年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がない人もいらっしゃると思います。

このタイミングで、「簡単だけれど驚くほど自分のためになる」、しかもコツコツやらず年にたった1度でOKの習慣をご紹介したいのです。

それは、「その年はじめてやったこと」リストを作ることです。

詳しくお伝えしましょう。

 

年に1度「書こう」と決めるだけで歯車が回る

そもそもこの習慣は、いまから10年ほど前にベテランの派遣社員さんから教わったものです。

 

「40代、50代と年を重ねていくと、なかなか自分を見直す機会がないのが残念で。だから、毎年大晦日が近づくとお友達と『今年はじめてやったこと』を思いつく限り挙げあって、それはいいね、それは真似したいねと褒めあうの」

 

という内容でした。

なので、当初は特に公私も関係なく、その年に初めてやったことをリストにして、個人ブログに書いていました。

 

私の、例えば2010年のものを見てみると

・初めてスパイスからインドカレーを作った

・初めてミシンを買った

・初めて登山をした

などと、大変にほのぼのしたことが書いてあります。同じ習慣を共有する友人たちを見ていても、プライベートの知り合い寄りの位置で公開しているからでしょうが、大抵みんなプライベートのことを書いています。

 

このリストそのものは1年分の手帳を振り返りながら書いていくだけなので、手間というよりもむしろ楽しい作業です。

 

楽しいだけなのに、これが10年分ほど貯まると「この年はこういうことをしていたのか」「この習慣は続かなかったけど久しぶりに再開してみよう」「この習慣はもう4年目なのか」と自分を振り返るすばらしいリストになるのです。

 

まずは今日、今年の分を作って、そのまま来年の今頃を楽しみにしていてください。あたかもタイムカプセルかのように突然「去年の自分」を受け取ることができます。毎日コツコツ日記を書く根気がない私にとっては、本当に教わってよかった習慣です。

 

プライベートと仕事を分けるとさらによい

2年前にはさらに、これを「公私で分ける」と「仕事領域の『ご自分用のゆるいPDCA』」になることに気づきました。仕事領域は年末年始に区切りがありませんので、私の部分は大晦日にそのまま行うとしても、公の部分はまさに今、年度末が最適なのです。

 

私に関して言うと

・はじめて英語での取材を試みた → まるで成立しなかったので来年度1年で取材ができるレベルまで対策する

・はじめて速報記事作成を試みた → 取材前の準備方法とテンプレを3段階に分けて模索する

・はじめて職場以外の環境での仕事を始めた → 自宅の撮影環境等の対応を大至急

 

このように、書き出してみるとどうにも自動的に「改善したい点」が浮かんできてしまいます。プライベートは「楽しかった」で終わりなのに、仕事はやっぱり違うんですね。

 

そして、これをリストにしてどこかに保存しておくだけで、来年の年度末にまた、今年度の未達事項は何なのか、環境がどう変化したのか、自動的にチェックができてしまうというわけです。

 

「共有」することで「新しく始めたいこと」が増える

特に書式があるわけでもなく、どう書けば効率がいいということもないのですが、私はこのリストは「友達と見せ合う」ことに意味があると思っています。

 

ネットならば「みんなはどうだった?」と書けばいいし、飲みの席なら皆がちょっとずつ思い出して盛り上がるのですが、改めて聞いてみると意外な人が意外なことを達成していたり、自分と共通項のあることを始めていたりするものです。後のばしにしていたことをやっぱり始めようと踏ん切りがついたり、あるいは自分も始めてみたいけれど最初はどうすればいいの?と質問を受けたり、「始める」ということに対してのスイッチが入りやすくなるのです。

 

ちなみに、これまででいちばんびっくりしたのは「はじめて大学院に入った」という返事がきたときでした。驚くと同時に、やっぱり45歳過ぎても50歳になっても始めるに遅いということはないねと勇気をもらいました。

 

ポイントがあるとすれば、仕事のことも「異業界の人でもわかるような表現で書く」ことでしょう。他の人の「はじめて」に関心を持ったら、それをきっかけにこのタイミングでなにかを始めてみるべきです。

 

4月、スタートの月です。皆様の2018年度もまたよい1年でありますよう。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知症そのものは40代から進行が始まることも事…

「いつもオバサンひとつ結び」な40代の髪悩みが消える?新ドライヤー登場!

オトナサローネ編集長アサミいわく、まとめ髪の日は「ただのひっつめにせず、毛先をきちんと巻いておく」のがモテの鉄則なのだそう。いっぽう、オトナサローネでは「脱・オバサン1つ結び」記事はいつでも非常に高人…

プチプラで40代の顔たるみ防止!仕事中に使えるアイテム3選

オトナサローネの特集「オトナのたるみケア」では、リアルな40代執筆陣が実際に毎日コツコツ積み上げているたるみケアを配信中です。さて、みなさんは「たるみのケア」として最近何を始めましたか? 私(47歳)は配…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。・立位体前屈はもちろんマイナス・開脚もで…

リアルな働く40代、どこで仕事服を買っていますか?この秋ファッション調査【オトナ組】

今週は、40代オトナサローネ執筆陣チーム【オトナ組】に、「この秋どこで服を買いましたか?」というテーマで、リアルなファッションを質問しました。おしゃれも美容もお仕事も全力な40代、いろいろなアイテムをチェ…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。日頃コーヒーとサッポロ一番塩とポテチで生…

洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では…

あなたの家と会社の「通勤経路」は大丈夫?ハザードマップを確認してみて

このたびの豪雨で被災された皆様には心からのお見舞いを申し上げます。さて、とりわけSNSでリアルタイムに災害を目にしていた人々は、「果たして自分ならどうしただろう、逃げられただろうか」と改めて畏怖したので…

七夕に願い事がかないそう!光り輝く「金箔」の短冊に願いを込めて

たとえば婚活、資格試験など「ここいちばん」の願い事を抱えている人なら、今週ぜひチェックしたいのが銀座一丁目のGINZA TANAKA 。なんと、きらきら美しい「金箔の短冊」に願いを書いて、店頭の笹飾りにかけること…

ファミマの花畑牧場「生キャラメルチョコミント」今すぐ買って!【ミントと和解】

2018年6月、日本のチョコミント界に大問題作が投下されました。その名も「チョコミントパンケーキ」。https://edit.otonasalone.jp/69535/私のタイムラインにはさんざんこのネタが流れてきましたが、その後あっさり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事