「ブルーベリーは老眼に効きますか?」眼科専門医の答えは

新聞や雑誌、手元の文字が見えなくなって、老眼かな? と思ったら、勝手な判断をせずにまずは眼科の受診を。最近は、100円ショップでも老眼鏡を売っているので、手軽に老眼鏡を使い始める人もいますが、「老眼ではなく、他の目の病気が隠れているかもしれないので、まずは眼科で診てもらい、老眼鏡をつくるならそれから」とは、前回もアドバイスをくださったお茶の水・井上眼科クリニック院長、岡山良子先生の言。

【医師に聞く目の3つの話 2話目「老眼鏡選びと目のケアの都市伝説」】

 

眼科で処方箋をもらって、眼鏡屋さんへ

通常の眼鏡を作ってもらうときと同じように、眼科で老眼鏡を作ることはできません。が、眼科では、それぞれの左右の目の視力、近視や乱視の度合いなど細かい診察をしてくれるので、それを元に自分の目の状態にぴったりの老眼鏡をつくるための処方箋を出してもらうことができます。そしてその処方箋を持って、眼鏡屋さんにいけば、老眼鏡を作ることができるというわけです。

 

「100円ショップの眼鏡も、短時間だったらよいかもしれません。ただ両目のレンズとも同じ度数が入っているので、左右の視力が違う人は合わなかったり、度数が0.5刻みなので、微妙な調整ができなかったりします。また、人によって、右目の瞳孔と左目の瞳孔の間の距離が違うため、瞳孔の位置と、フレームの中心が合っていない場合は、長時間かけていると、目が疲れてしまうことも」(岡山先生:以下同)。

 

つまり、老眼鏡は、市販のものですませたりせず、きちんと自分の眼に合った眼鏡を作ることが大切なのです。

 

いつも老眼鏡をかけている必要はなし!

 

「老眼鏡を作っても、四六時中かけている必要はありません。パソコンで仕事をするとき、書類を読むときにだけ老眼鏡をかけて、トイレ休憩をしたり、お茶を飲んだりするときは老眼鏡を外してもかまいませんし、付けたり外したり繰り返すことで、視力が悪くなるということもありません」。

 

とはいえ、老眼=老化なので、年齢とともに老眼が進行していきます。40代から65歳~70歳ぐらいまでは進行が早く、そこから進行がゆっくりになっていくとか。そこで進行が早いうちは、3~5年ごとが老眼の買い替えの目安になるそう。

 

 

ブルーベリー、蒸しタオルはどうなのでしょう?

 

老化にともなう老眼の進行そのものは、食い止めることはできないとしても、できればその進行をゆるやかにさせたいとはだれもが思うもの。現に、目に良いとされるサプリメントなども各種販売されています。

 

「視力回復にと、ブルーベリーなどのサプリメントや、蒸しタオルで目を温める方法、目を動かすトレーニング法などが巷では話題になっていますが、残念ながら、それらは直接、老化を食い止めるものではありません」

 

しかし、老眼で見えにくくなって目が疲れた場合は、蒸しタオルを当てれば、疲れた目の筋肉をゆるめることが疲労回復に役立つし、ブルーベリーやルチン、アスタキサンチンといったサプリメントが目にいいというのも科学的には認められていることなので、「老眼の進行を食い止めることには効果がなくても、目の健康のためにはおすすめ」なのだそう。

 

他にも生活習慣として、パソコンのブルーライトや、暗いところでの読書など、老眼の進行とは関係なく、目を疲れさせるという意味で、こういった行為はできれば避けたいもの。特に寝る前に浴びるパソコンやスマホの明るい光は、自律神経に影響し、睡眠の質が悪くなり、結果的に疲れやストレスとなって、目も疲れて見えにくくなってくるとか。

 

さらに、特にこれからの季節、気を付けたいのが紫外線。

 

「白目にも色素があるので、日に当たると白目にもシミのような斑点が出来ることが。さらに紫外線はその他の目の病気を引き起こすこともあるので、サングラスをかけたり、日傘をさしたり、帽子をかぶったりするのは、肌だけでなく、目の為にもおすすめです」。

 

(続く・3話めは「老眼以外の40代トラブル」についてです!)

お話・お茶の水・井上眼科クリニック 院長 岡山良子先生

井上眼科病院には、2001年に入局いたしました。それ以来、「病院の基本は外来診療にある」との考えから、ただ診断、治療するだけの医療ではなく、患者さまの視点に立った「患者さまに寄り添った医療」の実践を心がけてまいりました。井上眼科病院副院長を経て、2012年4月、お茶の水・井上眼科クリニック院長を拝命いたしました。外来部門の長を任される立場となりましたので、より一層気を引きしめて、他の医師や職員とともに、患者さまに寄り添った「優しいクリニック」を目指し、努力していきたいと思います。https://www.inouye-eye.or.jp/clinic/

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

老けたくない40代は今すぐコレをやめて!5つの悪習慣

ご自分がついついやっている「老ける習慣」を考えてみたこと、ありますか? 意外と無意識にやってしまうもの、ついやってしまうものなどありますよね。さて、あなたはいく…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

40代女性の体は足裏で整える!老け防止にもなる足ツボが気持ちいい

40代になると30代の頃と比べて筋力が低下するため、体の老化を感じる年代に入ります。すでに実感している人も多いのでは? より意識的に運動をしないと、筋力が低下し全身…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「40代ポチャ」でも男性に好かれるボディとは? やせなくても美人に見せるコツ

「スリムじゃないけどあの人、キレイ!」って女性いますよね。雰囲気なのか、ファッションなのか、ヘアースタイルなのか…。今日は、ぽっちゃりでもきれいに見えるボディラ…

やせても老けたら負け!40代の「老けないダイエット」5つの要点

20代と比較すると、40代はダイエットの結果が出にくいですよね。だからといって体重だけ必死に減らすと、結果的にがくっと老け込みがち。「あの人やせてきれいになったよね…

「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会っ…

40代の下半身をすっきり細める!脂肪燃焼のコツを伝授

なかなかサイズが落ちないのは頑固なセルライトが要因かも。お尻から太もも、ふくらはぎにかけてサイズダウンを目指すなら、運動や筋トレよりもまずは脂肪燃焼(温活)がお…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事