【九星フラワー占い】六白金星の6月の運気は「完璧なのもほどほどに」

一年でもっとも昼間の時間が長い6月。「光の時間」と言ってもいいかもしれません。一方で梅雨の時期でもあります。雨が降り出せば、暗く重い雲に包まれて……。不安定な季節を、調子を崩さずに過ごすコツ、楽しみを見つけるコツを星ごとにお話しします。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

六白金星の運気は体力次第。だから、健康維持が大切

今月の六白金星のキーワードは「完璧なのもほどほどに」です。

完璧なるもの、本来これは六白金星のためにある、いえ、六白金星自身をあらわす言葉と言っても過言ではないでしょう。何でもできてしまう、気が付けば集団のなかでリーダーになっている。しかも、自分自身も完璧な美しさを求めておしゃれをしますし、仕事も完璧にこなそうと努力を惜しみません。

それを可能にしている強い思い、あるいは鉄の意志を支えているのは、いつも同じように動ける❝ムラのない体力❞です。

この体力の差で、運気の強い六白金星と運気の弱い六白金星がきまるのですが、今月、六白金星の体力バイオリズムは低め。疲れやすかったり、免疫力が低下して夏風邪を引いてしまう人が多そうです。また、食中毒にかかる人もいそうなので、気をつけてください。

弱った時こそ人への優しさが身に付く

体調が悪い時は無理をせず休むこと。しっかり者と思われなくたって、弱みを見せたっていいのです。じつはあなたのことをちょっと近寄りがたいと思っていた人が、あなたと親しくなるためのチャンスなのですから。

また、体が思うように動かない人の気持ち、その心ぼそさを知れば、もっと人に優しくなれるはず。このことがあなたの魅力を磨いてくれます。

【続いて6月の詳細運!】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LIFESTYLEに関する最新記事