4月から生命保険料が変わる!見直してもいい人とダメな人

春、新しいことが始まる季節。実は生命保険も新しい保険料になります。生命保険は、5~10%程度の値下げとも言われています。これは、平均寿命が延びて長生き時代になったため。

この機会に保険の見直しを考える人も多いと思いますが、見直していい人とダメな人がいます。違いはどのようなところにあるのでしょうか。

 

長生き時代で生命保険料はダウン、医療保険はアップ

そもそも、どうして長生き時代になると保険料が変わるのでしょうか。

 

生命保険は、死亡時に保険金が受取れる保険。そのため、長生きすると保険に加入している期間が長くなります。保険に加入している間、払った保険料は保険会社が運用していますが、期間が長くなれば運用益もその分増えるので、契約者が払う保険料は安くできるという計算です。

 

ただし、生命保険の保険料は年齢によっても変わります。端的に言うと、若い方が安いのです。これも先ほどの、保険料は保険に加入している期間が長いほど安いという理由から。ですから、すでに加入している生命保険があり、保障金額に上乗せが必要でなければ、あえて見直すメリットは少ないでしょう。

 

一方、医療保険は長生き時代になって保険料が値上がりします。これは、長生きをすることで入院や手術の可能性が大きくなるからです。

 

ただし、医療保険は新しい商品ほど使い勝手が良くなります。たとえば、入院給付金は、入院が5日以上になった場合に受取れる保険が多かったのですが、今は日帰りでも受取れる保険が増えています。また、手術給付金は、入院をして手術を受けた場合に受取れるタイプだと、外来で手術を受けた場合には給付の対象になりません。

 

最近では、長い入院は減り、手術も外来できるものが増えています。昔の医療保険のままでは、これからの医療費の実態に合わなくなってしまうことも考えられます。

 

すでに加入している医療保険があれば、新しい医療保険と保険料・保障内容を比較してみるといいでしょう。その上で新しい医療保険に変更してもいいかもしれません。あるいは、加入済みの医療保険の保険料が安ければ、上乗せで新しい医療保険に加入することも考えられます。

 

長生き時代におトクなトンチン年金

日本人女性の平均寿命は87.14歳、男性は80.98歳(2016年「簡易生命表」厚生労働省)。この長寿時代にあわせて登場したのが「トンチン年金」です。

 

トンチン年金とは変わった名前ですが、由来は17世紀のイタリア人ロレンツォ・トンティ氏が考案したことによるものです。

 

この年金保険は、死亡保障を減らすことで、生きているうちに受取れる年金を増やす仕組みの保険。50代から加入ができるもので、10年以上の保険料払い込みで、一生涯年金を受取ることもできます。

 

ただし、元がとれるのは平均寿命より5歳以上長生きした場合がほとんど。年金を受取る前に死亡した場合は、払い込んだ保険料の7割程度しか遺族は受取れません。

 

つまり、長生きすればするほどおトクな年金保険であると言えます。

 

年金はいったん加入して、年金開始年齢になれば、定期的に年金が受取れるところもメリット。病気や認知症になっても、必ず受取れるのは心強いですね。とは言え、保険料はお手ごろとは言えないものが多いので、加入するかどうかはじっくり考えてみましょう。途中解約をしては、元も子もありません。

 

保険の見直しは、ライフスタイルの変化に合わせてするものです。新しいことが始まる春は、ちょうどいい季節ではないでしょうか。すでに加入している保険があれば、保障内容の確認からしてみましょう。

 

タケイ啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

スポンサーリンク

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

月収25万は増税負担いくら?「あと1万円」ムリなく貯めてチャラにする節約術

いよいよ始まった消費税10%。コンビニエンスストアやスーパーなどでお買い物をすれば、さっそく10%の消費税がかかります。今後、さらなる税金や社会保険料率のアップもささやかれているなか、増税分をチャラにする…

【軽減税率】料理用のワインとみりん、消費税8%はどっち?

いよいよ消費税増税まで1カ月をきりました。8%から10%になる10月1日に向けて各販売店などでは準備が進められているようです。さて、この消費税、すべてのものが10%になるわけではありません。一部については8%の…

あなたは大丈夫?40代独身女性が【やってはいけない】節約って?

頑張って働いて得たお金は大切に使いたいですね。買わなくてもいいものを買ったり、無駄になるようなお金の使い方をしたりするのは避けたいものです。40代独身女性なら、しっかり節約をして将来に備えて貯蓄をしてい…

【総資産300億円!】もしもあなたがジャニーさんの娘だったら、遺産はいくら?相続税は?

ジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川さんの訃報が届いたのは2019年7月9日のこと。日が経つにつれ、各メディアからはさまざまな報道がなされているように感じます。そこでふと気になったのが、ジャニーさんの遺産…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事