ところで「ナビスコ」って何の略だか知ってた?新しいリッツ・オレオ・プレミアムの味は変わった?

この9月、「オレオ」「リッツ」「プレミアム」の3製品が装いも新たに発売されました。パッケージを見てもわかる通り、ブランドは「ナビスコ」。長くなじみのある名前ですが、これって「ナビ」「スコ」なの?それとも「ナビス」「コ」なの?

そこで切るの?とびっくり

現在「オレオ」「リッツ」「プレミアム」を発売している「モンデリーズ・ジャパン」は、複雑なグローバル統合の流れをおおざっぱに言うと、「日本クラフトフーズ」からの社名変更です。スナック&キャンディ中心のグローバルブランドとして、例えば他に「ホールズ」「クロレッツ」も有しています。

さて、何となくナビスコ、ナビスコと呼んでいましたが、そもそもナビスコって何かの略称なの?と思って調べてみたところ……。

かつての社名、「ナショナル・ビスケット・カンパニー」の略なのだそうです。

ちなみに、おなじみのクラッカー「リッツ」は、アメリカの大恐慌時代(1929~33年)のブランド創成。暗い世相が明るくなるよう、きらびやかな富の象徴だった某高級ホテルの名前を冠して「リッツ」という名前をつけたのだそうです。

0155 nyc_bakery_1914ca-T

ナショナル・ビスケット・カンパニー時代の工場の外観。写真かと思ったら、よく見るとイラストですね! 提供/モンデリーズ・ジャパン

3つの商品の味は、前とは変わったのかな?

IMG_4306

さて、気になるのは「3つの商品の味は変わったのか?」。いろんな人に感想を聞いてみたところ……。

「全く同じ、変わらない味」

「リッツの塩気が強くなった」

「オレオが甘くなった」

さまざまという結果になりました。実際食べてみても、記憶の中の味と同じような?違うような?

というわけで、店頭で見かけたらぜひ試してみたいフレーバーは……「チョコレート」「ストロベリー」! これ、限定ではなく、レギュラーですから、焦らずゆっくり探せます!

IMG_4298

ちなみに、モンデリーズの「Well-Being」というテーマに基づいて、各商品の目立つ位置にカロリー表記が入りました。いちいち箱の栄養表示を探さなくていいから、これは便利。

IMG_4297

海外のオレオにはいろんなバリエがあります。個人的な注目はアメリカで発売されている「薄いオレオ」、OREO THINS。お土産にもらったことがある人もいるのではと思います。

oreo-thins-packages

この写真はアメリカの公式サイトのものですが、ずっと右側のミント味が気になってます。日本でも発売されるといいな!

 

モンデリーズ・ジャパン
http://jp.mondelezinternational.com/home

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク