年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がない人もいらっしゃると思います。

このタイミングで、「簡単だけれど驚くほど自分のためになる」、しかもコツコツやらず年にたった1度でOKの習慣をご紹介したいのです。

それは、「その年はじめてやったこと」リストを作ることです。

詳しくお伝えしましょう。

 

年に1度「書こう」と決めるだけで歯車が回る

そもそもこの習慣は、いまから10年ほど前にベテランの派遣社員さんから教わったものです。

 

「40代、50代と年を重ねていくと、なかなか自分を見直す機会がないのが残念で。だから、毎年大晦日が近づくとお友達と『今年はじめてやったこと』を思いつく限り挙げあって、それはいいね、それは真似したいねと褒めあうの」

 

という内容でした。

なので、当初は特に公私も関係なく、その年に初めてやったことをリストにして、個人ブログに書いていました。

 

私の、例えば2010年のものを見てみると

・初めてスパイスからインドカレーを作った

・初めてミシンを買った

・初めて登山をした

などと、大変にほのぼのしたことが書いてあります。同じ習慣を共有する友人たちを見ていても、プライベートの知り合い寄りの位置で公開しているからでしょうが、大抵みんなプライベートのことを書いています。

 

このリストそのものは1年分の手帳を振り返りながら書いていくだけなので、手間というよりもむしろ楽しい作業です。

 

楽しいだけなのに、これが10年分ほど貯まると「この年はこういうことをしていたのか」「この習慣は続かなかったけど久しぶりに再開してみよう」「この習慣はもう4年目なのか」と自分を振り返るすばらしいリストになるのです。

 

まずは今日、今年の分を作って、そのまま来年の今頃を楽しみにしていてください。あたかもタイムカプセルかのように突然「去年の自分」を受け取ることができます。毎日コツコツ日記を書く根気がない私にとっては、本当に教わってよかった習慣です。

 

プライベートと仕事を分けるとさらによい

2年前にはさらに、これを「公私で分ける」と「仕事領域の『ご自分用のゆるいPDCA』」になることに気づきました。仕事領域は年末年始に区切りがありませんので、私の部分は大晦日にそのまま行うとしても、公の部分はまさに今、年度末が最適なのです。

 

私に関して言うと

・はじめて英語での取材を試みた → まるで成立しなかったので来年度1年で取材ができるレベルまで対策する

・はじめて速報記事作成を試みた → 取材前の準備方法とテンプレを3段階に分けて模索する

・はじめて職場以外の環境での仕事を始めた → 自宅の撮影環境等の対応を大至急

 

このように、書き出してみるとどうにも自動的に「改善したい点」が浮かんできてしまいます。プライベートは「楽しかった」で終わりなのに、仕事はやっぱり違うんですね。

 

そして、これをリストにしてどこかに保存しておくだけで、来年の年度末にまた、今年度の未達事項は何なのか、環境がどう変化したのか、自動的にチェックができてしまうというわけです。

 

「共有」することで「新しく始めたいこと」が増える

特に書式があるわけでもなく、どう書けば効率がいいということもないのですが、私はこのリストは「友達と見せ合う」ことに意味があると思っています。

 

ネットならば「みんなはどうだった?」と書けばいいし、飲みの席なら皆がちょっとずつ思い出して盛り上がるのですが、改めて聞いてみると意外な人が意外なことを達成していたり、自分と共通項のあることを始めていたりするものです。後のばしにしていたことをやっぱり始めようと踏ん切りがついたり、あるいは自分も始めてみたいけれど最初はどうすればいいの?と質問を受けたり、「始める」ということに対してのスイッチが入りやすくなるのです。

 

ちなみに、これまででいちばんびっくりしたのは「はじめて大学院に入った」という返事がきたときでした。驚くと同時に、やっぱり45歳過ぎても50歳になっても始めるに遅いということはないねと勇気をもらいました。

 

ポイントがあるとすれば、仕事のことも「異業界の人でもわかるような表現で書く」ことでしょう。他の人の「はじめて」に関心を持ったら、それをきっかけにこのタイミングでなにかを始めてみるべきです。

 

4月、スタートの月です。皆様の2018年度もまたよい1年でありますよう。

 

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

【クラブママ直伝】だからアナタは一目置かれない!40代女性4つのNG

酸いも甘いも噛み締めた40代の働く女性。キャリアを積み、経済的にも社会的にも自立している方も多いことでしょう。ただ、同じキャリア女性でも「認められないタイプ」と…

「パラパラチャーハンの作り方」論争に新たな刺客!濃く溶いたスープで驚きの結果

何気なく「一人暮らしをはじめた方へ 新生活応援トピック集」という資料をめくっていたときのこと。新入学・入社の人たち向けの資料です。「なるほど、いまどきの一人暮らしは収納と一緒に防災まで考えるのか…」な…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

このまま肘を引ける?「エクササイズ界の脳トレ」セラサイズが難しい!

こんにちは、生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部の井一です。今年はついに花粉症を発症したかなと思っていたら、ひっどい風邪をひいていました。ちょっと油断するといきなり肺炎になるので気を付けます。さて、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事