、覚えられない!と焦るのだったら当面の間は「いらっしゃる」で統一しても良いでしょう。シチュエーションによって使い分けられるようになったらベテランですが、まずはとにかく、謙譲語である「参る」を相手に使わないこと。それを徹底させましょう。

「申す」のもとの言葉は何でしょう?そうですね「言う」です。「言う」も非常にややこしい変化をする言葉です。「言う」は、尊敬語の場合は「おっしゃる」で謙譲語の場合は「申す」が基本です。謙譲語である「申す」を相手に使わないこと。それがルールです。

先の2例は

  • 先ほど、お客様がいらっしゃいました。
  • そちらのおっしゃる通りでございます。

が正解です。

 

例2 謙譲語を使うべきところに尊敬語を使ってしまった!

  • 私からご挨拶なさります。
  • 私がご覧になった資料をお返しします。

「なさる」のもとの言葉は何でしょう?そうですね「する」です。「する」も非常にややこしい変化をする言葉です。「する」は、尊敬語の場合は「なさる」で謙譲語の場合は「いたす」が基本です。尊敬語である「なさる」を自分に使わないこと。それがルールです。

「ご覧になる」のもとの言葉は何でしょう?そうですね「見る」です。この「見る」もややこしい変化をする言葉で、「見る」は、尊敬語の場合は「ご覧になる」で謙譲語の場合は「拝見する」が基本です。尊敬語である「ご覧になる」を自分に使わないこと。それがルールです。

先ほどの2例は

  • 私からご挨拶いたします。
  • 私が拝見した資料をお返しします。

が正解です。

 

新社会人は、身内の感覚を身につけることも大切!

さて、日本の社会には、独特の「身内」という感覚があります。このことがさらに、会社における敬語のルールをややこしく見せている感じがありますが、実はいたってシンプルなルールです。

  • 会社内では基本的に丁寧語を使用し、尊敬語を付けるのは、先輩や上司に対して。
  • 会社外では基本的に丁寧語を使用し、尊敬語を付けるのは、お客様や取引先などに対して。その際、たとえ社長であっても社内の人間は身内と判断し、尊敬語は付けない。

 

例1 会社の中では先輩にあたる人が、担当者であり、その人が今から「来る」場合

〇 弊社の担当者が今から参ります。
× 弊社の担当者が今からいらっしゃいます。

 

例2 会社の社長が他社の担当者の会合で挨拶をする時の司会

〇 社長の〇〇からご挨拶を申し上げます。
× 〇〇社長からご挨拶があります。

 

なお、社内で、名前に肩書きを付けるかどうか等については、会社ごとにルールがありますので、それに従うのが良いでしょう。肩書きに関係なく「〇〇さん」で統一している会社もあるようです。混乱してしまう新入社員に対して、先輩としては、社内のルール一般の敬語ルールをしっかり分けて伝えてあげるのが良いですね。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

え、「危機一発」じゃないの?オトナも間違う四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語を5つ選びました。1・いみしんちょう解答と解説正解は「深」。「意味深長」で…

「じがじさん」を「自我自賛」って書いてない?みんなが間違える四字熟語5つ

知っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?そんな四字熟語を5つチェック!1・いきとうごう解答と解説正解は「意」。「意気投合」です。「意気投合…

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語をテストします。1・いしんでんしん解答と解説正解は「以」。「以心伝心」で…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事