「私は遠視だから老眼になりにくい」これって本当?眼科専門医の答えは

細かい文字が読めなくなったり、視力の衰えを感じ、老眼ばかりが気になってしまうオトナサローネ世代ですが、「じつは40代は、老眼以外にも目の病気が増えてくるお年頃」というのは、お茶の水・井上眼科クリニック院長の岡山良子先生。一体、40代の眼には、老眼以外にどんなトラブルがあるのか、お話をお聞きしてきました。

【医師に聞く目の3つの話 3話目「老眼以外の40代トラブル」】

 

40代では、ドライアイ、眼精疲労がトラブルの上位に

 

「まず多いのがドライアイです。ドライアイは、眼精疲労を引き起こす原因となる目のトラブルの一つ。普通は、まばたきをすると自然に涙腺から涙が分泌されるのですが、涙の分泌量が少なかったり、涙が分泌しても、油分が少ないためにすぐに涙が蒸発してしまうと、目の表面が乾いてドライアイになってしまうのです」(岡山先生:以下同)。

 

また、パソコンの画面など、長時間、何かに集中することで、まばたきの回数が減って、必然的に涙の分泌が減ってドライアイになってしまうことも。そうすると、目が充血したり、眼球の奥が熱っぽくなったり、肩こりや頭痛を引き起こしたり、目がかすむといった様々な症状が出てくるそう。

 

ドライアイなら人口涙液とうたっている市販の眼薬、眼精疲労ならビタミン剤が入った市販の目薬でも症状は緩和されますが、防腐剤が入っていないものを選ぶとよいでしょう。が、やはり気になる場合は、眼科の受診をしたほうがよさそうです。

 

「ドライアイや眼精疲労の他にも、40代になると、少しずつですが、白内障や緑内障といった病気も増えてきます。あまり耳慣れないかもしれませんが、糖尿病網膜症、黄斑変性症など、悪化すると失明につながるような眼の病気になっているケースもあるので侮れません」。

 

眼科ドックで、目の精密検査を

 

そこで、40代になったらおすすめなのが、人間ドックのように、眼科ドックを受診してみること。人間ドックでも、視力や眼圧は調べてくれる場合も多いですが、眼科ドックなら、細かい項目まで検査をしてもらうことが可能です。

 

「眼科ドックでは、視力や視野の検査はもちろんのこと、涙の出方を調べたり、ピントを合わせる目の調節力を調べたり、眼底の写真を撮ったり、角膜の細胞の数を数えたり、黄斑部の断層撮影といったことも行い、あらゆる観点から目の状態をチェックしていきます。今の自分の目の状態が分かるので、1年に1回受けることで、病気の早期発見にも役立ちます。

 

例えば視野が狭くなる病気である緑内障は、気が付いたときには、もう遅い病気。水晶体が白く濁ってしまう白内障も、初期はほとんど自覚症状がありません。眼科ドックで早期発見できれば、本当の初期の初期の状態から治療をスタートできます」。

 

眼科ドックは保険の適用外なので自己負担ですが、この歳になったら、ジュエリーやブランド品ではなく、体にいいことを自分にプレゼントするのも悪くないもの。

 

まだまだ40代、されど40代!

 

「40代というと、もしかして老眼?と思いながらも、認めたくない自分がいたり、老眼なんてなるはずないと思っている人も多いですが、40代で老眼になるのは普通のこと、特に遠視の人は老眼になるのも早いし、進行も早いのです。

特に働いてる女性は、40代は働き盛りの世代なのもあり、目を酷使している人も多いはず。そういう意味では、何かしら目のトラブルをかかえている可能性も大きいはずですから、自覚症状がなくても、眼科で一度、チェックしてもらうといいですね」。

 

このまま老眼の進行を放置するよりも、眼科ドックなどで定期的な検診を受け、自分の眼を守ることは、眼ばかりではなく自分の生活そのものの快適さを維持することにもつながってきます。気にはなっていたけれど、特に何もしてこなかった人は、今すぐ眼科の受診を!

 

お話・お茶の水・井上眼科クリニック 院長 岡山良子先生

井上眼科病院には、2001年に入局いたしました。それ以来、「病院の基本は外来診療にある」との考えから、ただ診断、治療するだけの医療ではなく、患者さまの視点に立った「患者さまに寄り添った医療」の実践を心がけてまいりました。井上眼科病院副院長を経て、2012年4月、お茶の水・井上眼科クリニック院長を拝命いたしました。外来部門の長を任される立場となりましたので、より一層気を引きしめて、他の医師や職員とともに、患者さまに寄り添った「優しいクリニック」を目指し、努力していきたいと思います。https://www.inouye-eye.or.jp/clinic/

【眼科医に聞く目の話】

1 「老眼鏡をかけると度が進む」…これって本当?専門医の答えは

2 「ブルーベリーは老眼に効きますか?」眼科専門医の答えは

3 「私は遠視だから老眼になりにくい」これって本当?眼科専門医の答えは

スポンサーリンク

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に…

花粉症のかゆみに眼精疲労……疲れ目を即効でケアする、あの手この手!

春の足音とともに、花粉症の足音もやってきましたね……。というわけで今回は、花粉症による目の症状の対策と、パソコンワークなどの疲れ目(眼精疲労)を楽にするためのさま…

卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

子宮筋腫があります。40代から閉経にかけて、何に気をつければ?【医師に聞く】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。では、唇が歯にくっつくことはあり…

頬に出てきたシミのような影。これって肝斑?【皮膚科医に聞く♯2】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

子宮内膜症が持病です。閉経後はどうなりますか?【医師に聞く♯4】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、…

「ブルーベリーは老眼に効きますか?」眼科専門医の答えは

新聞や雑誌、手元の文字が見えなくなって、老眼かな? と思ったら、勝手な判断をせずにまずは眼科の受診を。最近は、100円ショップでも老眼鏡を売っているので、手軽に老…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事