これも更年期?「睡眠の質が落ちた」人の身体タイプ判定とオススメ呼吸法

もうすぐ50代を迎える私たちにとって、「更年期」という言葉はすでに現実のもの。ですが、更年期じたくそのものはさまざまです。すでに対策をしている人、ホルモン補充など治療をしている人、この不調の原因は何だろうと考え込んでいる人。

さて、そんな中でも、睡眠に不調が出ている人はいませんか? 「羊が一匹……二匹……」眠れない。身体は疲れているのに頭が冴えてる、肩こりが酷くて寝返りが苦痛、偏頭痛で目が覚めてしまうなど、なかなか寝つけず苦労している。そんな人、更年期症状を悪化させないためにも、グッスリ眠れる呼吸法で睡眠の質を改善させましょう。

 

身体タイプ(ドーシャ)は年齢によっても変化する

健康は睡眠の質に左右される、だから早く寝なきゃ。それは知っているけど、思えば思うほど堂々巡りで目が覚めてしまう。悩みや心配事が頭から離れず、神経が緊張したままで眠れない状態が続くと「……私、不眠症?」という気持ちにもなってしまいます。

インド伝承医学アーユルヴェーダーでは、身体と心の性質をドーシャと呼びます。主要なドーシャは3つありそれぞれの体質や性格、年齢、気候によって変化しながらバランスをとり心身の健康状態を保ち続けています。

 

それぞれのドーシャの特徴

・「ヴァータ」(風と空のエネルギー)

〔長所〕風のように軽快で行動力があり機敏、積極的、好奇心旺盛、自由な動きを好む。活発、理解力、記憶力。

〔短所〕活発だけど飽き性、気分にムラがある。冷え、乾燥、排泄力低下、消化力低下、不眠症、心配性。

 

・「ピッタ」(火と水のエネルギー)

〔長所〕炎のように精力的で行動にもキレがあり、チャレンジ精神旺盛。正義感が強い。集中力、知力。

〔短所〕リーダー気質だけど、短気で怒りっぽい。イライラ、下痢、汗かきで皮膚が弱い。頑張りすぎる。

 

・「カパ」(水と土のエネルギー)

〔長所〕水のように癒しと緩やかで寛大、辛抱強くすべてに安定している。動じることなく物事を最後までやり遂げる。マイペース。持久力。

〔短所〕平和的だけど、執念深く自信喪失で内向的。冷え、眠気、消化不良、鈍い、肥満。

 

それぞれの体質や性格によってドーシャが決まりますが、年齢に応じてもドーシャの働きが変化します。成熟した成人の30〜50歳頃は「ピッタ」の働きが優勢ですが「ヴァータ」の働きも増しています。50歳以上は「ヴァータ」が優勢になります。(ちなみに「カパ」は9歳〜18歳頃です)

 

「ヴァータ」の時期は女性ホルモンの減少に伴いホルモンバランスが崩れやすく、肌の乾燥や髪の量が減ったりと肉体的に女性らしさが失われやすくなり、喪失感や不安など、戸惑いを感じるようになり、心身のドーシャが乱れやすくなりがちです。

 

50歳からの「ヴァータ」の悪循環に陥らないために、眠れないなどの更年期症候群を感じたら、早めの心身のケアのために「ヴァータ」を積極的に整えるよう心がけましょう。

 

特に「ヴァータ」の乱れ(増えすぎる事)は、心身全体のバランスを最も崩しやすくなりますが、整えやすいのも特徴です。気がつかないうちに生活リズムが不規則になったり、いつのまにか冷え性が当たり前になっている場合は、以下の生活習慣を見直して見ましょう。

 

40代が「ヴァータ」を整えるためにすべき5つのこと

 

1・毎日の朝食の時間は同じにする。(なるべく8時まで)

2・こまめな休息をとる。疲れたら頑張らない。

3・白湯を飲む。冷たい飲み物を避ける。

4・寝る前の時間は静かに読書タイムにする。(スマホやPCを避ける)

5・なるべく夕飯は20時まで、21時すぎる食事は3日以上続けない。

 

軽さが特徴の「ヴァータ」を整えると更年期症状が軽く過ごせるようになります。長所が生かされるような軽快さ、好奇心、社交性など健康的で心豊かな時を過ごせるようになります。

 

「ヴァータ」を整えるおすすめ呼吸法は片鼻呼吸法です。「ヴァータ」は生活習慣の見直しや睡眠の大切さを重視しているので、眠れない時には腹式呼吸で片鼻呼吸法を行うと両鼻で呼吸した時にスッキリし、心が落ち着き良く眠れます。

 

風の性質があるので、片側の鼻を交互に呼吸し左から右、右から左へと空気が通り抜けてバランスをとります。自律神経を整える効果があるのでホルモン分泌の視床下部にも効果を届けることができ、更年期症状などを軽減することができます。

 

「片鼻呼吸法」で心身のバランスを整えます

鼻孔を塞ぎながら片鼻ずつバランス良く呼吸します。鼻の中心で、右手の人差し指と中指を折り曲げ、親指は右鼻孔、薬指は左鼻孔へあてます。左右交互にゆっくりとした呼吸で繰り返します。規則的にゆっくりと行います。

 

簡単ですから、夜、お風呂上りの寝る前のひと時や、朝起きてからなど、毎日の習慣にしてください。

 

①正座や、結跏趺坐などで、背筋をまっすぐにして座ります。

②まずあごを軽く引き、両鼻でゆっくりと呼吸する。吐く息を長くする。

③次に、右手の親指で右の鼻の穴を軽く押さえてふさぎ、左の鼻の穴から息を吸う。

④そのまま右手の親指で右鼻、薬指で左鼻の穴を押さえ、両鼻腔を閉じて息を止める。

⑤右の鼻腔を押さえた指を外して開き、息を吐ききる。

⑥そのまま右鼻腔から息を吸う。

⑦両鼻腔を閉じて息を止める。

⑧左鼻孔を開放し、息を吐ききる。

⑨以上を数回、心が整うまで繰り返します。

⑩両鼻の自然呼吸に戻して目を閉じ、しばらく呼吸に意識を向け続けます。

 

効果:自律神経のバランスを整える。安定、落ち着き。頭がスッキリし、思考がクリア、意志力が高まる。妊娠中毒症、自己免疫疾患。

 

40代から呼吸法を取り入れるのは、けして遅くはありません。少しずつ取り入れて見てくださいね。

 

「安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます」

「大人の呼吸法」ワークショップ

 630() 9:30-12:00 神奈川県 葉山港

詳細 https://artyoga20180630.peatix.com/view

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

気になる「閉経」の平均年齢は? 40代から知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

塩レモンとツボ押しで、オトナの夏疲れをスッキリ養生!

盛夏を遊び尽くし冷たいグルメを楽しんだ身体もそろそろ胃腸がお疲れモードに感じる今日この頃。1年で最も体力や消化力が低下する夏の時期から食欲の秋へのシフトチェンジ。いつもの食事でお腹の不調を感じるような…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹? むっちりヒップ?いえいえ、実は違うんで…

カタい体もペタッと開脚!「ごろごろストレッチ」6つのポイント

「身体が柔らかくなりたい!」と一度でも思ったことありませんか?180度開脚したり、立位体前屈で両手の平が床に着いたり、こんな風に身体が動いたら気持ち良さそうだな、と憧れますね。それには毎日のストレッチも…

簡単にリラックスできる!ずぼらストレッチ

夏のビーチや木陰で昼寝をしているような気分のヨガ、その名もずぼらヨガ。はじめてヨガする方でも安心で「これヨガなの?」と思うほど簡単。寝転がっているだけなのに歴としたヨガポーズは、猛暑でお疲れ気味の心と…

食べて体を冷やせる!夜中でも罪悪感のない夏の夜食「美スープ」

すでに夏バテ予備軍になりそうなほど酷暑ですね。体を労って過ごさないと残暑まで身が持たない気配が……激辛スタミナ料理で夏をのり越える!と意気込んでも40代の胃腸には刺激が強すぎませんか?熱帯夜にお腹が空いた…

夏のアーユルヴェーダー養生、ココナッツオイルでセルフマッサージ

本格的に暑くなってきました。大人の夏休みまであと少し!青い空と青い海が広がる南国のリゾートだったら暑さをどう凌ぐでしょうか?夏の興奮を鎮め、体と心をゆっくりと休める時間、自然治癒力を高めて夏風邪や皮膚…

UV剤が禁止のハワイ、ローカルは日焼けにどう対策しているの?

こんにちは、私が住むここ湘南は海開きし、小麦色に焼けた肌がビーチを闊歩しています。しかし気になるのが紫外線によるシミやシワ。憎い太陽の眩しさに向かって、眉間にシワをよせていませんか?ハワイでは日焼け止…

夏場のいやな体のニオイ。さらに悪化させるのはこの「食べ物」

以前の記事「ヨガで予防できる口臭問題」(https://edit.otonasalone.jp/63704/)でも触れましたが、口臭の主な原因は、食べカスや細菌、舌や歯の汚れの磨き残し。このほか、タバコやコーヒー、ネギなどニオイの強い…

睡眠、風邪、ストレス対策…「ヨガを始めて私の人生こう変わった」

飽き性……継続って意外と難しい……何をやっても長続きしないけど「ヨガだけは続けている」とよく耳にします。日に日に歳を重ねていくにつれ変化(老いとも言う)を目の当たりにする40代ですが、ヨガを長く続けているこ…

「身体固いけどヨガできますか?」実際始めてみた人たちのリアルな感想は

もはやヨガブームから数十年が経ち、市民権を得たように思われるヨガですが、私は17年前スノーボード選手時代のメンタルトレーニングとしてヨガに出会いました。ダイエットで痩せたい!冷え性を克服したい!などヨガ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事