ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、増やしたりすることも考えたいもの。そこで今回は、ボーナスを活用してお金を貯めたり、増やしたりする方法をご紹介します。

 

知識1・「ボーナスキャンペーン」を利用すればオトクに貯まる!

毎年6月〜7月はボーナスが支給される時期ですね!今年の夏のボーナスは、大手企業を中心に昨年よりも増加するところが多いようです。

 

読者のみなさんもボーナスの使い道についてあれこれと考えていることと思います。もちろん、自分へのご褒美に洋服やバッグを買ったり、旅行に行ったりするのもOKですが、将来のために、貯めたり、増やしたりすることも考えましょう。

 

ボーナスの時期は、多くの金融機関で「ボーナスキャンペーン」が実施されるので、キャンペーンを上手に活用したいもの。お金を貯める定番の商品といえば、「定期預金」ですが、この時期多くの銀行でボーナスキャンペーンと題して金利が優遇されています。

 

特にソニー銀行やじぶん銀行などの大手のネット銀行では定期預金の金利が0.15%〜0.20%とお得。通常大手都市銀行の定期預金金利は、0.01%なので、15倍〜20倍の金利水準です。

 

大手都市銀行の定期預金に1年間100万円を預けても利息はたったの100円。一方、ネット銀行の定期預金に1年間100万円を預けると、金利0.15%なら利息は1,500円、0.20%なら利息は2,000円ともらえる利息に相当の差がでます。

 

ちなみに、利息から約20%の税金が差し引かれるので、さらに手取りが少なくなることを考えると、ネット銀行のキャンペーンを活用しない手はないですね。

知識2・ボーナスがはじめどき!「投資信託」

定番の定期預金の他に、将来のために少しでも増やしたいという人は、ボーナスをきっかけに投資を始めてみてはいかがでしょうか?

 

「資産運用」「投資」というと、たくさんお金を用意しなければならないというイメージがあるかもしれませんが、投資信託なら、ネット証券などを活用すれば100円から投資することができます。

 

そもそも投資信託というのは私たち一般の人からお金を少しずつ集めてひとまとまりにし、そのお金をファンドマネージャーと呼ばれる専門家が運用する金融商品です。信じて託すから投資信託といいます。

 

株式投資は自分で銘柄を選んで自分自身で買ったり、売ったりしなくてはいけないので、初心者には投資信託の方がハードルが低いでしょう。

 

投資信託の中身は、国内外の株式や債券不動産など様々な商品に分散されています。よく資産運用では、「分散投資が大切だ」と言われますが、投資信託一つ一つが分散投資の役割を果たしています。こう考えると、投資信託は自分で株や債券の分散を行わなくて良いので、便利な商品と言えます。元本保証の定期預金とは異なり、リスクを取る分、平均して3%〜5%の利回りが期待できます。

 

知識3・いまこそ「つみたてNISA」を活用してみよう!

とはいえ、いきなり投資信託を勧められてもどの商品を選んだら良いのかわからないという人も多いことでしょう。

 

実は今年の1月から「つみたてNISA」という制度がスタートしていますが、つみたてNISAの商品にラインナップされている商品は、「この投資信託なら一般の人が買っても長期的に安心して資産形成できる」と金融庁のお墨付をもらった商品ばかり。

 

コストや運用成績などの面から金融庁が厳しく審査している商品なので、初心者でも安心して始めることができます。

 

年間の投資上限金額は40万円。つみたてNISAでは、一括して投資することはできず、定期的に積み立てる必要があるのですが、仮に毎月積み立てると、約3万3000円程度が上限になります。

 

しかも、つみたてNISAでは、年間の投資上限金額40万円から得られた売却益や分配金などの利益に対しては、20年間税金がかかりません。

 

このように、つみたてNISAは、投資初心者でも始めやすい制度なので、ボーナスの一部で定期的につみたてNISAで積み立てをしていくのも検討してみてはいかがでしょうか。

 

せっかくのボーナスですから、有意義に使いつつ、賢く増やしていきましょう。

 

とはいえ、自分ではボーナスの預け先がよくわらかない・・・、という方は、ぜひ、ファイナンシャル・プランナーにご相談くださいませ。

単純にお金を貯める、増やすという話しだけではなく、みなさんのライフプランに沿って、適切なお金の貯め方を一緒に考えさせていただきます。

ご興味ある方はぜひお問い合わせくださいね!

https://fpcafe.jp/

精鋭の女性FPが多数登録しています♪

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

消費税増税前に家を買うべき?2019年家の買い時を考える時のポイントは

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。今年の10月に消費税が10%になることが決まり、増税前に家を買うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、1年後に東京オリンピ…

読むだけでトクする「お金のトレンド」大予測!2019年はどうなる?

みなさん、明けましておめでとうございます!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。昨年の年末は、米国の利上げや米中貿易摩擦劇化の懸念などの影響で米国株式のみならず、日本の株式も大暴落。加えて英国のEU…

40代共働き家庭の家計に潜む落とし穴って?

みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。最近は、社会で活躍する女性も増え、晩婚化が進んでいます。私のところにいらっしゃるお客様の中にも、40代以上で結婚したという方は少なくあり…

会社が倒産してお給料が未払いでもあきらめないで!知っておきたい「未払い賃金立替制度」

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。さて、現在、企業の約70%が起業して3年以内に倒産するといわれており、勤務先の倒産は、他人事ではないかもしれません。勤務先が倒産した場合、…

40代女性の貯蓄事情!1年間で100万円の貯蓄って少ないの?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。私のところには、多くの40代女性がマネー相談にやってきますが、みなさん必ずといって良いほど質問するのが「私の貯蓄額って平均と比較してどう…

もらってないなら損するお金。知っておきたい「実はもらえる」3つの給付

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。毎年少しずつ社会保険料はアップし、来年の10月から消費税は10%になることが決定…と、収入が伸びない割に出費ばかりが増える印象で暗い気持ちに…

実は損している?銀行でよく見かける「お得っぽい」セットの真偽

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。銀行の預金にお金を預けていても全く増えないし、かといっていきなり投資はハードルが高いという人は多いと思いますが、そんな人にとって魅力的…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事