「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中で声をかけることもあります。仕事で新しいことを覚えるのに精一杯だと思いますが、現場で即問題となるのが「敬語」です。研修で敬語をばっちり教える企業もありますが、そうではないとなると、もうほとんど実地訓練のようです。今日はそんな中でも見え隠れする、そして意外と40代女性も「若者気取りで」使っている人の多い敬語の例を5つ紹介します。注意するだけでなく、すぐに使えるように言い換えパターンも用意しました。

 

1 × すみません → ○ 申し訳ございません

謝罪、依頼、感謝と、さまざまなシーンで「すみません」は、大変便利なことばです。しかし、便利だからと言って、連発して良いとは言えないのがビジネスシーンです。

そもそも、「すみません」は様々な場面で使えますので、元々はどの意味で言おうとしているのか見直す必要があります。

「すみません」は改まった場面ではNGなのです。例えて言うのなら、「お世話になっております!」を「どーもー!」と言っているような状態で、学生気分が抜けていないのでは?と先輩や上司、そしてお客様や取引相手に、教養のなさを感じさせてしまいます。

例えば、謝罪の場合は

  • 「お待たせしてすみませんでした。」
  • 「遅れてしまいました。すみません。」

などと使う事も考えられますが、ここは「謝罪」の意味をしっかり含んだ「申し訳ございません」に直すべきでしょう。

  • 「お待たせして、申し訳ございませんでした。」
  • 「遅れてしまいました。申し訳ございません。」

依頼の場合はどうでしょう。

  • 「すみません、これ、お願いします。」
  • 「すみませんが、お願いできますか?」

この場合は「頼みごと」なので、「恐れ入ります」が適切です。

  • 「恐れ入ります、これ、お願いします。」
  • 「恐れ入りますが、お願いできますか?」

このように、元々の意味を考え、お詫びなら「申し訳ありません」、頼みごとなら「恐れ入ります」に変えましょう。

 

2 いいですか? → よろしいでしょうか?

「これでいいですか?」という表現もうっかり言ってしまいます。「これでいいですよね」ではなく「これでいいですか?」と疑問の形にすると、言い方が柔らかくなり、物腰も優しくなりますよね。これをさらに「よろしいでしょうか?」のように、「いい」を「よろしい」に変えるだけで、印象がぐっと良くなります。「よろしい」は「いい」のあらたまった言い方なのです。また相手のお伺いを立てるという意味で「でしょうか?」を付けるとさらに丁寧な感じになります。ぶっきらぼうさがさらに削れる感じですね。「よろしいでしょうか」は、是非積極的に使いたいものです。

ここで注意したいのは、「よろしかったでしょうか」を使わないようにするということです。
「よろしかったでしょうか」はそもそも「これで良かったんだよね?」という意味になり、相手に選択の余地を与えません。バイト敬語としても有名になってしまったので、もはやビジネスシーンでは触れない方が良いでしょう。

 

3 知りません → 存じません

「知りませんでした。申し訳ございません。」そんなセリフもビジネスでは使うシーンが多いですよね。この「知りませんでした」は「知らなかった」の丁寧語です。仕事では、ただの丁寧語よりも、尊敬語や謙譲語を上手に使いましょう。

先輩や上司、お客様や取引相手が「知らない」の主語である場合は、尊敬語「ご存知」を使います。
「先輩、このニュース知らない?」という意味の文は「先輩、このニュースはご存知ですか?」となるわけです。

逆に、自分が「知らない」の主語である場合は、謙譲語「存じ上げる」を使います。
「私、このことを知りませんでした」という意味の文は「私、このことを存じ上げませんでした」となります。

少し難しいですが、「ご存知でしたか?」というフレーズと「存じ上げませんでした」というフレーズを丸ごと覚えてしまうと覚えやすいと思います。

 

4 わかりました → かしこまりました

「わかりました」も若い頃には良く使っていたのでは?「わかりました」は言い換えて「かしこまりました」を使います。
たしかに、学生時代は、先輩に「かしこまりました」なんて言いませんよね。でも、社会に出たら「分かりました」という小学生でも使う丁寧語は卒業しましょう。特に年齢が言っているのに「分かりました~」なんて言っている人は要注意。

「承知しました」も良いでしょう。書き言葉ではよく使うと思います。ただし「了解しました」は目上の方に失礼なので、使わないように。「承知しました」か「了解しました」かで悩むようだったら、口語、話し言葉では「かしこまりました」の方を使うようにしましょう。

 

5 できません → いたしかねます

何かをすることが難しい時、「できません」と言います。「できません」は「できない」の丁寧語で、これも小中高大と続いて使ってきたと思いますが、社会人デビューしたら卒業しましょう。もちろんわざと口語的に使うこともありますが、少なくとも目上の人に対しては「いえいえ、できません」などと軽く使わないように。
いたしかねます」や「できかねます」がベストです。そしてこの言葉だけをズバッというのは、ぶっきらぼう過ぎますので、先ほど登場した「申し訳ございませんが」などの言葉をクッション言葉として添えると良いでしょう。

「申し訳ございませんが、私にはいたしかねます」
「申し訳ございません、私にはできかねます」

という言い方になります。

 

以上、若者気分が抜けきらない言い方について代表例を5つ取り上げて解説しました。さすがに「〇〇っすね」なんておかしな丁寧語を使う人はいないかと思いますが、丁寧語よりさらにワンランクアップした気持ちの良い使い方ができるといいですね。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のような話もありました。「平生(へいぜい)」…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました。こういう言葉の訂正って、人間関係に響く…

「ちょっと」を○○に言い換えるだけで…劇的上品な言葉づかいベスト10

特に敬語をふんだんに使っているわけでもないのに、なぜか言葉が美しいと感じる人がいます。雑な感じがしない、ある種、格のある雰囲気の言葉を使う人です。そういう人たちの言葉の特徴に「あらたまった」感じがする…

「おざなり」と「なおざり」どっちが正解?わかりにくい日本語の意味

ぼくたち、ずっとこのことを「おざなり」にしてきたよね。なんとなく意味は分かりそうですよね。では次の言葉はどうでしょう?ぼくたち、ずっとこのことを「なおざり」にしてきたよね。このカップル、どっちの状態が…

早急を「そうきゅう」と読んだら間違い!みんなが怪しい読み方10選

写真を貼付するのと、写真を添付するのとでは、すべきことが違います。今日はそんな言葉の中からビジネスシーンで恥をかいてしまいそうな誤読を10個集めてみましたので、こっそりチェックしてみてくださいね。1 代…

続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

この前、「続柄」を「ぞくがら」と読む声が聞こえ、ちらっと横目で見てみると、ちゃんとした大人の女性でした。こうして訂正される機会がなかった人って、結構多いのだろうなと思いました。今日はそんな言葉の中から…

「いらっしゃる」「参る」「伺う」日本語の使い分けの正解は?

もうすぐ春。敬語のミスも、新人さんならご愛敬。でもまあ、間違えないに超したことはありませんし、間違いがなぜ起きるのか、先輩の立場なら説明して直してあげた方がいいですよね。今日は敬語の中でも言葉が変化す…

実は正解日本語「ご質問があります」。こう言い換えると違和感がない!

「先生、ご質問があります」この言い回しに関しては、私も違和感を覚えるクチです。敬語に関する本でも、マナーの本でも、この言い回しはNGとされることが多いです。しかし実は、文法的には間違いではないのです。「…

【完全解説】「伺わせていただきます」「部長様」は間違い。二重敬語を予防するたった1つのルール

二重敬語というものがあります。敬語が重なってしまい、文法的に間違いだというものです。この二重敬語に対し「まあ、そんなことで敬意を決める人はいない」「目くじら立てて言うものでもない」などという説もありま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事