この不調、更年期かな?と思ったら始めどき。自律神経を整える呼吸法

ほてり、肩こり、のぼせ、憂鬱など40〜50代を迎えると誰にでも訪れる更年期。めまいやイライラなど心が不安定になったら悩む前にヨガの呼吸法でリラックス。いざという時のために使える呼吸法はデスクに座ったままできるのも嬉しいですね。ホルモンや自律神経を整える効果があります。

 

心が不安定になったら

 

約40年間、身体と心を女性らしく保ってくれていた女性ホルモンがなくなる更年期は、女性の人生において大変化のステージです。上手に向き合って更年期の症状を軽減し健やかな日常を過ごしたいもの。

実際に、生活に支障をきたすほどのツライ症状を抱える人は1〜2割と言われています。残りの8割の方は、気になるが生活に支障はない程度、もしくはほとんど気にならないとの事。これは更年期に対してビビって構えていた方はホッと一安心です。

なんとなく不調を感じる時の改善には、休息と適度な運動を積極的に取り入れる事が症状の緩和になります。閉径に伴い女性らしさを失うので心が乱れやすく、イライラ、気分の落ち込みなどの精神的な症状に悩んでいる場合にはヨガの呼吸法が役立ちます。

 

身の回りの乱雑さも心が不安定になる要素なので、更年期には清く正しい生活を心がけましょう。

  • オフィスのデスク散らかりを片付ける。
  • 寝る前に部屋を片付ける。
  • 騒がしい場所を避け、静かな環境をつくる。
  • 刺激的や辛味、コーヒーなどを避ける。

心身が不安定でフワフワするので過食やスイーツが止まらないなど、いつまでも満たされないため摂食障害になりかねません。全ての症状を更年期だと自己判断せずに、きちんと専門医の診断を受けること、ツライ症状があるならホルモン補充療法や漢方療法などためらわず受診してください。

 

ヨガの完全呼吸法


吐く息は口からゆっくり吐きます。う〜〜っと声に出しながら息をゆっくり吐いても良いでしょう。胸もお腹も大きく広げ、横隔膜の働きが要の呼吸法です。

注意:内臓に直接作用するので食後2~3時間以内は行いません。

  1. 姿勢を正して背中を真直ぐにします。座位、立位でもOK。
  2. 両手を太腿の上に置きます。
  3. ゆっくりと滑らかに息を長く吐きながら腹部を凹ませます。
  4. 無理なく止息します。
  5. 腹部の力を緩めて、息を吸い始めます。
  6. 息を吸いながら、肺の下部へ空気が届き横隔膜が下がりお腹が前に出ます。そして肺の上部、肩へと空気を送りこむのを意識します。
  7. 頭を完全に上げ、肩を引き上げ、鎖骨まで空気が入るように息を吸い上げます。肺の最上部まで空気を行き渡らせます。(この時は少し腹部が凹みます)
  8. 少しずつ息を吐きながら顔を正面へ戻し、肩や横隔膜の力を抜き、腹部を凹ませ、下腹部に意識を集中させます。③に戻ります。
  • 10回ほどを目標にゆっくり繰り返しましょう。自分のペースで無理なく行います。

効果:呼吸器強化、腹部内臓のマッサージ、ホルモン分泌、血液循環機能を高める、心が落ち着きます。頭がスッキリし、思考がクリア、生命力UP、やる気が満ちる。

 

いかがでしたでしょうか?

誰でも訪れる更年期、少しでも症状や和らぎ、快適で健やかに過ごせますように。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

「大人の呼吸法」3時間ワークショップ

 527() 13:00-16:00 神奈川県 鎌倉 光明寺

詳細は、http://artyoga20180527.peatix.com

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

気になる「閉経」の平均年齢は? 40代から知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

頭皮が固いと「老け顔」に!? 今すぐ1日5分の簡単セルフケア

「前より太ったわけじゃないはずなのに、何だかボワンとして、さえない顔……」と、鏡や写真にうつった自分を見て首をひねること、ありませんか?もしかしたらそれは、頭皮や…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹? むっちりヒップ?いえいえ、実は違うんで…

カタい体もペタッと開脚!「ごろごろストレッチ」6つのポイント

「身体が柔らかくなりたい!」と一度でも思ったことありませんか?180度開脚したり、立位体前屈で両手の平が床に着いたり、こんな風に身体が動いたら気持ち良さそうだな、と憧れますね。それには毎日のストレッチも…

簡単にリラックスできる!ずぼらストレッチ

夏のビーチや木陰で昼寝をしているような気分のヨガ、その名もずぼらヨガ。はじめてヨガする方でも安心で「これヨガなの?」と思うほど簡単。寝転がっているだけなのに歴としたヨガポーズは、猛暑でお疲れ気味の心と…

食べて体を冷やせる!夜中でも罪悪感のない夏の夜食「美スープ」

すでに夏バテ予備軍になりそうなほど酷暑ですね。体を労って過ごさないと残暑まで身が持たない気配が……激辛スタミナ料理で夏をのり越える!と意気込んでも40代の胃腸には刺激が強すぎませんか?熱帯夜にお腹が空いた…

夏のアーユルヴェーダー養生、ココナッツオイルでセルフマッサージ

本格的に暑くなってきました。大人の夏休みまであと少し!青い空と青い海が広がる南国のリゾートだったら暑さをどう凌ぐでしょうか?夏の興奮を鎮め、体と心をゆっくりと休める時間、自然治癒力を高めて夏風邪や皮膚…

UV剤が禁止のハワイ、ローカルは日焼けにどう対策しているの?

こんにちは、私が住むここ湘南は海開きし、小麦色に焼けた肌がビーチを闊歩しています。しかし気になるのが紫外線によるシミやシワ。憎い太陽の眩しさに向かって、眉間にシワをよせていませんか?ハワイでは日焼け止…

夏場のいやな体のニオイ。さらに悪化させるのはこの「食べ物」

以前の記事「ヨガで予防できる口臭問題」(https://edit.otonasalone.jp/63704/)でも触れましたが、口臭の主な原因は、食べカスや細菌、舌や歯の汚れの磨き残し。このほか、タバコやコーヒー、ネギなどニオイの強い…

睡眠、風邪、ストレス対策…「ヨガを始めて私の人生こう変わった」

飽き性……継続って意外と難しい……何をやっても長続きしないけど「ヨガだけは続けている」とよく耳にします。日に日に歳を重ねていくにつれ変化(老いとも言う)を目の当たりにする40代ですが、ヨガを長く続けているこ…

「身体固いけどヨガできますか?」実際始めてみた人たちのリアルな感想は

もはやヨガブームから数十年が経ち、市民権を得たように思われるヨガですが、私は17年前スノーボード選手時代のメンタルトレーニングとしてヨガに出会いました。ダイエットで痩せたい!冷え性を克服したい!などヨガ…

汗を吸ったマットもこれでOK!梅雨時のニオイ対策はナチュラルに

入梅の候、しっとり雨の降り続く生活で気になるのがニオイとカビ。私が暮らすここ逗子は、海沿いの町なので湿度が多く、洗濯物は生乾き、お手入れをサボった靴にはカビが発生。ちょっと緊張感のある暮らしです。そも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事