「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

「もう本当にやめてほしい」そう思っていることを敬語に直すのって大変ですよね。
心情的には「止めろって言ってるでしょう!?」くらいのこともあるでしょう。今回は、そんな時の言い回しについて。

 

みんなは「やめて」ってこと、どう言ってる?

「やめて」にはどんな言い方があるでしょうか。
「やめる」には、次のような漢字を使います。

  • 止める
  • 辞める
  • 病める

「辞めてください」は別の問題ですよね(笑)。ここでは、「止めてください」を考えます。

「止める」ことをお願いする「やめて」には次のような敬語表現があります。

  • やめてください
  • おやめください
  • やめていただけませんか
  • おやめいただけませんか

また別の言い回しで表現する方法もあります。

  • ご遠慮ください
  • お控えください

ひとつずつ見ていきましょう。

 

まずは差し障りない「やめてください」

「やめてください」

「やめて」に「ください」を付けた敬語表現です。丁寧語にあたります。実はこれだけでも十分なんですね。

  • 廊下での立ち話はやめてください。
  • ここでタバコを吸うのはやめてください。
  • 飲食物の持ち込みはやめてください。

 

ちょっぴり色気まで感じる「おやめください」

「おやめください」

「やめ」の方にも「お」を付けて丁寧にしています。「やめてください」よりも少し丁寧になります。

  • 廊下での立ち話はおやめください。
  • ここでタバコを吸うのはおやめください。
  • 飲食物の持ち込みはおやめください。

 

さらに丁寧に「やめて」を言うと……?

「やめていただけませんか」「おやめいただけませんか」

さらに「~していただけないでしょうか?」というお願いを言いながらも、「やめるかどうかはあなた次第ですよ~」「決定権はあなたにあるのですよ~」というニュアンスを含みます。

  • 廊下での立ち話はやめていただけませんか。
  • 廊下での立ち話はおやめいただけませんか。
  • ここでタバコを吸うのはやめていただけませんか。
  • ここでタバコを吸うのはおやめいただけませんか。
  • 飲食物の持ち込みはやめていただけませんか。
  • 飲食物の持ち込みはおやめいただけませんか。

ところが、この言い方、「決定権はあなたにありますよ~」といいつつ、どこか上からの高圧的な物言いの要素がなくなりません。それは、決定権はあなたにあるのに、最初から間違った方を選んでいるのですよね?的なニュアンスまで含んでしまうからです。
敬語表現を除いた平素な文で考えると分かりやすいでしょう。
「廊下での立ち話はやめていただけませんか。」は「廊下での立ち話はやめてくれない?」の敬語バージョンとも取れる気がしませんか? どうしたらもっとやんわりとした、良い言い方になるでしょう。そこで考えられるのが「言い換え式」です。

 

言葉をかえるとグッとオトナな言い回しに

「御遠慮ください」「お控えください」

何かを伝えようと思った時、特に「禁止」のような強い指示を相手に伝えなければいけない時に、伝えたい気持ちはそのまま、言葉だけ言い換えるという方法があります。「やめてほしい」という強い希望は「遠慮してほしい」「控えてほしい」という言葉に置き換えられます。

例 ご遠慮

  • 廊下での立ち話はご遠慮ください。
  • ここでタバコを吸うのはご遠慮ください。
  • 飲食物の持ち込みはご遠慮ください。

例 お控え

  • 廊下での立ち話はお控えください。
  • ここでタバコを吸うのはお控えください。
  • 飲食物の持ち込みはお控えください。

ここで気になるのが、「ご遠慮」と「お控え」の違いです。もちろん、「遠慮」と「控える」は違う言葉ですが、「控えめにする」という共通の意味があります。大きく違うのは、漢語か和語かという点です。「遠慮」は音読みが重なる漢語ですから、固い印象を与え、「お控え」は訓読みの和語ですから、禁止の意味は含みつつも柔らかい感じがします。ですから、どちらかと言えば、しっかり「やめて」と伝えたい場合は「ご遠慮ください」の方が向いていますし、相手に気を遣いながら「やめて」と伝えたい場合は「お控えください」の方が相応しいということが言えるでしょう。

 

私ではなく、皆で決めたことなのです!

もっとフォーマルな印象を与える場合、私が言っている感をなくす言い方があります。それが、規則でそうなっているのだということを含む言い回し「ご遠慮いただいております」です。相手にとって、敵は「私ひとり」ではなく「企業」「会社」「店」などの組織となります。反論をしてもいいけれど、許可を出すかどうかは、ちょっとめんどくさい手続きを経ないといけないのですというような印象を持ちますよね。

  • 廊下での立ち話はご遠慮いただいております。
  • ここでタバコを吸うのはご遠慮いただいております。
  • 飲食物の持ち込みはご遠慮いただいております。

 

恋愛にも使える?ビシッと断りたい時

「お断り申し上げます」

絶対に「やめて」ほしい場合の敬語表現として「お断り」に「申し上げます」を付ける方法もあります。

  • 立ち話をされると、他のお客様に本当に迷惑になる!
  • タバコを吸われると、火事になる危険性が高い!
  • 飲食物を持ち込むと、持ち込み料をいただきますけれど?

こんな状況下では、敬語特有の遠回しな言い方が効果を発しない場合があります。そのような時にでも「止めろ!」と言えない場合は、「お断り申し上げます」という言葉が良いでしょう。ビシッとした感じがしますし、敬語表現を適切に使っているので、むしろ効果も高いと思います。特に「いただけませんか?」の表現では、先方の判断で決まりますから、相手が「遠慮?しないよ」などということになれば、効果は期待できませんよね。その場合は、ビシッとお断りしましょう。

  • 廊下での立ち話はお断り申し上げます。
  • ここでタバコを吸うのはお断り申し上げます。
  • 飲食物の持ち込みはお断り申し上げます。

 

クッション言葉を使って、やんわり+ビシッ!

クッションになるフレーズを頭に付ける方法でも、印象は大きく変わります。
「お断り申し上げます」まではキツくはない、でもビシッと伝えたい。こちらの印象も悪くならないようにしたい。そんな時にはクッション言葉が便利です。

「恐れ入りますが」+「ご遠慮」

  • 恐れ入りますが、廊下での立ち話はご遠慮ください。
  • 恐れ入りますが、ここでタバコを吸うのはご遠慮ください。
  • 恐れ入りますが、飲食物の持ち込みはご遠慮ください。

「恐れ入りますが」+「お控え」

  • 恐れ入りますが、廊下での立ち話はお控えください。
  • 恐れ入りますが、ここでタバコを吸うのはお控えください。
  • 恐れ入りますが、飲食物の持ち込みはお控えください。

「申し訳ございませんが」+「ご遠慮」

  • 申し訳ございませんが、廊下での立ち話はご遠慮ください。
  • 申し訳ございませんが、ここでタバコを吸うのはご遠慮ください。
  • 申し訳ございませんが、飲食物の持ち込みはご遠慮ください。

「申し訳ございませんが」+「お控え」

  • 申し訳ございませんが、廊下での立ち話はお控えください。
  • 申し訳ございませんが、ここでタバコを吸うのはお控えください。
  • 申し訳ございませんが、飲食物の持ち込みはお控えください。

どうでしょうか。特に掲示物などではなく、相手に話しかけ「禁止」を伝える場合に、このようなクッション言葉は効果的ですね。

 

相手に「禁止」を伝える言い方を沢山お伝えしました。「禁止」のレベルや、伝えたい強さ、相手との関係によって、上手に使い分けてくださいね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「…

「こちら100円になります」はどうすれば撲滅できるの?

バイト敬語の代表として悪者扱いされた「~になります」ですが、実は「なります」そのものは正しい日本語です。では、どんな言葉に言い直せばいいのか、逆にどんな場面でど…

「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方が絶対NGな理由

「すみませーん」「先日お話しした件なんですけどー」「おねがいしまーす」どこの職場にも、語尾を伸ばす人って、いますよね。また、接客業にも語尾を伸ばす人がいて、こち…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

「大丈夫です」はNG日本語?トラブルの原因になる敬語と丁寧語

「奥さん、この商品をお買い求めになりますか?」こう聞かれて、「大丈夫です」と言ったら、自宅に商品が届いた。そんな詐欺の話を聞いたことがある人もいるかと思います。これは消費者相談センターで解決すべきトラ…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人がいるということを覚えておきましょう。実…

「参考になりました」はNG?さりげなく失礼な敬語3選

敬語というものは、頭では分かっていても、いざ目上の方やお客様を相手にした時に、口からパッと出てこないもの。また出てきても、目上の人に失礼な言葉を言ってしまうこともあるでしょう。ただ、正されるチャンスが…

「領収書をお返しします」は間違い?丁寧なつもりでNGな日本語

「バイト敬語」と呼ばれる敬語があります。もちろん正式な分類ではありませんが、主に接客業で使われ、文法的におかしなもの、言われて違和感のあるものです。日本語の乱れとしてやり玉に挙がっています。言語学的に…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

「お待たせしました。レポートを提出します」調査や研究を始め、リサーチでもアンケートでも、イベントでも、確かにレポートは早くほしいもの。その提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると…

いい年して「チョー暑い」とか言わないの!普段から気をつけたいNG日本語

暑中お見舞い申し上げます。連日更新される高温記録に驚いていますが、ニュースなどの街角インタビューで「超暑い」という言葉が多用されているのを耳にします。この「超」という接頭語、実は40代の教養ある女性とし…

まさか「感謝です」なんて言ってない?NG敬語の3パターン

ビジネスシーンで「まじリスペクトっす!」なんて言うのは冗談だとして、「感謝です」「ファイトです」「しばらくです」というような、敬語でも何でもない言葉を言っていませんか?中高生ならまだしも、社会に出た人…

「助かります」は実は失礼?軽率な日本語の2つのNG

最近、立場が下の方から、このような文が入ったメールが届きました。「先生のその姿勢、見習いたいな、と思いました。」私は、ちょっと違和感を覚えたのですが、私情も入るのかと思い、こっそり他の方に聞いてみたと…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事